CoinPostで今最も読まれています

BCG「トークン化可能な固定資産は2030年までに2千兆円規模に到達」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「世界のGDPの10%を占める」

米コンサル大手のボストンコンサルティンググループ(BCG)は12日、金融サービス企業ADDXと共同で資産トークン化についてのレポートを発表した。

「暗号資産(仮想通貨)の冬」においても、資産トークン化領域は今後成長していくと予測している。

レポートは、流動性が低かった固定資産をブロックチェーンによりトークン化することで、流動性や投資アクセスを大規模に高める可能性があると分析。トークン化できる非流動性資産の規模は、2030年までに世界全体で約2,280兆円(16兆ドル)に達し、世界のGDPの10%を占めると予測した。

出典:BCG

非流動資産(固定資産)の主な例としては、不動産、天然資源、土地、商品、鉱山や港湾などの公共インフラ、美術品、コンピュータインフラ、プライベートエクイティなどがある。

また、上場前の株式、ヘッジファンド、インフラプロジェクト、代替投資商品など、限られた富裕な投資家や機関投資家のみがアクセスできる資産クラスについても、流動性が低い資産の例として言及した。

レポートは、オンチェーンの資産トークン化により、資産の非流動性という障壁や、現在存在している資産の分割保有方式の欠点に対応できると論じている。投資家と資産のマッチングや、投資後の流通市場を促進することにも役立つとした。

なお、「トークン化」については、「分散型台帳やブロックチェーン上で、資産の一部を表現するデジタル・トークンを発行することで、透明性の高い不変の所有権が保証されるプロセス」だと定義している。

また、トークン化された資産には大きく分けて「代替性トークン(FT)」と「非代替性トークン(NFT)」があると説明。「代替性トークン」は分割可能で、各資産が同じ市場価値を持っている。例としては、トークン化証券や暗号化資産を上げた。一方でNFTは、それぞれのトークンが固有の価値を持つもので、絵画やコレクターカードなどが含まれる。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

資産トークン化の利点

BCGは資産のトークン化には、次のような利点があると説明した。

  • 高額な商品の価値を分割して、投資しやすくする。
  • 流動性の低い資産を各国の規制のもとで上場し、流通市場での取引を円滑にして、国境を超えたアクセス可能性を実現する。
  • 満期前の資産(例:農地の将来収益)の取引を可能にして流動性を高める。
  • スマートコントラクトにもとづき所有権や取引履歴を共有台帳に記録し、透明性などを高める。
  • 高速化やコスト低減などにより取引の効率性を高める。
  • 仲介業者を減らすことで、非流動資産により適切な価格をつける。

BCGとADDXは、オンチェーン資産トークン化の市場は、2021年に約3,280億円(23億ドル)を突破したと報告。2026年には約8,000億円(56億ドル)に達すると予想している。

レポートは、資産トークン化の抑制要素についても説明。規制の強化や、規制システムの地理ごとのばらつき、ユーザーが既存市場に固執することなどが、ブロックチェーン基盤の資産トークン化を遅らせる可能性があると指摘した。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:13
オリーブオイル生産業者、DeFiプラットフォームでステーブルコイン建債券を発行
オリーブオイル生産業者ラマ・オリーブオイルは、分散型金融プラットフォーム「Obligate」を利用して、オンチェーン債券を発行した。この社債は、ユーロ連動のステーブルコイン「 EUROe」建で発行された。
13:02
米Circle社、USDCのアービトラムサポートを発表
ステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行する米Circle社は、アービトラムのサポートを開始することを発表した。アービトラム上でUSDCが直接発行されることにより、裏付け資産の確保が約束され、いつでも1対1で米ドルと交換可能になる。
12:25
メイカーダオ、米国債への追加投資を検討
分散型金融プロジェクトの「MakerDAO」は、米国債への投資として新たに1,780億円の配分を目指す提案書の投票を開始したと発表した。0~6ヶ月間の各種満期を持つ米国短期国債の購入に充てられる目論みである。
11:45
Sui、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」と提携
Sui Networkは、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」の公式ブロックチェーンパートナーとして複数年契約を締結した。ファンとチームを結び付ける体験を支援していく。
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。
08:15
デフォルト懸念後退 米国株反発、c3.aiは決算受けて大幅安
本日のNYダウは+153.3ドルと反発。ナスダックも+165.7ドルで取引を終えた。米下院が前日に債務上限法案を可決したことによって米国のデフォルトリスクは大きく後退している。
06/01 木曜日
21:40
Zaif、暗号資産FXサービス終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を決定
暗号資産(仮想通貨)交換業者Zaifは1日、ビットコインやイーサリアムの暗号資産FXサービスの終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を発表した。
15:29
AI のもたらし得る「深刻なリスク」に一部専門家が警鐘
「AIによる絶滅リスク」の軽減を訴える公開声明に、世界に名だたるAI技術の研究者や企業幹部ら350名が署名し、話題となっている。声明の主張には賛否両論あるが、AIについての議論の場を広げるものとして歓迎される。
15:10
Web3企業向けマーケティングツール「ソシャマ」リリース
ソーシャルマーケティング株式会社がWeb3企業向けのマーケティングSaaSツール「ソシャマ」の提供を開始した。仮想通貨やNFTを取り扱うWeb3事業者が抱える、ツイッターなどソーシャルメディア上でのマーケティングニーズに対応する。
12:32
英TP ICAP、機関投資家向け仮想通貨マーケットをローンチ
世界有数のインターディーラーブローカーTP ICAPは、ビットコインなど仮想通貨のスポット取引市場「Fusion Digital Assets」をローンチした。機関投資家向けで、分離運営モデルを採用している。
11:30
東京都政策企画局がデジタル証券発行支援を開始
東京都政策企画局は、デジタル証券(セキュリティトークン)発行支援事業の開始を発表した。これは、ブロックチェーン技術の広範な活用を促進し、スタートアップ企業の資金調達を多様化するための取り組みだ。
10:55
EU、包括的な仮想通貨規制案MiCAを正式承認
EUは、ビットコインなど仮想通貨に関する包括的な規制案「MiCA」を正式承認した。ステーブルコインに関する規定は2024年7月から、その他規定の多くは2025年から発効する予定である。
10:05
香港の新しい仮想通貨関連組織、Huobiが参加へ
Huobiは、香港の仮想通貨関連の新組織に加わることを発表。この組織は、香港を世界最大の仮想通貨市場にすることなどをミッションにしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧