CoinPostで今最も読まれています

「仮想通貨の冬」におけるWeb3ブランディングとは|Ontology寄稿 オントロジーによる考察シリーズ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

越冬のための戦略的ブランディング

オントロジーのOWN Insightsシリーズでは、業界のリーダーを招き彼らのWeb3産業についての知見を共有して頂いています。シリーズ全体を通してこのインターネットの新しい流れを読者の方々により深く理解してもらうことが本連載の目的となっています。

本記事はテクノロジー系コンサルティング会社、Wachsmanの役員を務めるRory O’Neill氏が寄稿したものです。コンサルティングの観点から、Web3企業とブランディングについての考え方を解説しています。

関連:DAOはWeb3における次のカギになる|Ontology寄稿


低迷期にこそ業界で存在感を示すことが大切になる

仮想通貨(暗号資産)市場の低迷はWeb3にも深い影を落とし、メディアはブロックチェーン技術に対する否定的な報道を行い、ジャーナリストやクリプトに懐疑的な専門家がこの業界の将来に関して様々な見解を披露しています。

いつ終わるとも知れない「仮想通貨の冬」の時代を乗り切るために、今ひとつ軽視されているかもしれないものがあります。それは、この業界の企業は戦略的なブランドマネジメントを必要としているということです。

ここ数ヶ月間、仮想通貨に関するニュースはネガティブな見出しが多く、Web3企業にとって、この環境を乗り切ることは並大抵のことではありません。撤退という文字がよぎっても、この業界に当面身を置くつもりなら、沈黙を保つことが適切ではないことが明らかです。

むしろ、この時期に業界の旗手として立ち回り、センセーショナルな見出しよりもWeb3とブロックチェーン技術には更なる可能性があることを示すことが重要です。従って、この業界の企業は今、逆境にあっても自らを鼓舞し、Web3の根底にある価値に注目し、構築するときを迎えているといえます。

逆境を乗り越えるには

今、私たちは、ブランドが教育や構築、開発に重点を置き、自社プロジェクトだけでなく、業界全体の長期的な目標を明示することが重要となる分岐点にいます。そうすることが、将来にわたってリターンを得る唯一の方法です。

メディアが市況に目を向けるのは仕方のないことです。しかし、このような状況の中でも、業界のリーダーたちが、自らの専門知識を駆使して、前向きな力となる肥沃な土壌が存在しています。そして、この嵐を切り抜け、次の強気相場に向けて成功するために、現在の市場で下すべきビジネスクリティカルな決断について、業界の人々に道筋をつけます。

このような捉え方は、今ヘッドラインで見られるようなノイズをカットするのに役立つだけでなく、スポークスパーソンをこの分野における価値ある情報源として確立し、Web3に向けて構築するという重要な使命に再び集中することにおいても必要です。

ブロックチェーン技術は私たちの言葉の一部となりつつあり、著名ブランドがWeb3の世界に進出してきていることから、この業界に初めて足を踏み入れる人たちを教育することも大切です。

困難な時期に、この業界が既存のWeb2インフラに提供できるポジティブな改善点を、新規参入者やクリプトに興味がある人たちに示すことが不可欠です。信憑性は重要ですが、ブロックチェーン業界の革新的なプロジェクトを紹介することは、停滞を避けると同時に、有意義な貢献をするための素晴らしい方法となります。

関連:金融庁、Web3のデジタル資産に関する「新たな市場整備」に本腰へ

開発を進めることが、業界全体のイメージ改善へ

ブランドはこの市場の低迷を成長と発展のための時間として活用し、将来的にこの種の市場の変動による影響から身を守ることが不可欠です。

Web3が過去最高値を記録したのは、決して誇大広告が全てだったというわけではなく、基礎となる技術という強力なファンダメンタルズによるものです。

この視点を見失わないようにすることが重要です。今こそ、基本に立ち返り、企業や消費者に真の価値を提供できる技術を開発する時です。新しい製品や使用例が次々と発表される業界にとっては、話題性のあるニュースが実感できるポジティブなライフラインとなります。

ブランディング戦略の重要性

ブランドは、開発に注力すると同時に、ユースケースを推進することで、Web3テクノロジーがもたらすポジティブなインパクトが、市場の短期的な変動を超えて広がっていることを示すことが出来ます。

そうすることで、「仮想通貨の冬」は個々のブランドだけでなく、業界全体にとっても一時的なものであり、この技術が市場の気まぐれをものともせず普遍的な価値を持ち続けていることの証左であることを伝え続けることが出来ます。このことは、おそらく現在の仮想通貨情勢から学ぶべき貴重な教訓の1つであり、したがって、この業界のブランドの成功に今後不可欠であることが証明されるでしょう。

ブランドマネジメントは疑いようもなく、このWeb3史の局面において重要性を増しています。戦略的なアプローチは成功にとって極めて重要であり、適切に実施すれば、ネガティブな報道にさらされることを避けれるだけでなく、ブランドの知名度向上にもつながります。

つまるところ、今は尻込みしている場合ではなく、うまく対処し、Web3というトンネルの先に見える一筋の光となるべき時です。

関連:Web3の実現に向けた課題とは|Ontology寄稿

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧