CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーンゲームPROJECT XENO、ヒカルコラボのNFTセールを開催へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ヒカルコラボNFTセール開催へ

PROJECT XENOは4日、人気YouTuberのヒカル氏がPROJECT XENOの日本アンバサダー就任を記念して、ヒカルコラボNFTセールの開催決定を発表しました。

PROJECT XENOは、「東京ゲームショウ 2022」に出展したブロックチェーンゲーム企業の中でも有数の集客で注目を集めた意欲作。NFTセールの開催期間は、11月23日(水)〜11月30日(水)までを予定しています。

また、セール開催に先立ち、50名にセール時に使用可能な「無償抽選券」がプレゼントされます。

さらに、PROJECT XENOを一緒に盛り上げたユーザーの中で、一定の条件を満たした方は「GXEパートナー」となり、ゲームローンチまでの間に複数の豪華特典(例:NFT、セール割引)が付与される制度が用意されている点も見逃せません。

PROJECT XENO

ヒカルコラボNFTセールでは、PROJECT XENOのシンボルでもあるXENO NFTをはじめ、世界限定「X体」のヒカルNFTなどの希少なNFTや、ゲーム内で多くのトークンをEarn可能なGENESIS NFTの出品を予定しています。

GENESIS NFT

NFTキャラクターやPROJECT XENOで発行された全てのNFTは、今後ローンチされるアプリ内「マーケットプレイス」で他のユーザーと売買することが可能です。

NFTマーケットプレイス

PROJECT XENOとは

PROJECT XENO

PROJECT XENOは、東証上場のゲーム企業クルーズ株式会社の100%子会社CROOZ Blockchain Labが開発するブロックチェーンゲームです。

ファッション通販サイト「SHOPLIST」などの事業を展開するクルーズは、10年以上前からMobageで人気を博した「アヴァロンの騎士」やスマートフォン向けソーシャルゲームなどのゲーム開発を行なってきた実績があり、「HUNTER×HUNTER」など数々の有名タイトルのゲームをリリースしています。

クルーズは2022年9月、GameFi分野に本格的に参入することを発表。

グループで培ってきたゲーム事業に関する企画・運営などのノウハウをもとに、CROOZ Blockchain Labが世界市場にむけてブロックチェーンゲームの企画・開発を行うことを表明しました。

CROOZ Blockchain Lab

ゲームをプレイすることでGXE及びUTを獲得することができます。

PROJECT XENOを運営するEPOCH FACTORY社が発行する独自トークン「GXE」は2022年10月3日、海外の暗号資産取引所MEXC Globalに上場しています。

今後の予定表

2022年11月時点のプロジェクトロードマップは以下の通り。

PROJECT XENO

2022年1Qにプロジェクトが立ち上がり、豊富なノウハウと資金力を活かして稀に見るスピード感で開発進捗しています。

今後の予定としては、2023年3Qに2つの暗号資産(仮想通貨)取引所にトークン上場予定。2023年4Qにゲームローンチ(α版)予定となっています。

eスポーツの要素を盛り込む

PROJECT XENOのゲームプレイに関しては、戦略と戦術を重視した公正な戦いをデザインすることをビジョンとしており、eスポーツの要素を盛り込むことで競技性の高い対人戦(PvP)を見据えています。

具体的には、プレイヤーは保有キャラクターの「XENO」に4枚のスキルカードをセットしてバトルを行います。

ローンチ時点で、5つのクラス(ブレイカー、ガーディアン、サムライ、サイキック、ニンジャ)と40種類以上のパッシブスキルが用意されています。キャラクターごとに1つのクラスと2種類のパッシブスキルを組み合わせることで、合計2,000パターンを超えるユニークなキャラクターを作り出すことが可能です。

クラスによって、扱えるウェポンやスキルカードが異なります。

PROJECT XENO

2種類のPvP(対人戦)

PROJECT XENO

プレイヤーが最も稼げる場所として、「チャンピオンシップトーナメント」を開催予定。報酬としてガバナンストークン「GXE」が付与されます。

もう1種類は、誰でも気軽に参加できる「アリーナバトル(闘技場)」で、バトルに勝利することでゲーム内通貨のユーティリティトークン「UT(仮)」などを獲得できます。

PROJECT XENO

ホワイトペーパー(事業計画書)に記載のある通り、ゲーム内トークンは最も代表的なイーサリアムチェーンのほか、ポリゴンやBSCといった拡張性の高い高速トランザクションにも対応。

シームレスに複数のチェーンに対応することにより、快適なプレイを提供します。

NFTセールの参加方法

セール参加方法は、国内暗号資産取引所の口座と最も世界的に普及するデジタルウォレット「メタマスク(MetaMask)」が必要となります。その他のウォレットでもWalletConnectに対応するウォレットであれば、セール参加は可能です。

米ドルの価値に連動するステーブルコインの「USDT(ERC-20,BEP-20)」、もしくは「BUSD(BEP-20)」をウォレットにご準備ください。

初心者向けの詳しい開設方法は、PROJECT XENOの公式サイトで説明しています。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
暗号資産交換業者「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧