イラン政府が独自仮想通貨発行を準備:米国経済制裁への対策か

今週水曜日、イランの投資業務担当の副理事Alireza Daliri氏が、以下の発表を行った。

現在、我が国の国内デジタル通貨を発行する準備を進めている。

この通貨は、全世界への送受金を可能にするものだ。

と述べ、複数のイラン技術会社が通貨発行前に確認をしている事を明かした。

イランの独自通貨のプロジェクトは、イラン中央銀行と共同で進められているとのこと。

アメリカのイランに対する経済制裁は、8月6日の米ドル取引の制限から始まることで、制裁逃れの一環であるという指摘も出ている。

また、南アフリカのベネズエラでは、埋蔵量が豊富な石油資源に裏付けた仮想通貨ペトロを政府が発行。国家レベルのプロジェクトとして話題を呼んだ。トランプ米大統領は今年5月、南米ベネズエラに新たな経済制裁を科す大統領令に署名している。

CoinPostの関連記事

イランへの経済制裁の影響|高まるビットコイン需要と現実味を帯びる国有仮想通貨構想
アメリカによるイランへの新たな経済制裁が宣言され、国民は仮想通貨であるビットコインへと逃れているようです。そんな中、イランの国有仮想通貨が発行される見込みが発表されました。
ベネズエラが仮想通貨「Petro」発行翌日に新通貨「Petro Gold」発表
石油に裏付けられた仮想通貨『Petro』発行翌日、ベネズエラリーダーNicolás Maduro氏は貴金属に裏付けられた新しい仮想通貨『Petro Gold』を来週内に導入すると発表しました。
▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加