今週の仮想通貨業界は何が起きた?ニュースと価格変動ランキング

今週の仮想通貨業界を振り返る
仮想通貨市場で起きたさまざまな出来事について、CoinPostに掲載した国内外の重要ニュースを元に一週間を振り返る。今週の上昇通貨、下落通貨の変動率ランキングも掲載。

今週起こった重要ニュース

7月30日(月)

仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト

調査格付け機関DPレーティング社が仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表した。

200の開発チームの活動について4要素に基づいて分析、総合評価を行なっている。

仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト
調査格付け機関DPレーティング社が、仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表。イーサリアム、イオス、カルダノ、トロン、リスク等が、同率首位の評価を獲得した。

仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説

複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。

そんな中、Cboeが申請中のETFは、他にはない様々なアドバンテージが評価されている。

本命視される理由を詳しく解説。

仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。

7月31日(火)

DPレーティングが仮想通貨取引所の格付けを発表:最高評価はA+のバイナンス、bitFlyerはB+評価

格付け企業のDPレーティングが、独自の分析に基づいた、仮想通貨取引所の格付けを発表した。

最高評価「A+」を得たのはBinance。日本の取引所では、bitFlyerが「B+」、QUOINEが「B」評価でランクインしている。

DPレーティングが仮想通貨取引所の格付けを発表:最高評価はA+のバイナンス、bitFlyerはB+評価
格付け企業のDPレーティングが、独自の分析に基づいた、仮想通貨取引所の世界ランキングを発表した。最高評価「A+」を得たのはBinance。日本の取引所では、bitFlyerが「B+」、QUOINEが「B」評価でランクインしている。

8月1日(水)

世界最大規模の金融運用会社、仮想通貨市場へ参画|主流ヘッジファンド3社に仮想通貨追加が明らかに

Fortune500に入る金融サービス大手Northern Trustが、仮想通貨業界へ進出。同社の広報の言及により、前から三つの主流ヘッジファンドと連携し、仮想通貨投資をポートフォリオへ追加していた事が判明した。

世界最大規模の金融運用会社、仮想通貨市場へ参画|主流ヘッジファンド3社に仮想通貨追加が明らかに
Fortune500に入る金融サービス大手Northern Trustが、仮想通貨業界へ進出。同社の広報の言及により、前から三つの主流ヘッジファンドと連携し、仮想通貨投資をポートフォリオへ追加していた事が判明した。

リップルに重なる好材料3選:カンファレンスに元米大統領登壇、取引所上場など

最近、リップルに関する注目情報が続々と発表されている。

リップルのカンファレンスSwellに元米国大統領ビル・クリントン氏がスピーカーとして登壇することや、伝説的歌手マドンナ氏が、Facebookおよびリップル社と提携し、1ヶ月間に渡ってアフリカの「マラウイ共和国」の子供たちのために寄付金を募るプロジェクトを行うことを発表したこと、それに加え、カナダの取引所Coinsquareに上場することが発表された。

リップルに重なる好材料3選:カンファレンスに元米大統領登壇、取引所上場など
直近のリップル重要ニュースまとめです。リップルのカンファレンスにビル・クリントン元大統領が登壇、マドンナ氏がFacebookやリップル社と提携しマラウイ共和国の子供たちのために寄付金を募った、などのニュースが話題になっています。

8月2日(木)

18ヶ月以内に、ビットコインETFの申請が許可されるだろう|Bloomberg番組内で有識者が言及

ゴールドマンサックス出身でCrypto Asset事業の共同創業者が、”Bloomberg Market”に出演し、BTCは国境なき資産クラスだと主張。

ETFの見解に言及しつつ、仮想通貨市場におけるパッシブ運用の重要性を説いた。

18ヶ月以内に、ビットコインETFの申請が許可されるだろう|Bloomberg番組内で有識者が言及
ゴールドマンサックス出身でCrypto Asset事業の共同創業者が、”Bloomberg Market”に出演し、BTCは国境なき資産クラスだと主張。ETFの見解として、18ヶ月以内に、ビットコインETFの申請が許可されるだろうと言及しつつ、仮想通貨市場におけるパッシブ運用の重要性を説いた。

米国、2018年のブロックチェーン投資額がすでに2017年総計を上回る|とてつもない成長の予兆

世界四大会計事務所の一つであるKPMGの最新レポートによると、米国における2018年上半期のブロックチェーン投資額は、すでに2017年の総計をすでに上回っていることが明らかになった。

米国、2018年のブロックチェーン投資額がすでに2017年総計を上回る|とてつもない成長の予兆
世界四大会計事務所の一つであるKPMGの最新レポートによると、米国における2018年上半期のブロックチェーン投資額は、すでに2017年の総計をすでに上回っていることが明らかになった。

8月3日(金)

ブロックチェーン技術の革新を妨げる危機に瀕している|EU一般データ保護規則の問題点

欧州委員会が設立した、EUブロックチェーンフォーラムのレポートで、一般データ保護規則(GDPR)とブロックチェーンを調和させることの難しさを指摘。

イノベーションを妨げることに繋がる可能性を危惧した。

ブロックチェーン技術の革新を妨げる危機に瀕している|EU一般データ保護規則の問題点
欧州委員会が設立した、EUブロックチェーンフォーラムのレポートで、一般データ保護規則(GDPR)とブロックチェーンを調和させることの難しさを指摘。イノベーションを妨げることに繋がる可能性を危惧した。

ドイツ第2位の証券取引所が仮想通貨の投資業務へ拡大を発表|ICO発行・取引・カストディを一体化

ドイツの証券取引所Boerse Stuttgartは、ICO発行・取引・カストディを一体化したサービスの開発を発表。

仮想通貨関連の投資業務へ事業を拡大する。

ドイツ第2位の証券取引所が仮想通貨の投資業務へ拡大を発表|ICO発行・取引・カストディを一体化
ドイツの証券取引所Boerse Stuttgartは、ICO発行・取引・カストディを一体化したサービスの開発を発表した。仮想通貨関連の投資業務へ事業を拡大する。

今週の上昇・下落比較

今週の上昇通貨(1週間比)
Rank 通貨名 上昇率
1位 ChainLink (LINK) +7.66%
2位 Binance Coin (BNB) +3.00%
3位 Safe Exchange Coin (SAFEX) +2.35%
今週の下落通貨(1週間比率)
Rank 通貨名 下落率
1位 BitcoinDark (BTCD) -41.33%
2位 Ethos (ETHOS) -40.79%
3位 Pundi X (NPXS) -40.09%
4位 Waltonchain (WTC) -39.54%

CoinPostの関連記事

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。
今週の仮想通貨業界は何が起きた?ニュースと価格変動ランキング|7月第1週
1週間ごと仮想通貨業界、市場でおきた出来事をニュースを元に振り返ります。また1週間の通貨変動率ランキングも掲載。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加