米国の州金融当局が指摘、セルシウスは投資家に偽情報を提供していたか

「投資家に虚偽の説明を行っていた」と指摘

米バーモント州金融規制局は7日、破産申請した暗号資産(仮想通貨)融資企業Celsius Network(セルシウスネットワーク)の運営に問題があったとする書類を、ニューヨーク南部地区破産裁判所に提出した。問題点を指摘し検査官による同社の調査を求める形だ。他の州の当局も同様の申し立てを行っている。

バーモント州の規制局は、複数州の当局が行った調査により、セルシウスが「財務の健全性と証券法遵守について、投資家に虚偽かつ誤解を招くような説明を行い」、リスクを隠して「同社へ投資を行わせていた可能性が明らかになった」と述べている。

現在、約40の州の証券規制当局が、セルシウスの活動について調査しており、テキサス州証券委員会も、バーモント州当局と同様の申し立てを行っているところだ。

具体的にバーモント州当局はまず、セルシウスは十分な資産を保有していなかったにも関わらず「顧客資産を保護する能力がある」と表明していたと指摘した。

例えば2022年6月に、セルシウスはそのブログで「流動性リスク管理枠組みの下で必要とされる、十分な準備金とイーサリアム(ETH)を保有している」と説明している。

しかし複数州の当局が内部財務記録を調査すると、実際にはこの時点ですでに債権者に返済するのに十分な資産がなくなっており、ETH建ての負債がETH建ての資産を超えていたことが示されたという。

2021年にも巨額損失か

セルシウスは、5月のテラエコシステム崩壊後に債務不履行に陥り、米国でチャプターイレブンにより破産申請を行った。だが、バーモント州当局は、同社は2021年にも巨額損失を出していたと申し立てている。

米連邦破産法11条(チャプターイレブン)とは

日本の民事再生法に似た再建型の倒産法制度。経営を継続しながら負債の削減などを実施し、企業再建を行う。申請後に債権取り立てが停止され、債務者は負債の整理に取り組み、原則120日以内に再建プランを策定する。

▶️仮想通貨用語集

複数州の規制当局グループに提出された財務記録の予備的分析によれば、セルシウスは2021年の1月から7月の間に巨額の損失を出しており、アーンプログラム(利回りプログラム)投資家へのリターンを支えるのに十分な収益は得ていなかったという。

それにも関わらず、同社のAlex Mashinsky CEOは2021年7月31日のツイートで「セルシウスは利益を上げており、いつもユーザーにとって最良の方法で動いている」と発言していた。

CELトークン価格操作の可能性も

また、バーモント州当局は「少なくともある時点では、既存投資家への利回りが、新規投資家の資産でまかなわれていた可能性が示唆される」とも指摘している。

背景として、セルシウスが破産手続きに関する会議で、「投資家に支払われる利回りを支えるだけの収益を得たことがない」と認めていることを挙げた。

さらに、セルシウスは過去数回に渡り、バランスシート上の債務超過を隠蔽するために独自トークンCELの価格操作を行っていた可能性があるとしている。

バーモント州当局は「セルシウスはCELトークンのポジションを数億ドル増やすことで、CELの市場価格を上昇させ、それによってバランスシートと財務諸表上の同社のCEL保有量を膨らませた」と述べた。

こうしたCELトークンのポジションがなければ、少なくとも2019年2月以降、負債が資産を上回っていたことになるとしている。

バーモント州当局は、このような運営上の問題点を挙げた上で、セルシウスの財務状況などを調査するための検査官任命を要請した。

独立検査官による調査

米司法省も8月、セルシウスの破産申請に関して独立した検査官を任命するよう求める書類を裁判所に提出している。「債権者などがセルシウスに抱く不信感を緩和するために、同社のビジネスモデルやその他の事項について調査し報告する検査官が必要」だとする格好だ。

関連米司法省、破産したセルシウスの調査をめぐり独立検査官の任命を要請

セルシウスの無担保債権者委員会は直近の公聴会で、検査官がセルシウスの事業について独自の調査を行うことが可能で、その過程で多額の費用がかからないのであれば、独立検査官を立てることに前向きであるとしている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します