ビットコイン一時22000ドル台回復、13日にはCPI(米消費者物価指数)控える

マクロ経済と金融市場

前週末の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比377ドル(1.19%)高と3日続伸。

21日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)にて、75bpsの大幅利上げはすでに織り込んでいるとの観測が強まった。12日時点で金利先物市場では75bpsを88.0%の確率で予測している。

一方、FRB(米連邦準備制度)当局者らが発言を控えるブラックアウト期間となる明日13日には、インフレの重要指標である8月のCPI(米消費者物価指数)発表を控える。

CPIは、原油及びガソリン価格の下落を背景に減速予想が優勢となっているが、ここ数ヶ月間の値動き同様、イベント前後のボラティリティ(価格変動性)拡大に備えたポジション調整の加速も想定される。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比0.97%高の21,758ドル。

BTC/USD 日足

先週末の急騰局面では2,000ドル幅上昇し、12日にかけて一時22,000ドル台を回復した。

ドル指数の巻き戻しが先行する形でBTCが買われ、ショートスクイーズに繋がったものと見られる。coinglassのデータによれば、24時間で3億ドル相当のショートポジションがロスカット(強制清算)された。

Whale_mapによれば、1BTC=19,000ドルは大口投資家のサポートライン(下値支持線)として機能する。

反騰局面では、ここ最近では珍しくイーサリアム(ETH)に先行する形でビットコイン(BTC)が上昇しており、4年半ぶり最低水準まで低下したBTCドミナンスの39%が意識されたとの見立てもある。

関連:ビットコイン相場の大底形成がより濃厚か、市場は上値追う展開|bitbankアナリスト寄稿

明日21時半にはインフレ指標のCPI(米消費者物価指数)を控えるほか、15日頃にはイーサリアムのマージが予定される。さらに今月22日には米連邦公開市場委員会(FOMC)発表を控えていることから、相場の乱高下も想定される。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)の新旧チェーン統合を意味する大型アップグレード「The Merge(ザ・マージ)」に向け、最終局面のカウントダウンが進む。マイナー(採掘業者)のハッシュレート(採掘速度)に基づく実行予想日は、現時点で9/15(木)の昼頃となる見通しだ。

Parisアップグレードは、TTD(Terminal Total Difficulty:期間中の合計難易度)58,750,000,000,000,000,000,000で発動する。

マージを通じて、合意形成アルゴリズムがPoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)へと移行する。これにより、ETH排出量の約90%減が見込まれるほか、エネルギー効率を99.95%向上させるとの観測があり、インフレ率の大幅低下に関する市場関係者の関心も高い。

ETH関連のエンジニアリング会社Nethermindの報告によれば、マージ前の最終準備段階であるシャドーフォークまで無事完了し、残すところは、「Paris」と呼ばれる実行レイヤー(EL)のアップグレードのみとなった。

関連:イーサリアムマージの完了時期を左右する「TTD」とは|Parisアップグレードの注目ポイントを解説

ノードクライアント・ディストリビューションによれば、現時点で84.5%のノードが準備を完了している。

ethernodes.org

しかしながら、全てのイーサリアムネットワーク参加者が、マージによるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行を支持しているわけではない。

GPUを用いたPoWトークンが採掘不能になることを理由に、一部マイナーはチェーン分岐を伴うハードフォークを企てており、新トークン「ETHPoW(ETHW)」が誕生する可能性が取り沙汰される。

各取引所の対応一覧は以下の通り。

関連:イーサリアムPoWフォーク:新トークン付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表

BitMEXの共同創業者であるアーサー・ヘイズ氏はBanklessのインタビューで、3,000ドルの権利行使価格でイーサリアム(ETH)のコールオプション買いを明かした。

コールオプションは、あらかじめ決めた行使価格で原資産を購入できる権利。市場価格が行使価格を下回った場合、権利を放棄すれば最大損失はオプション・プレミアム分に限定される。

イーサリアム(ETH)のプット/コール比率を示すPCRレシオは0.25であり、強気のコールオプショントレーダーによって支配されているとの見方がある。一方、新トークンの取得のための同額ショート建てのほか、マージの失敗・延期リスクやマージ後のセル・ザ・ファクトに備え、先物売りでヘッジする動きも確認されている。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します