ビットコイン一時18000ドル台前半まで下落、XRPは前週比13.4%の逆行高

マクロ経済と金融市場

19日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比197ドル(0.6%)高と反発したが、自律反発の範疇だと見る向きも強い。

日本時間22日午前3時には、米連邦公開市場委員会(FOMC)発表を控える。

13日に発表されたCPI(米消費者物価指数)結果がネガティブサプライズとなったことで、ピークアウト期待の台頭しつつあった市場の失望を誘った。

特にエネルギーと食品を除くコア指数が上がり続けている点は、米国のインフレ(物価上昇)圧力の強さを示すとして懸念されている。

米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めの長期化シナリオが補強される中、買い手不在の市場が長引くおそれがある。リスク資産と逆相関する米債利回りと「ドル指数(DXY)」は続伸し、米株指数と暗号資産(仮想通貨)は急落した。

野村證券など複数のエコノミストは、米連邦公開市場委員会(FOMC)における利上げ幅が通常の4倍水準となる「100bps」に達すると予想変更しており、金利先物市場では、100bpsを18%ほど織り込んでいる。

関連:世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比3.5%高の19,454ドル。

BTC/USD 日足

13日時点で22,800ドルだったビットコインは、わずか6日間で4500ドル幅下落し、18,255ドルを付けた。その後リバウンドしたが上値は重い。年初来安値は今年6月に記録した17,567ドル。

Coinglassのデータによると、先物市場では過去24時間で4億4800万ドル(640億円相当)の仮想通貨のロングポジションがロスカット(強制清算)された。 内、イーサリアム(ETH)は1億5800万ドルに達した。

オンチェーンデータ分析企業のSantimentは、「インフレ高止まりを示すCPI(米消費者物価指数)結果を受け、仮想通貨投資家の関心は著しく低下した」と指摘した。

オンチェーンデータ分析企業CryptoQuantの認定アナリストであるMAC_D氏は、「Bitcoin Spent Output Age Bands(7〜10年)」で、5000BTC以上の送金が観測された場合は、近い将来の”強い下落シグナル”になり得ると指摘。過去の例と比較した。

Bitcoin Spent Output Age Bands(SOAB)は、オンチェーン上のトランザクションを分析し、暗号資産(仮想通貨)取引所のウォレットのインフローにおける使用済みコインを年齢別にカテゴライズしたもの。上記データでは、古いビットコイン(BTC)を大量保有するクジラ(大口投資家)が売却した、あるいは売却準備を進めている可能性を示唆する。

アルトコイン相場

前週末のビットコイン急落局面では、前日比10%安のイーサリアムを筆頭にアルトコインもほぼ全面安となった。

ETHW

イーサリアム(ETH)のThe Merge(ザ・マージ)に乗じて、チェーン分岐を伴うハードフォークで誕生した「Ethereum PoW(ETHW)」では、トランザクションの不正な複製を示すリプレイアタックが確認された。

イーサリアム互換であるGnosis Chain(xDAI Chain)ネットワークのOmniブリッジが悪用されたものと見られる。

詳細:イーサリアムPoWフォーク(ETHW)でリプレイ攻撃、前日比47%の急落

ブロックチェーンセキュリティ監査サービスのBlockSecは、「旧Chain IDを参照して、新チェーンIDを正しく検証しないことが原因にあった」と指摘した。

チェーンIDは暗号資産ウォレットMetaMaskがトランザクションに署名するために使用する数字のこと。

一方、ETHWのコア開発チームは18日、「コントラクトの脆弱性を突かれたものであり、ETHWに対するリプレイ攻撃ではない」とmediumで主張した。

イーサリアム関連の主要オラクルやデジタルウォレット、大手マーケットプレイスからサポートを受けていないETHW価格は、大方の事前予想通り低迷している。15日の上場直後に30.67ドルを付けるもすぐに失速。19日には、一時3.82ドルまで下落した。

ETHW/USD 日足(FTX)

XRP

先週末にはXRPが一時高騰する局面があった。イーサリアム(ETH)が前週比13%安となるなど、多くの銘柄が前週比で全面安となる中、XRPは前週比13.4%高と逆行高に。

Ripple社と米国証券取引委員会(SEC)の双方が、略式判決の申立てを提出したことが材料視されたものとみられる。

詳細:リップル社「XRPは投資契約の要素を満たさない」、略式判決の動議書提出

略式裁判とは、検察官の請求によって裁判を行わずに、書面のみで審理を行う非公開の裁判手続きのこと。 双方ともに20年12月から始まった裁判のこれ以上の長期化を避け、法廷争いに終止符を打とうとしているとの見方が強まった。

主な争点は、XRPの当該取引が”未登録有価証券の販売”に該当するかどうかだ。

SEC側は「ハウィーテスト(Howey Test)に照らし合わせると、XRPが投資契約であることには議論の余地のない」と主張。これに対しRipple社側は、投資契約が存在しない(Howey Test要件を満たしていない)ことを根拠に、「XRPは証券とはみなされない」と主張しており、真っ向から対立している。

一方、本裁判は暗号資産に対するSECの権限のライン引きが明確になる判例となり得る。SECの主張が認められる形で勝訴した場合、XRP価格にネガティブな影響を及ぼすほか、多くの暗号資産に有価証券問題が飛び火する可能性も懸念される。

関連:米SEC、仮想通貨インフルエンサーを証券法違反で提訴

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します