CoinPostで今最も読まれています

リップル社3Qレポート「XRP保有割合が流通量全体の50%を初めて下回る」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

3Q XRP マーケットレポート

米リップル社は27日、2022年3Q(第3四半期)における暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)のマーケットレポートを公開した。同社は、四半期(3ヶ月)毎に、透明性を強調するため自発的にレポートを公開している。

3QのXRPマーケットレポートを通して、リップル社は以下の3点を強調している。

  • リップル社のXRP保有量が総供給量の50%を初めて下回った
  • ブラジルでオンデマンド・リキディティ(ODL)が稼動した
  • XRPの販売総額が3.1億ドル(前期比-9,200万ドル)となった

XRP保有量

リップル社はまず同社の保有割合について、過去初めてXRPの流通量全体の50%(500億XRP)を下回ったことを強調。

これまで一部投資家やメディア等がXRP所有量の多さを引き合いに、分散型台帳「XRP Ledger(XRPL)」がリップル社によって支配されているかのような批判があったが、同社は「これは真実ではない」と主張した。

米リップル社のブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者もこの点を強調して、以下のようにツイートした。

保有割合50%以下という重要なマイルストーンを達成した。リップル社は10年かけて、価値の移転に適したスケーラビリティ、スピード、セキュリティを求めてXRPとXRPLを当社製品で使用することに注力してきた。より多くの顧客が決済フローでXRPを使用しており、真の有用性があることを示している。

リップル社によれば、XRPLは「FBA(Federated Byzantine Agreement:連合ビザンチン合意)」というコンセンサスメカニズムを採用。これは各ノードのXRP保有量に頼らず、バリデーターノード毎に1票の影響力を持たせることで、取引の検証、新機能の追加、ネットワークの安全確保を図る仕組み。

XRPLには130以上のバリデータノードが参加しているが、同社が運用するノードは4に留まっているとして、ネットワークの分散性を強調した。

関連: 「ODL」拡大で仮想通貨XRPの取引量が9倍増加=リップル社2Qレポート

XRP販売量

リップル社は第3四半期(3Q)、ODLに関連したXRP売上高約4,126億円(28億1,963万ドル)に対して総購入額が約3,671億円(25億895万ドル)となり、純売上高が約454億円(3億1,068万ドル)となったと報告。

なお、第1四半期のXRP売上高は約1982億円(13億5429万ドル)、第2四半期は約2,800億円(21億2,592万ドル)だった。同社は、3四半期連続のXRP売上高の増加傾向について、世界的にODL事業が成長していることに起因していると述べた。ODLの拡大は、同社がセカンダリー市場で購入するXRPのボリューム増にもつながる。

仮想通貨データ企業CryptoCompare社の提供するCryptoCompare TopTier(CCTT)指標によると、リップル社による3QのXRP総販売額は、XRP総取引量の0.42%に相当する。

リップル社がエスクローで管理するXRPに関しては、毎月10億XRPという公式の取り決め通り、2Qに30億XRPが解除された。また、総額21億XRPが返還され、再び新たなエスクロー契約に組み込まれた。

3Qでは、XRPL上で合計1億260万件の取引が行われ、総額8,200億円(5,600億ドル)相当の1,528億XRP(前期比+20%)が取引された。9月30日時点のホルダー数は4,352,222件、前期比+92,874となっている(XPMarket.comベース)。

ODLの拡大

リップル社はレポートで、特にXRPベースの決済ソリューション「ODL」(オンデマンド・リクィディティ=流動性)について、ブラジル-メキシコ間での稼働を開始することを強調。ラテンアメリカ(LATAM)開拓の重要なくさび(アンカー)になると加えた。

同社は、8月に外貨両替業を営むトラベレックスとの提携を発表。トラベレックスは同国の中央銀行から外国為替業務のみを行う銀行として認可されており、e-Fx取引に重点を置き、送金や国際決済、ATM、多通貨プリペイドカードなどを取り扱う。

ODLの用途も、トレジャリー(組織内の資金繰り)や複数の支払指図がまとめて送信される「バルクペイメント」など、シングルペイメント以外のユースケースへと拡大しているようだ。

シンガポールで機関投資家向けデジタル決済ソリューションを提供するFOMO Payや、フィリピン最大のノンバンク送金サービスプロバイダーの一つ「iRemit」などのビジネスパートナーが、トレジャリーフローにODLを使用するという。

リップル社のオンデマンド・リクイディティ(ODL)ソリューションの用法を拡大することで、iRemit は今、流動性とリアルタイム決済へのアクセスを拡大し、クロスボーダーのトレジャリーフローを改善することができるようになっている。

オンデマンドリクイディティ(ODL)とは

仮想通貨XRPを利用した国際送金ソリューションのこと。資金の送り手と受け手が直接取引可能であり、低コストでスピーディな送金を実現するリップルネットの技術の一つ。

▶️仮想通貨用語集

関連:リップル社がトラベレックスと提携、同社ブラジル支部にODL導入

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア