米Stone Ridge、ビットコイン投資ファンドの提供終了へ

ビットコインファンドを終了へ

米投資企業Stone Ridge Trustは12日、「Stone Ridge Bitcoin Strategy Fund」の提供を終了することを米証券取引委員会(SEC)に報告した。

このファンドは主にビットコイン(BTC)の先物に投資して運用する、オープンエンド型の投資信託。運用を終了する理由については説明されていないが、暗号資産(仮想通貨)相場が低迷していることや、SECがビットコイン先物のETF(上場投資信託)を認可していることなどが背景にあるとみられる。

ETFとは

「Exchange Traded Fund」の略。証券取引所に上場しており、株価指数や仮想通貨価格などの指標への連動を目指す投資信託を指す。

▶️仮想通貨用語集

関連速報 米SECがビットコイン先物ETFを承認、同国初

ファンドのローンチ時期は2019年であるとの報道が散見されるが、「ブルームバーグ」や「Financial Times」のマーケットデータによれば、提供開始時期は2021年7月。SECの目論見書も2021年7月26日付になっている。

今回SECに提出された書類では、2022年10月3日からファンドの購入ができなくなり、10月21日頃には清算を行うと説明。10月3日以降は、ファンド購入者に償還を行うために現金化していくとした。

ブルームバーグのウェブサイトに、本ファンドの1つ「BTCMX(Class M)」のティッカーで記載されている運用資産額は9日時点で、約3.4億円(240万ドル)。3カ月のリターンは-29.9%、1年のリターンは-57.12%となっている。

Stone Ridge Trustなどを介して事業を展開するのは米大手投資企業「Stone Ridge Holdings Group」。傘下にはビットコインサービス企業「NYDIG」も抱えている。

関連NYDIGとデロイトが協業、ビットコイン導入促進へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します