CoinPostで今最も読まれています

Web3業界で求められる人材とは|Ontology寄稿 オントロジーによる考察シリーズ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3で求められるスキルや人材とは

オントロジーのOWN Insightsシリーズでは、業界のリーダーを招き彼らのWeb3産業についての知見を共有して頂いています。シリーズ全体を通してこのインターネットの新しい流れを読者の方々により深く理解してもらうことが本連載の目的となっています。

今回はオントロジーのHRM(人事)を担当しているEden Yang氏が寄稿しています。テーマは「Web3業界で求められる人材とは」。

いまだ日の浅いこの業界に飛び込むには、どのようなスキルを身に着けるべきなのでしょうか。

関連:「仮想通貨の冬」におけるWeb3ブランディングとは|Ontology寄稿


Web3業界の魅力とは

この1年間でWeb3は知名度を上げ、今や多くの人が知る概念となりました。

人々のWeb3に対する最初の反応は、一夜にして築かれる富に集まりがちですが、その次に見られるのは、その破壊的ともいえる進歩についてです。この業界の価値の変動は、従来の業界よりも遥かに大きく、ハッカーによって盗まれる額は、しばしば多くの注目を集めます。

また、革新的で壮大なビジョンは多くの人を惹きつけており、中でも有名な人物がイーロンマスクです。中国の大企業の中には、Web3への投資やインキュベーション(起業家の育成)を積極的に計画しているものもあり、多くの企業が未知の景色に期待を寄せています。

採用需要の急増

Web3業界の採用需要も大幅な急増を目の当たりにしており、多くの若い人材が集まっています。Web3は間違いなく大きなトレンドであり、そこに賭ける価値があります。

主要な求人サービスを閲覧すると、業界のポジションも魅力的であることがわかります。ところが、興味を引かれた人が周りを見渡しても、Web3についての学習機会はほとんどありません。そこで、Web3業界で求められる人材とは何かという疑問が生じます。

破壊的イノベーション

まず、Web3についての私の理解について話しましょう。Web3とは、データの所有権が個人に帰属する時代です。その基盤となるレイヤーはブロックチェーン技術であり、その構成要素にNFTがあります。

経済のシステムはDeFi(分散型金融)を通じて確立され、暗号通貨によって支払われ、自律的な分散型組織(DAO)によって形成されます。これらはいずれもWeb2業界にとって破壊的であり、Web3を信じる人々が何年にもわたって築き上げてきた道です。

DAO

・「Decentralized Autonomous Organization(自律分散型組織)」の略。一般的な企業などとは違い、経営者のような中央管理者が存在しない。参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる。

▶️仮想通貨用語集

どのような人材が求められるのか

では、Web3関連職の採用チームはどのような志望者を好意的に思うのでしょうか。志望者が採用面接で尋ねる最も一般的な質問の1つから例を挙げてみましょう。

「業界での経験がない人が採用されることはあるのでしょうか?」

答えはイエスですが、それは候補者が学ぶ意欲と能力がある場合に限ります。では彼らの意志と能力とはなんでしょうか。

学習意欲

破壊的な概念であるWeb3の最大の課題の1つは、大量の情報を短い時間で消化し理解することが求められる点であり、迅速に学習する意欲が特に重要です。

また、学習も、MetaMaskウォレットを使ってみたり、ホワイトペーパー(事業計画書)を読む、エアドロップに参加する、DAO組織を見つけて参加する、業界のリーダーの動向を追ったり、AMA(質疑応答)やTwitterスペースを聞くといった、実際の体験には劣ってしまうでしょう。初心者レベルの経験のように思えるかもしれませんが、単に「Web3に賭けている」と熱弁するよりはるかに信頼できます。また機能面で言えば、Web3の大きな特徴の1つはオープン性です。多くのチームは分散型の働き方を許可しており、オープンソースの精神の下で、誰もがプロジェクトの貢献者になることができます。

ただし、非同期作業や、長時間オンラインで作業する必要性、海外チームとのコミュニケーション、一部の非技術職で必要とされる技術的な理解、さらには契約の理解、業界において継続的に求められる学習量などにより、一部の人はしばしばためらいを覚えると思います。

コミュニケーション

標準化されたWeb2業界とは異なり、Web3は長期間にわたる自己発見の姿勢を求められます。

Web3プロジェクトに参加した後、何も知らないことに気づき、自信を失うことは誰にもあるでしょう。でも、実はみんなが等しく学習の段階なので、気軽に心を開いて、コミュニケーションを続けるとよいです。

オープンで楽観的な姿勢を維持し、業界の知識を習得する強い意志と、ある程度の言語能力があれば、Web3業界の志望者になるのに十分なはずです。この業界では、好奇心旺盛に働く人材の確保が急務です。

私は近い将来、業界が盛り上がりを見せるとともに、更なる新しい技術、機会を人々が目の当たりにすることになると信じています。ぜひこの機会にWeb3ブームを体感し、この業界の未来にご参加ください。

関連:Web3の実現に向けた課題とは|Ontology寄稿

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧