Suiブロックチェーン開発企業、FTXや電通ベンチャーズから430億円調達

評価価値が20億ドル超えに

新たな高速L1ブロックチェーン「Sui」を開発するMysten Labsは8日、シリーズBラウンドで430億円(3億ドル)を調達したことを発表した。

ラウンドを主導したのはFTX Ventures。既存投資家のa16zや、Binance Labs、Coinbase Ventures、Circle Ventures、Lightspeed Venture Partners、Sino Global、Jump Crypto、電通ベンチャーズ、米資産運用大手フランクリン・テンプルトンなども参加。Mysten Labsの評価価値は今回のラウンドで20億ドルを超えた。

投資家らはMysten LabsのエクイティおよびSuiブロックチェーンのトークンを取得する予定。現時点では、Suiブロックチェーンはテストネット段階でトークンをまだ発行していない。

Mysten LabsとSui

Mysten Labsの創設者らは全員メタ社の元社員でディエム(旧リブラ)などに携わっていた。開発中のSuiブロックチェーンはフェイスブックが開発した新プログラミング言語「Move」を利用する処理能力が高いブロックチェーン。1秒あたりのトランザクション処理数(TPS)が12万件に到達することが可能と掲げられており、ソラナ(SOL)アバランチ(AVAX)のライバルブロックチェーンになりうるとみられる。

Mysten Labsは今回調達した資金をSuiのローンチに向けた開発やエコシステムへの投資などに充てるという。

現在、Move言語を基盤に開発されているのSuiだけではない。「Aptos」というL1ブロックチェーンも注目されている。先月末からAIT3テストネット期間が実施されている。

関連元Metaエンジニアらが開発する新ブロックチェーン「Aptos」とは

関連Aptos、Sui、Linera—注目のDiem(旧Libra)系L1チェーンを比較|前編

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します