ソラナラボ、Web3スマホ開発企業OSOMのシリーズAを主導

OSOMがシリーズA投資を完了

ソラナ(SOL)ブロックチェーン対応のスマートフォン「Saga」を開発する米企業「OSOM Products」は9日、ソラナラボが主導するシリーズA資金調達ラウンドの完了を発表した。

OSOM Productsは、アンドロイドの生みの親であるAndy Rubin氏が2015年11月に創設し、2020年初めに解散した米スマートフォンメーカー「Essential Products」の元開発チームが設立した新興企業である。

ソラナラボは6月にOSOMへの投資と、独自の「Saga」スマートフォンを発表していた。併せて、モバイル向けのdApps開発キット「Solana Mobile Stack」や、dAppsストアを提供する子会社「Solana Mobile」を設立していた。

OSOMはシリーズAで調達した資金で、開発チームを増員する目論み。Jason Keats創設者は以下のように述べている。

我々は、Solana Mobileとのパートナーシップに満足している。彼らの多額の投資により、我々は採用を大幅に増やし、プランを加速させることができる。

ソラナラボのAnatoly Yakovenko最高経営責任者(CEO)は、以下のように述べている。

OSOMのJasonやチームは仕事ぶりが素晴らしい。今回の投資で我々のパートナーシップを強固にし、ソラナ開発者とユーザーにSagaの最高のエクスペリエンスを提供してくれるだろう。

関連:ソラナラボ、Web3スマホを発表

Sagaスマートフォン

OSOMが製造する「Saga」スマートフォンは、アンドロイドOSで動作し、6.6インチのスクリーンや512GBのストレージや12GBのRAMを搭載、秘密鍵の保護プログラム(Solana Mobile Stack Seed Vault)を備える。Web3アプリのUX(ユーザーエクスペリエンス)を重視して設計されており、Solana Mobile Stack SDKで構築されたWeb3アプリやNFT(非代替性トークン)およびDeFi(分散型金融)ユースケースをサポートする。

Sagaは米国、カナダ、EU、イギリス限定で予約を受け付けており、価格は約1,000ドル。出荷は2023年の初頭を予定している。

なお、OSOMの創設者Jason Keatsは、Essential ProductsのR&D責任者を務めた人物。Essential Productsは2017年5月に世界初ノッチ搭載ディスプレイ「Essential Phone(PH-1)」を発売して注目を集めたが、ソフト面のトラブルが相次いだ。

Essentialの過ちを避けるため、OSOMはハードウェアだけでなくソフトウェアにもフォーカスする「全体論的アプローチ」を採るという。

関連:Solana Spaces、ソラナの実店舗がNYでオープン

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します