FTXのサムCEO、英規制当局の注意喚起に反論

規制当局の注意喚起に反論

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのサム・バンクマン=フリードCEO(通称、SBF)は20日、英金融行動監視機構(FCA)が同社の利用について消費者に注意を促したことを受け、「FCAが指摘している企業は、FTXになりすましている偽物の企業だ」と説明した。

英国で仮想通貨事業を行う際、企業はFCAに登録して事業認可を取得する必要がある。FCAは今回、FTXの電話番号など具体的な情報を掲載し、同社は未認可の事業者であると英国民に注意を促したが、そこに記載されている電話番号はFTXのものではないとバンクマン=フリードCEOは指摘した。

バンクマン=フリードCEOは今回、以下のように注意を促している。

英国で電話を利用し、FTXになりすましている詐欺師がいる。FTXにアクセスする場合は公式ウェブサイトだけを使用して欲しい。

FTXがユーザーに電話することはないため、電話がかかってきても応じてはいけない。

FCAは16日、FTXが事業認可を取得せずに英国でサービスを提供している可能性があると消費者に注意を促していた。事業認可を取得していない企業のサービスを利用する場合は、問題が起きた時に規制による保護を受けられないと説明。自身の資産を失う可能性もあると消費者に警告していた。

FCAとは

「Financial Conduct Authority」の略で、英国の金融規制機関のこと。投資家保護や市場の完全性の維持、競争の促進を目的にしており、5万社以上の英企業の規制を担っている。

▶️仮想通貨用語集

関連日本進出した最大手仮想通貨取引所「FTX」とは |主な特徴とサービスを徹底解説

英国での認可取得も検討中

FTXには欧州と中東の事業を担う「FTX Europe(FTX EU)」という部門がある。FTX EUは、欧州経済領域(EEA)で事業を行う認可は取得済みだ。

関連FTX EU、欧州でライセンス取得

EEAには欧州連合(EU)の国々とアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーが含まれるが、英国は2020年にEUを離脱。英国で仮想通貨事業を行うには現在、FCAの認可が必要となっている。

FTXは英国で認可を取得できていないようだが、FTX EUの責任者であるPatrick Gruhn氏は3月、コインポストの提携メディアThe Blockのインタビューで、英国でのライセンス取得を検討していると話していた。

その際、「私たちは今、英国にスポット取引を導入しようと考えているが、かなり難しい。FCAは仮想通貨に関して比較的懐疑的な姿勢を示しているようなので、まずFCAと対話したい」と語っている。

関連FTX社長が語る、仮想通貨の冬を乗り越えるカギとは

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します