CoinPostで今最も読まれています

ヴィタリック氏「仮想通貨取引所が信頼を取り戻す方法」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「強力な技術」の活用

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は19日、中央集権型の暗号資産(仮想通貨)取引所が信頼性を取り戻すための改善方法を提案。「安全なCEXを築く:支払い能力の証明とその先」と題したブログで、ゼロ知識証明ベースの暗号化技術「ZK-SNARK」を活用し、取引所のプライバシーと堅牢性を向上させる方法について論じた。

ブテリン氏は、取引所による資産証明方法について過去を振り返る中で、データの要約と検証を行う「マークルツリー」技術に言及。この技術は取引所の負債証明には適しているが、プライバシー保護には難点が残ると指摘した。

一方、同氏はZK-SNARKは、「ここ数十年間で多様な問題のために開発された特定用途の技術を、完全に圧勝するほどの強力な汎用技術」だと絶賛。暗号技術にとって「AIにとってのトランスフォーマー(深層学習モデル)のような強力な技術」と高く評価した。

ブテリン氏は、ZK-SNARKを使うことで、負債証明プロトコルのプライバシーを大幅に簡素化し、改善することが可能だと主張。また、いくつかの方程式を追加するだけで、さまざまな制約をシステムに組み込む複雑な設定にも対応できると語る。

複雑な制約を証明するために使用することが可能なことから、ZK-SNARKは、顧客資金の安全性を証明し、取引所による信頼性の獲得につながると同氏はメリットを説明した。

ゼロ知識証明とは

「自身の主張が真実であること以外の情報を検証者に開示することなく(=ゼロ知識)、その主張が真実であると証明できる」という特性を持つ証明プロトコルの一種。

ブロックチェーンの外部で処理を行ない、その過程を提示しなくても、その処理が正しく実行されたことを証明する。スケーリング技術の一環として注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連:個人情報管理のカギとなる「ゼロ知識証明」とは|XSL Labs寄稿

資産の証明

取引所による資産証明の最も簡単な方法は、コールドウォレットからパブリックアドレスへの転送だとブテリン氏は考察。しかしその反面、この方法には担保の二重利用と、アドレス所有権の証明のコストという問題があるとも言及した。

担保の二重利用については、取引所間で担保をやり取りすることで支払い能力を証明する方法があるが、虚偽の証明に繋がりかねないと警告。理想的にはリアルタイムで、ブロックごとに証明が更新されることが望ましいと述べた。

また、法廷通貨の資産証明は、暗号技術によって検証することはできないため、取引銀行による残高証明や、監査人による貸借対照表の証明といった方法に限定されると付け加えた。

ユーザー資金の悪用防止策

また、ブテリン氏は取引所によるユーザー資金の悪用を防ぐ方法について、技術的限界の見えたPlasmaとその進化形である「validium」を紹介。validiumはデータがオフチェーンで保持される以外は、基本的にZKロールアップと同じで、コードが正しく実行されているかを証明する場合に使用できるという。

validiumを活用することで、取引所の運営者がユーザー資金を盗用することは防ぐことが可能だが、運営者がいなくなった際に幾らかの資金が滞留してしまう可能性もあるという。

ロールアップとは

メインブロックチェーンのセキュリティを活用しながら、トランザクションの一部をオフチェーン(ブロックチェーン外)で処理することにより、ネットワークの混雑解消を図るL2のスケーリング・ソリューションのこと。

ZKロールアップはゼロ知識証明技術を搭載したロールアップを指す。

▶️仮想通貨用語集

関連:スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

CEXとDEX

ブテリン氏は技術の活用により、長期的にはCEXとDEX(分散型取引所)という二つの選択肢に限定されない、さまざまなハイブリッド型のオプションも考えられると楽観的な見方を示した。

一方、ユーザー自身によるエラー(パスワードやデバイスの紛失)やハッキングを見落としてはならないと注意を喚起し、取引所が問題に対処することが可能だと述べた。その際、取引所が実際に仮想通貨を管理するため、ユーザーのアカウントにアクセスする能力を有することが必要となるが、それは「避けられないトレードオフだ」とブテリン氏は述べた。

DEXとは

「Decentralized EXchange」の略で、中央管理者がいない取引所を指す。中央管理者を介さずに当事者間で直接取引できるため、管理者に手数料を支払う必要がないなどのメリットを持つ。

▶️仮想通貨用語集

短期的にはカストディ型取引所(例:コインベース)と非カストディ型取引所(例:Uniswap)の二つの選択肢から、問題が発生した場合の資金損失のリスクを取引所に委ねるか、自分自身が管理するかを判断する必要がある。

しかし、理想とされる解決策は、長期的には、ユーザーが資産を管理するセルフカストディであり、ユーザー自身が緊急事態に対処できるようすることだと同氏は主張する。将来的にはユーザー資金をvalidiumスマートコントラクトに預けるなど、暗号技術の制約を受けたCEXも誕生するかもしれないと述べた。また、仮想通貨ではなく法定通貨のみを預ける「半カストディ」型の取引所が出てくる可能性にも言及した。

関連:自己管理型のハードウェアウォレット、週間売上高が過去最高に

ブテリン氏はカストディ型取引所の安全性を向上させるためには、準備金の証明を公開することが最も簡単な方法だと指摘。準備金証明は資産証明と負債証明の組み合わせから構成されるため、それぞれのプロトコルを開発する必要があり、技術的な課題もあるという。しかし、開発に全力を尽くすと共に、ソフトウェアやそのプロセスを可能な限りオープンソース化し、すべての取引所が恩恵を受けられるようにすべきだと同氏は強調した。

バイナンスの計画

バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOは14日のAMAセッションにて、ブテリン氏と資産証明について話し合ったことを報告。ブテリン氏が考案する資産証明のプロトコルを、バイナンスが実装し「実験台」となる計画があることを明らかにした。

関連:CZ氏「バイナンスは安全に運営されている」

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧