CoinPostで今最も読まれています

DAOはWeb3における次のカギになる|Ontology寄稿 オントロジーによる考察シリーズ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3によって進化するDAO

DAO(自律分散型組織)はWeb3において重要な概念であり、新たな組織の在り方として注目されています。2022年はDAO元年とも呼ばれ、多くの仮想通貨プロジェクトが自前のトークンを持つなどして、DAOの構築を模索してきた年でもありました。

多くのDAO向けのサービス、ツールが登場し、革新的な試みも見られる一方で、DAOにおけるインセンティブのあり方は課題をはらんでおり、議論は尽きていません。

オントロジーのOWN Insightsシリーズでは、業界のリーダーを招き彼らのWeb3産業についての知見を共有して頂いています。シリーズ全体を通して彼らの考えを学び、このインターネットの新しい流れをより理解できるようになるでしょう。

今回は、オントロジーコミュニティ責任者であるハンプティ・カルデロン氏に、DAO(自律分散型組織)について寄稿いただきました。

関連:Web3は能動的な「表現者経済」をつくる|Ontology寄稿


DAOの可能性

Web3はとてつもない可能性を秘めた分野であり、金融の民主化革命を前進させる上で、DeFiは大きな意味を持ちます。また、人々は意義のある方法と価値観で他者に影響を与えたいと考える様になっています。

DAO(自律分散型組織)はこの1年、価値や目的の共有をもたらすメカニズムとして機能することを証明してきました。共通の使命を持った人々が、複雑な問題を様々なツールや方法によって共に解決するべく、それらの信念のもと組織化されています。

現状、ほとんどのDAOはサービス、プロトコル、投資、助成金、コレクター、ソーシャル、およびメディアのグループに分類できます。DAOが成長し成熟し続けるにつれて、需要に伴ったより小さな枠のカテゴリーも増えていくことでしょう。

DAOツールも、わずか1年前から進化しており、DAOとの対話はより複雑になっています。単純なウォレットとソーシャルプラットフォームから、マルチシグ、オペレーティング システム、P2P補償、投票プラットフォーム、そして最近ではタスクやバウンティ(報酬)管理ツールも公開されるようになりました。Gnosis Safe、Snapshot、CollabLand、Coordinapeといった傑出したツールは、DAOによる革命をリードしています。

DAOは不可逆的なものであるように思われ、実際に新しい斬新なDAOの需要は加速しています。「ConstitutionDAO」のようなプロジェクト(アメリカ合衆国憲法の原本の一つをオークションで落札するための資金調達プロジェクト)は、多くのDAO創設者候補の想像力を掻き立て、世界に影響を与えたいという同じ熱意、コミットメント、欲求を共有する人々によってアイデアを加速させてきました。

DAOとそのツールが進化するにつれて、プロジェクトや貢献者を管理およびサポートするためのより堅牢なメカニズムを作成するために、DAOを構成するコミュニティからの要求も高まっています。

関連:Web 3.0により発揮されるインターネットの真価とは

DAOに改善が必要な領域とは

メンバーのオンボーディング(DAOへの参加)はこれまで、参加者に配られるトークンによって導かれてきたといえます。多くのDAOはトークンを使用してコミュニティの管理を行い、インセンティブとして利用しています。

また、これらのトークンを配布するために、プラットフォームのユーザーと価値に沿ったプロジェクトとプロトコルにエアドロップを実行し、これらの個人をコミュニティの構築とガバナンスに参加するためオンボードさせることを目指しています。これはまだ完全とはいえませんが、しばらくの間機能してきたプラ​​クティス(慣例)といえるでしょう。

最近では、エアドロップを使用してDAOメンバーをオンボードする方法が進化しています。より包括的な「チェックリスト」を使用して、エアドロップ受信者とプロジェクトまたはプロトコルとのやり取りを定量的に測ることができるようになっています。プロジェクトのガバナンスプロセスを紹介し、エアドロップを受け入れる前に参加を開始するために、追加の手順が実行される場合もあります。その目的は、DAOの使命に賛同し、積極的で価値のある貢献者になる可能性が高い個人を見つけることです。

エアドロップとは

エアドロップとは、仮想通貨(トークン)を無料配布すること。認知度向上キャンペーン的な性質を持つ

仮想通貨用語集

オンボーディングが完了したら、DAOは影響力の大きい貢献者を維持する方法を見つけなければなりません。助成金、報奨金、または役割ベースの支払いを通じて、DAOは貢献者にインセンティブを与えて価値を創造し、エコシステムを成長させます。

このプロセスにより、DAOへの参加に関心のある人は、誰でもあまり労力をかけずに参加することが出来るようになります。また、これは初期の貢献者からの貢献を促進するためにうまく機能するプロセスです。ただし、DAO が成熟するにつれて、そのインセンティブは、エコシステムに多大な価値を生み出したベテランの貢献者に合わないことが課題となってきます。長年のメンバーは、彼らの貢献を同じように評価するバウンティと役割を求めて、新しいメンバーと競争することになるかもしれません。

DAOのガバナンスは、常にではないにしても、多くの場合、トークンの保有を通じて行われます。所有するトークンが多いほど、DAOでの声は大きくなります。この方法は初期の段階では参加者が対等に近いためうまく機能する傾向があります。ただし、個人がDAOに貢献するにつれ、ある個人が生み出す価値は他の個人とは異なっていくことになります。

これは、後で参加する可能性があるにはあるが、あまり頻繁に貢献しない、またはまったく貢献しないトークンの大量所有者に関して特に当てはまります。従って、DAOのニーズにもっと同調しているかもしれない熱心で頻繁な貢献者の声は、形だけの富を持つ人々によってかき消される可能性があります。これは、DAOの価値観と一致しておらず、DAOを形成することに関心がある人や、DAOを構築している人に有利な結果に歪曲する可能性があります。

DAOの今後の見通し

とはいえ、DAOの未来は明るいです。最近、非常に影響力のある人物によって書かれた記事、ブログ、および論文等を通じて、分散型コミュニティに関連する自己主権のアイデンティティと評価システムに多くの注目が集まっています。これにより、分散型識別子 (DID)、検証可能な資格情報 (VC)、および譲渡不可のNFT(SBT:Soulboundトークン)を活用する新たな開発の波が生まれました。

関連:イーサリアム創設者ブテリン氏提唱の「Soulboundトークン(SBT)」に高い関心

関連:Web3時代のIDソリューション、ONT IDとは

各プロジェクトは、DAOでのユースケースを特定するために、これらの新しい技術を試しています。これらが、個人の評判を解き放ち、よりダイナミックで公正なオンボーディング、インセンティブ、およびガバナンスの実践を生み出すことができるのではないかと期待されているのです。

DAOおよびWeb3全般における新しくエキサイティングな始まりとなるのは明らかでしょう。個人的にも、私たち自身の目の前で進化し続けるこの新たな空間を探求し、構築する機会が与えられていることに興奮しています。

関連:オントロジーが構築する、ユーザー所有権を通じた分散型社会|Ontology寄稿

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア