ビットコイン乱高下に「クジラ」の影、専門家の中には買い場との意見も|仮想通貨市況

仮想通貨市場
BTC価格は、日本円建で83万円台に突入するなど暴落。本日未明にビットフィネックスのBTC取引で約20,000枚の板が観測されるなど、BTC乱高下に「クジラ」の影があると度々報告されている。一方、買い場であるとの専門家の意見も。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨市場

仮想通貨市場は8月1日、昨日からの下落の流れに歯止めがかからず、全面安の相場が継続、直近2週間堅調な推移を継続していたビットコインも値が崩れました。

ビットコインは、日本円建で83万円台に突入、USD建では7,500ドル目前まで下落、週間最安値を更新しました。

しかし、相場は下落こそしているものの、昨日の記事「ビットコイン重要サポートラインを意識」でも不安点として言及した、出来高の減少は見られず。

未だ低い水準とはなっているものの、以前下落から戻している相場の影響で上昇した出来高の水準を維持しています。

また、国別の出来高を掲載するサイトCrypto Compareでは、円グラフのデータに多少表示バグが見受けられているものの、データ上ではJPYの出来高が大きく減少していることがわかり、逆にUSDTとUSDの需要増が顕著に現れ始めています。

特に、需要増加が見受けられるUSDT建取引では、現在のボラティリティが高く乱高下する相場である中で、Binanceなど主要取引所を利用するユーザーに、需要が集中していると見られ、ビットコイン一辺倒な相場が続くことで、アルトコイン取引でも多様に使われている可能性が考えられます。

また昨日から話題となり始めているのが、大口取引を中心に行われるOTC取引の出来高増加が、相場の乱高下の原因になっているとの指摘も多数見受けられる状況に移行しているかもしれません。

クジラ VS 個人トレーダー

CCN によると、多くのBTCアナリストは今後OTCマーケットで、マイナーや大口投資家、投資機関が頻繁にUSDでビリオン(100億円規模)単位で取引されるのではないかと予測されているようです。

BinanceやCoinbaseのような取引所で、毎日平均百万ドル単位の取引が行われてはいるものの、大口取引を前提とした場合、流動性が追いつかない現状にあるとされています。

そして、この滞る流動性が原因となり、百万ドル単位となる売り注文が出された時に、市場は短時間で暴落する恐れが十分にあると説明しています。

この相場変動の大きなリスクを避けるために、大口トレーダーと機関投資家はOTC市場(証券取引所を介さずに証券会社や金融会社の店頭で行われる取引)に頼って、クジラ取引と呼ばれるBTCやETHの大量注文を動かしている模様です。

(大口も大きな取引をする際、自身の取引量による相場変動のリスクが生じ、売買額に大きな差が生じるため)

国際リサーチ企業である、TABBの報告では、OTC市場は全ての取引所の取引高を2,3倍程上回っていると報告、仮にこのリサーチ結果が正しい場合、OTC市場はつまり120億ドル以上にも及ぶ額が、1日平均取引量となることです。

BTC8,000ドル切って買い場到来か

CNBCの経済番組で、Brian Kelly氏は、本日BTCが7,800ドルを切っていたことについて、BTCが一日5%上下変動するのは良くあることであり、直近、低迷期の5,800ドルから一時8,500ドルまで高騰した後、約6%調整したことも、そのパターンを証明していると強調しています。

また、世界最大級の資産運用会社である「BlackRock」が巨額資金を仮想通貨市場へ流す意欲や、大手資産運用会社「Fidelity」が取引所の開設を示唆していること、そしてETHが証券に該当しないという朗報もあり、間もなく機関投資家からのサポートが入るのではないかと、Kelly氏は楽観的な態度を示しています。

OTCマーケットが及ぼすインパクトとは

グローバル取引所マーケットにおけるボラティリティは未だ激しく、Kelly氏が示すように、BTCやETHでも基本一日でも3%~10%の動きは見られます。

仮に、取引所での取引高が25%しか占めていなければ、全体相場が上下する要因を見出すことは、より困難となるでしょう。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

仮想通貨市場ではBTC価格が大幅続落したものの、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株はまちまちで、個別銘柄ではボヤージュグループ(3688)が+8.55%と大幅続伸。

さらに、SBIホールディングス(8473)のグループ会社で、フィンテック分野でのシステム構築に向け技術協力を行う、ソルクシーズ(4284)が5.48%高となったほか、『ブロックチェーン・トレカ』の第2弾を8/1にリリースすると発表した、アエリア(3758)が2.03%高に。

女性向けの通称、乙女ゲームの開発・運営で有名なアエリア社は、ブロックチェーン・トレカについて、

トレーディングカードをゲーム運営会社のサーバー上で管理するのではなく、改竄がほぼ不可能なかたちで記録・流通できるブロックチェーン技術を利用することで、トレーディングカードをデジタルアセットとして一枚単位で登録・発行・流通させる方式を採用したサービス

としています。

また、トレカの購入は仮想通貨のBTC(ビットコイン)及びMONA(モナコイン)のみの対応となり、仮想通貨の購入には仮想通貨販売所でのアカウントの開設が必要となるとアナウンスしています。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。
モナコイン(MONA) チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
モナコイン(MONA)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、モナコインとは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加