ノルウェー中央銀行、CBDCサンドボックスのオープンソースコードを公開

トークン規格にはERC-20を使用

Norges Bank(ノルウェー中央銀行)は9日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)サンドボックスの、オープンソースコードをソフトウェア開発プラットフォーム「github」上で公開した。

同国は現在、CBDCの検証を進めており、5月には、L2ソリューションでL2最初の決済ネットワークとして知られるNahmiiを、サンドボックスプロジェクトに採用したことを明かしていた。

関連:北欧ノルウェー、「パブリックイーサリアム」ソリューション導入へ

今回公開したソースコードは、トークン規格にERC-20を使用し、テストネット向けのインターフェイスを利用者に提供。Nahmiiはコードを使用することで、トークンの鋳造やバーン、転送を含む、基本的なトークン管理のユースケースのテストが行えると説明している。

CBDCとは

「Central Bank Digital Currency」の略称で、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された法定通貨を指す。送金コストの削減や効率性向上などが期待できる反面、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題も多い。

▶️仮想通貨用語集

関連:CBDC(中央銀行デジタル通貨)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

新たなコードも公開予定

ソースコードの利用方法は2種類で、取引の詳細確認といった機能を含む、すべてのシステムを使用したい場合、ノルウェー銀行にアクセス権のリクエストを行う必要がある。

これは、同行のサンドボックスネットワークは認証制で、適切な認証情報を有するユーザーのみがアクセスできる仕組みを有しているためだ。

なお、スタンドアロンで運用する場合は、提供されているコードとDocker(アプリ開発プラットフォーム)を使用することで、サンドボックスを立ち上げることが可能。

Nahmiiはサンドボックスプロジェクトの第2弾を9月中旬までにノルウェー銀行に提出予定。その後、新たにソースコードを公開する計画だ。同チェーンはサンドボックスの将来的なユースケースとして、バッチ決済、セキュリティ・トークン、(ネットワーク間の)ブリッジなども想定していると説明している。

関連:中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

「パブリックイーサリアム」ソリューションを計画中

ノルウェーは、2017年にCBDCの検討を開始しており、21年には今後2年間、様々な技術テストを実施する予定であることを公表。

6月には、「パブリックイーサリアム」ソリューションの展開を準備していることを明かし、レイヤー2ソリューション「Arbitrum(アービトラム)」が使用されることが告知された。

分散型ネットワークCeramic Networkも導入され、個人情報の管理に使用されることが明かされている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します