CoinPostで今最も読まれています

日本政府が閣議決定、仮想通貨マネロン対策強化へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今国会での成立を目指す

日本政府は14日、マネーロンダリング対策を目的として、外国為替法などに関連する6つの法律の改正案を閣議決定した。時事通信などが報じた。

暗号資産(仮想通貨)の交換を行う事業者に対しては、利用者の氏名などの情報を確認し事業者間で通知する義務を課す。

マネーロンダリングに関連する罪の法定刑も引き上げられ、大量破壊兵器の拡散に関わると国連が指定した組織や個人に対しては、国内での資産凍結が可能となる。

閣議決定された改正案は、今国会に提出される予定だ。

政府は以前からマネロンに関する規制強化や対策の準備を進めており、22年9月末には、日経新聞がマネーロンダリング対策として仮想通貨交換業者に新たな送金ルールを導入することを報道していた。

一連の政府の取り組みには、FATF(金融活動作業部会)が提唱するトラベルルールが背景にある。これは、同部会が提唱するマネロン等防止のための国際的な電信送金に関する決まり。

国内では、日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が自主規制として、加盟団体に対策を要請。コインチェックやGMOコインなど、主な国内取引所は4月前後から対応を開始していた。

また、10月からは本施行が開始されており、新たに「受取人の住所に関する情報および取引目的等に関する情報の取得」が求められるようになっている。

なお、JVCEAに対しては、金融庁が21年12月に、警告を行っていたことが明らかになっている。関係筋によると、マネロン防止対応の遅れが懸念され、JVCEAの審議方法、意思決定のプロセス、現状の背景、役員の責任などが明確ではないことが指摘されたという。

トラベル・ルールとは

仮想通貨取引について、サービスプロバイダー(VASP)に送金者と受取人の情報を収集・交換し、その情報の正確性を保証することを求めるルール。対象となるVASP間の仮想通貨送金で、国際的な本人確認(KYC)ルールが適用されることになる。

▶️仮想通貨用語集

関連:日本政府、仮想通貨交換業者に新たな送金ルール導入へ マネロン対策を徹底=日経

マネロン対策を策定する国際組織

FATFは、マネーロンダリング対策(AML)やテロ資金供与対策(CFT)の国際基準(FATF勧告)を策定し、その履行状況について相互審査を行う組織。審査は仮想通貨に特化したものではなく、対象国全体のAML・CFTを評価する形で行う。

日本に対しては、2021年に第4次となる対日相互審査を実施。総合的な評価は「実質的な不合格」とされ、仮想通貨を含めたリスクの高い分野に対処しようとしていると評価された一方、全体的にまだ改善の余地があると指摘されていた形だ。

当時、同部会は日本が取り組むべき課題として、取引モニタリングの実施、資産凍結措置、継続的な顧客管理などを挙げていた。

関連:10月より本施行のトラベルルール、国内取引所の追加対応まとめ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 木曜日
07:35
Bitcoin Core、最新バージョンをリリース
仮想通貨ビットコインのソフトウェアBitcoin Coreは、最新バージョンv26.0がリリースされた。一方で、OrdinalsやBRC-20トークンの発行ができなくなる可能性が浮上している。
07:20
仮想通貨Worldcoin、分散化目標と助成金プログラムを初公開
OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が他のメンバーとともに立ち上げたAI・仮想通貨プロジェクトWorldcoinは、初の助成金プログラムを公開した。開発者の参入を促す狙いだ。
06:30
アマゾン、プライムゲーミングでGods Unchainedのカード配布実施へ
米アマゾンはAmazon Prime Gamingを通じてWeb3カードゲーム「Gods Unchained」と提携し、ゲーム内カードを無料で入手できるキャンペーンを開始した。
06:02
コインベース、Jitoのガバナンストークン「JTO」新規上場予定
エアドロ前に上場発表 仮想通貨取引所コインベースは、ソラナ(SOL)の大手ステーキングプールJitoのガバナンストークン「JTO」の新規上場予定を発表した。JTOはまだ流通して…
12/06 水曜日
16:05
米コインベース関連団体、大統領候補による仮想通貨討論会を開催
米コインベースが立ち上げた仮想通貨の権利擁護団体「Stand with Crypto Alliance」は、米大統領候補による仮想通貨をテーマとした公開討論会を開催すると発表した。
15:59
オプション市場で5万ドルが意識されるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
1BTC=45000ドルまで上昇した暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの指標について、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が解説。
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。
08:05
IBM、仮想通貨向けコールド・ストレージ技術を発表
IBMは、仮想通貨などのデジタル資産向けの新たなコールド・ストレージ・ソリューションを発表。リップル傘下のMetacoらと協業し、このソリューションを開発したという。
07:30
コインベース、TikTokやインスタで仮想通貨送金無料に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは、世界で最も利用される通信・SNSアプリを通じて顧客同士が無料で仮想通貨を送金できる新サービスを導入した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア