CoinPostで今最も読まれています

「仮想通貨の冬」におけるWeb3ブランディングとは|Ontology寄稿 オントロジーによる考察シリーズ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

越冬のための戦略的ブランディング

オントロジーのOWN Insightsシリーズでは、業界のリーダーを招き彼らのWeb3産業についての知見を共有して頂いています。シリーズ全体を通してこのインターネットの新しい流れを読者の方々により深く理解してもらうことが本連載の目的となっています。

本記事はテクノロジー系コンサルティング会社、Wachsmanの役員を務めるRory O’Neill氏が寄稿したものです。コンサルティングの観点から、Web3企業とブランディングについての考え方を解説しています。

関連:DAOはWeb3における次のカギになる|Ontology寄稿


低迷期にこそ業界で存在感を示すことが大切になる

仮想通貨(暗号資産)市場の低迷はWeb3にも深い影を落とし、メディアはブロックチェーン技術に対する否定的な報道を行い、ジャーナリストやクリプトに懐疑的な専門家がこの業界の将来に関して様々な見解を披露しています。

いつ終わるとも知れない「仮想通貨の冬」の時代を乗り切るために、今ひとつ軽視されているかもしれないものがあります。それは、この業界の企業は戦略的なブランドマネジメントを必要としているということです。

ここ数ヶ月間、仮想通貨に関するニュースはネガティブな見出しが多く、Web3企業にとって、この環境を乗り切ることは並大抵のことではありません。撤退という文字がよぎっても、この業界に当面身を置くつもりなら、沈黙を保つことが適切ではないことが明らかです。

むしろ、この時期に業界の旗手として立ち回り、センセーショナルな見出しよりもWeb3とブロックチェーン技術には更なる可能性があることを示すことが重要です。従って、この業界の企業は今、逆境にあっても自らを鼓舞し、Web3の根底にある価値に注目し、構築するときを迎えているといえます。

逆境を乗り越えるには

今、私たちは、ブランドが教育や構築、開発に重点を置き、自社プロジェクトだけでなく、業界全体の長期的な目標を明示することが重要となる分岐点にいます。そうすることが、将来にわたってリターンを得る唯一の方法です。

メディアが市況に目を向けるのは仕方のないことです。しかし、このような状況の中でも、業界のリーダーたちが、自らの専門知識を駆使して、前向きな力となる肥沃な土壌が存在しています。そして、この嵐を切り抜け、次の強気相場に向けて成功するために、現在の市場で下すべきビジネスクリティカルな決断について、業界の人々に道筋をつけます。

このような捉え方は、今ヘッドラインで見られるようなノイズをカットするのに役立つだけでなく、スポークスパーソンをこの分野における価値ある情報源として確立し、Web3に向けて構築するという重要な使命に再び集中することにおいても必要です。

ブロックチェーン技術は私たちの言葉の一部となりつつあり、著名ブランドがWeb3の世界に進出してきていることから、この業界に初めて足を踏み入れる人たちを教育することも大切です。

困難な時期に、この業界が既存のWeb2インフラに提供できるポジティブな改善点を、新規参入者やクリプトに興味がある人たちに示すことが不可欠です。信憑性は重要ですが、ブロックチェーン業界の革新的なプロジェクトを紹介することは、停滞を避けると同時に、有意義な貢献をするための素晴らしい方法となります。

関連:金融庁、Web3のデジタル資産に関する「新たな市場整備」に本腰へ

開発を進めることが、業界全体のイメージ改善へ

ブランドはこの市場の低迷を成長と発展のための時間として活用し、将来的にこの種の市場の変動による影響から身を守ることが不可欠です。

Web3が過去最高値を記録したのは、決して誇大広告が全てだったというわけではなく、基礎となる技術という強力なファンダメンタルズによるものです。

この視点を見失わないようにすることが重要です。今こそ、基本に立ち返り、企業や消費者に真の価値を提供できる技術を開発する時です。新しい製品や使用例が次々と発表される業界にとっては、話題性のあるニュースが実感できるポジティブなライフラインとなります。

ブランディング戦略の重要性

ブランドは、開発に注力すると同時に、ユースケースを推進することで、Web3テクノロジーがもたらすポジティブなインパクトが、市場の短期的な変動を超えて広がっていることを示すことが出来ます。

そうすることで、「仮想通貨の冬」は個々のブランドだけでなく、業界全体にとっても一時的なものであり、この技術が市場の気まぐれをものともせず普遍的な価値を持ち続けていることの証左であることを伝え続けることが出来ます。このことは、おそらく現在の仮想通貨情勢から学ぶべき貴重な教訓の1つであり、したがって、この業界のブランドの成功に今後不可欠であることが証明されるでしょう。

ブランドマネジメントは疑いようもなく、このWeb3史の局面において重要性を増しています。戦略的なアプローチは成功にとって極めて重要であり、適切に実施すれば、ネガティブな報道にさらされることを避けれるだけでなく、ブランドの知名度向上にもつながります。

つまるところ、今は尻込みしている場合ではなく、うまく対処し、Web3というトンネルの先に見える一筋の光となるべき時です。

関連:Web3の実現に向けた課題とは|Ontology寄稿

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア