CoinPostで今最も読まれています

enish開発のNFTゲーム「De:Lithe Φ(ディライズファイ)」、第1回プレセール開催へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

人気MMORPGがブロックチェーンゲームに

上場企業の株式会社enishが開発し、ブロックチェーンゲームスタジオ「HashGames」から配信予定のブロックチェーンゲーム「De:Lithe Φ(ディライズファイ)」の第1回NFTプレセール(事前販売)が、2022年10月上旬に実施される。

最新作の「De:Lithe Φ 〜幻想のラビリンス〜」は、2020年にリリースされ、累計ダウンロード数777万を超える前作の「De:Lithe ~忘却の真王と盟約の天使~」の続編にあたる作品だ。

本作では、HashPalette社が開発・発行するNFT特化ブロックチェーン「Palette(パレット)」を導入。ゲームプレイを通して暗号資産トークンを獲得できる「Play to Earn(P2E)」エコシステムが実装されているのが特徴となる。

また、メインコンテンツとなるバトルステージやモンスターなどを自由に作り出せるようになっており、NFTの購入により、ダンジョン(Land)をカスタマイズして運営することのできるオリジナルダンジョンのクリエイト機能まで用意されている。

例えば、おしゃれ装備のコーディネートなどから始まり、面白いダンジョンを作ったり、みんながあっと驚くモンスターを作り出すことなど様々な遊び方が楽しめる。

De:Lithe Φでは、このようなNFTを活用した”新しいゲーム体験”をふんだんに盛り込んでおり、ブロックチェーンゲーム初心者から上級者まで、幅広いプレイヤーに本格ゲームを提供する。

De:Lithe φ のイメージ画像

NFTセール情報

記念すべき「De:Lithe Φ」のNFT(非代替性トークン)プレセールは、HashPalette社NFTマーケットプレイス「PLT Place」で行われ、複数のNFTが封入される4種類のNFTパックが販売される。

販売は、購入希望者すべてが支払いを終えた後に抽選し、当選者以外に全額返金する「デポジット形式」で実施される。ホワイトリスト(当選発表)の配布時期や、購入数量の制限については後日、詳細が発表される予定だ。

それぞれのパックは、販売される総数や価格、含まれるNFTのレア度が異なる。

セール情報1

  • ユニークパック:計8パック(販売価格:35,000PLT)
  • レジェンダリパック:計80パック(販売価格:18,000PLT)
  • レアパック:計800パック(販売価格:4,500PLT)
  • スタンダードパック:計4,112パック(販売価格:1,500PLT)

De:Lithe Φ

レアリティは全5種類。高いレアリティのアイテムほど、バトルで得ることのできるトークン量が増加する傾向がある。また、背景が「金」のものもバトルで得ることのできるトークン量が増加する傾向がある。

購入したNFTは、ゲーム内で武器や防具として装備できる。アバターの外観をカスタマイズするためのNFTも用意されているほか、トークンの採掘や他プレイヤーへの貸し出し、NFTマーケットプレイスでの売買にも使用できるようになる予定。

関連:第1回NFTセール公式サイト

セール価格と抽選受付期間

<販売対象 1>

ユニークパック、レジェンダリパック、レアパック

販売時期:2022年10月21日(金)20:00 – 10月25日(火) 22:00

当選発表:2022年10月27日(木)20:00 *予定

<販売対象 2>

スタンダードパック

販売時期:2022年10月28日(金)20:00 – 11月1日(火) 22:00

当選発表:2022年11月3日(木)20:00 *予定

優遇措置

セール時の優遇措置は、次の通り。

De:Lithe

プレイ自体は無料で可能

「De:Lithe Φ」は、前作「ディライズ」の未来を描いた作品で、基本無料でプレイできる。

挑戦する度に変化するランダムダンジョン「幻想のラビリンス」など、プレイヤーが長く楽しめる多彩なコンテンツが用意されている。キャラクターの職業(ジョブ)も複数のうちから選択することが可能だ。

様々な役割を持つクラスの中から、自分のプレイスタイルに合わせたクラスを育てることができる。

ゲーム開始時には、「ナイト・ビショップ・ウィザード・レンジャー」の4種類のクラスを提供予定。サービス開始後も個性的な特徴をもつクラスが定期的に追加される予定となっている。

多彩なジョブが用意されている

De:Lithe Φ では、ゲーム内の戦闘は、リアルタイムで進行するコマンドバトルに、空間的な位置取りの概念を加えた「リアルタイムオンラインバトル」というバトルシステムを採用。ジョブや武器ごとのスキルを駆使して戦う。

さらに保有するNFTによって、ダンジョンやPvP(プレイヤー対プレイヤー)、GvG(ギルド対ギルド)大会に「所有権」を付与するシステムも存在し、オーナーは所有することでトークンによる収入を得られる仕組み。

また前作を遊んだスマートフォン版プレイヤーへの特別な特典も用意される。全員共通のプレイ特典および、各プレイヤーの育成度合い/戦闘力等に応じた特典が提供される計画だ。

公式サイトでは今後の開発ロードマップも公開されており、2022年4Q(翌年1月~3月)には、ゲーム内における投票やギルド機能、ダンジョン運営などゲームに大きく関わる部分で利用が可能なガバナンストークン「レガリアトークン(RGA)」や、ゲーム内通貨で使われるユーティリティトークン「ルピトークン(LUPI)」といった、トークンエコノミクスの詳細が発表される予定。

De:Lithe

De:Lithe Φは、今後のグローバルスタンダードになるブロックチェーンゲームを目指し、まずはゲーム内トークン(暗号資産)のIEOを用いた上場に向けて着実に準備を進めている。

ロードマップやトークンエコノミクスなどの詳しい情報は、ホワイトペーパーに掲載されているのでチェックしておきたい。

関連:De:LitheΦ 公式サイト

HashGamesについて

HashGamesは、2022年2月に設立が発表された部門。

「De:Lithe Φ」のほか、9月に正式リリースされた「ELF Masters(エルフマスターズ)」や、人気NFTコレクション「CryptoNinja NFT」を題材にしたブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!(CNPT)」を展開する。

ゲームトークンのInitial Exchange Offering(IEO)実施も計画しており、22年9月1日にはHash Palette社が暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerと、ガバナンストークン「ELF」の流通を目的としたIEO提携を行った。

IEOとは、プロジェクトが開発・発行するトークンの資金調達を仮想通貨取引所が支援するというもので、仮想通貨取引所がトークンの販売業務、多くの場合で上場までサポートする仕組みだ。

2022年7月には、CNPTの1stセールをPLT Place実施し、3種類のレア度のNFTが販売され、最もレアなNFT(Legendary)の抽選倍率は45倍に達した。

同時期には、「エルフマスターズ」第1回セールも行われており、スターターパック1,500セット(マスターレアパック: 500点/30,000円、 ウルトラレアパック: 1,000点/15,000円)、計3,000万円相当が即完売するなど、こちらも人気を博した形。

これらの作品は、HashPaletteが開発するブロックチェーン「Palette(パレット)」上のサービスとして展開されている。クロスチェーンハブ機能を活かしたマルチチェーン対応や、海外ユーザーへのマーケティング支援サポートなども計画されている。

「Palette(パレット)」について

「Palette(パレット)」は、NFT(Non-Fungible Token)を利用したコンテンツ流通に最適化されたブロックチェーンネットワーク。日本発コンテンツのNFTを通じた流通強化を目的とする。

異なるブロックチェーン同士をまたぐNFTのクロスチェーン技術を実装していることが大きな特徴で、発行NFTを、イーサリアム(Ethereum)など他のブロックチェーンネットワークに転送することができる。「PLT(パレットトークン)」は、同チェーンのガバナンストークンで、パレットエコシステムにおけるコンセンサスノード運営報酬の支払い、スマートコントラクトの発行手数料(GAS)の支払い、NFT売買の決済などの用途で使用される。

採用例も増えており、2021年末には、実業家の前澤友作氏が宇宙旅行時に、同チェーンを使ってNFTを発行。また22年5月には、阪神タイガースのNFTサービス「Tigers Gallery」の基盤ブロックチェーンとして「Palette」を採用したことを発表した。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア