【速報】SONYが、米国でマイニングハードウェアの特許申請か

技術業界最大手のSONYによる、2つのブロックチェーン関連特許申請が米国特許商標事務所のホームページに掲載されていると判明。

出典:
United States Patent

一つ目の申請は、「マイニングプロセス」という言葉が複数見られた「電子ノードと分散型台帳の保守方法」に関するもの。

申請1

二つ目は、「デバイスとシステム」というタイトルで、ネットワークセキュリティを確保するバーチャル・ノードに関するものだ。

申請2

今回の申請は、ブロックチェーン技術よりもハードウェアへよりフォーカスしていると見られる。

参考記事:coindesk

CoinPostの関連記事

英投資銀行が、仮想通貨の違法利用の欠点を補う革新的な特許申請へ
300年近い歴史を持つバークレイズが仮想通貨関連特許を申請した。通貨破棄用の秘密鍵を使用することで、資金洗浄やテロ資金支援などの違法行為を行う「悪意の第三者」に対する資金押収も可能にするとされる。
マスターカードが仮想通貨関連の特許取得:仮想通貨の決済スピード向上へ
マスターカード社は17日、仮想通貨決済の処理速度向上に関する特許を取得した。処理速度のみならず、安全性向上が期待されており、将来的にクレジットカードで仮想通貨決済ができるようになることが期待されている。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加