CoinPostで今最も読まれています

NY連銀、新たなデジタルマネーを実験か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「トークン化された負債」のシステムを実験か

米ニューヨーク連邦準備銀行は、金融機関が発行する「トークン化された負債」の追跡と送信に関する実験を行うことを計画している。関係筋の情報として、コインポストの提携メディアThe Blockが報道した。

これは、「規制された負債ネットワーク(regulated liability networks:RLN)」の概念実証、つまり規制された様々な金融機関が負債をトークン化するシステムの実験となる。

関係者によると、大手金融機関のシティ(Citi)グループ、バンク・オブ・アメリカ、BNYメロン、HSBC、さらに決済大手マスターカードとSwiftもこのテストに参加する見込みだ。

正式な発表は来週初め頃になり、RLNの利点を説明するホワイトペーパーも発表される予定だという。

規制された負債ネットワークとは

RLNはビットコイン(BTC)などの暗号資産(仮想通貨)や、中央銀行デジタル通貨(CBDC)と並ぶ、新たなデジタルマネーの形態として構想されているものだ。

RLNについて詳しいのは、シティグループで新興決済・事業開発を担当するTony McLaughlin氏である。同氏は、シティの最近のブログ記事で、RLNの可能性について、以下のように説明していた。

中央銀行や規制当局が、既存のCBDCプロジェクトや商業銀行マネーのトークン化という構想を少し変更して、新しい方向性を打ち出すことも可能かもしれない。

中央銀行の負債をトークン化すること(CBDC)だけではなく、共通のプラットフォーム上ですべての規制された負債をトークン化するというシステムにより、より広い視野で課題を捉えることもできる。

この際、McLaughlin氏は、お金を「負債」という形で捉えている。一般的に「お金は、規制された金融機関(商業銀行)の負債」であるが、こうした「規制された負債」としては中央銀行のお金、商業銀行のお金の他、電子マネーが含まれると説明。これらは「まだトークン化された形では存在していない」と続けた。

「DLTで様々な負債と資産のネットワークを」

McLaughlin氏は、分散型台帳技術(DLT)により、こうした負債を同じ台帳上に表現して、それらの貨幣を「常時接続」、「即時発行」、「プログラム可能」にできる可能性があると論じている。そうした仕組みを「規制された負債ネットワーク(RLN)」と読んでいる格好だ。

ステーブルコインについても、規制された暁にはこうしたRLN上に組み込むことができると指摘する。CBDCの利用範囲を拡大して、そのネットワークにすべての規制対象負債を包含すること、負債と資産を同じチェーン上でトークン化することにも言及した。

また、安全なデジタルマネーは規制され、要求に応じて額面どおり償還され、各国の通貨単位で表示され、「規制対象の発行者に対する明確な法的請求権」である必要があるとも論じている。

こうしたMcLaughlin氏のビジョンが、どの程度、今回報じられた米ニューヨーク連邦準備銀行のプロジェクトに採用されているかは不明だが、新たなデジタルマネーの構想として今後が注目される。

ニューヨーク連銀の計画に詳しいある情報筋は、RLNは、完全にシステムを一新するよりも「既存のシステムの上に新たなシステムを構築するアプローチの一つだ」とコメントした。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/17 水曜日
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。
10:05
米リップル社、仮想通貨支持の議員候補者を支援する団体に1.6億円寄付
リップル社は、仮想通貨に否定的なウォーレン議員に代わり、仮想通貨支持派の候補を当選させようとするPACに1.6億円を寄付した。
09:30
DMMビットコインの不正流出、北朝鮮のラザルスが関与か
仮想通貨取引所DMMビットコインの不正流出に、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が関与している疑いが浮上。すでに流出したビットコインは資金洗浄されているようだ。
08:25
仮想通貨ワールドコイン高騰、開発チームによるアンロック期間の緩和発表で
2024年7月24日からTools for Humanityの投資家とチームメンバーが保有する約200万WLDトークンが毎日ロック解除される。ロック解除スケジュールの延長により、この数字は当初の1日あたり約330万WLDより約40%減少する。
07:30
米ビットコインETF、資金純流入一週間継続
終了したドイツ政府による売圧やトランプ氏の暗殺事件など激動だった週末を経て米国のビットコイン現物ETFには資金が継続的に流入してきている。
07:10
マウントゴックス、5000億円相当のBTCをクラーケンに送金か
マウントゴックスが5,000億円相当の仮想通貨ビットコインをクラーケンに送金した可能性が高いことをArkhamが公表。クラーケンは、1週間から2週間で弁済処理を行うと説明しているという。
06:50
米大統領選に向けたBTC・ETHオプション取引、デリビット提供へ
新たな仮想通貨オプション取引は、大統領選の結果にベットする商品として設計されたものだ。すでにポリマーケットという分散型予測市場で次期大統領にベットする取引が活発的に行われておりトレーダーの流動性が集まる重要な市場となっている。
06:20
仮想通貨ブリッジJumperでハッキング発生、現在復旧
EVMチェーンの仮想通貨ブリッジのJumper Exchangeは16日夜、ハッキングが発生したことを報告した。現在システムは復旧し安全に使用できると伝えた。
05:54
ソラナ基盤仮想通貨CLOUD、Bybitなど上場予定 ローンチパッド開始
取引所Bybit、Backpack、及びGate.ioはトークン販売に先立ち、CLOUDトークンの新規取扱予定を発表した。取り扱いは、日本時間19日12:30より開始する。
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧