CoinPostで今最も読まれています

自己管理型のハードウェアウォレット、週間売上高が過去最高に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ハードウェアウォレットの売上急増

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの破綻により、自身で資産を保管する手段への需要が高まっているようだ。前週末にかけて、Ledger社やTrezor社が製造するハードウェアウォレットの週間売上高が大幅に急増したという。

ハードウェアベースのウォレットは「コールドウォレット」と呼ばれ、仮想通貨の保存、送信、および受信に使用される。利便性に長けたホットウォレットとは異なり、ウォレットの「秘密鍵」をインターネットから隔離された状態で保管するため、ネットを介したハッキング攻撃被害を物理的に遮断できるメリットがある。

Ledger社のPascal Gauthier最高経営責任者(CEO)は、米仮想通貨メディアDecryptに対して以下のように述べている。

先週、Ledger過去最高の売上を記録した。先週日曜に過去最高を記録し、翌月曜日にさらに更新した。明らかに人々は分散化の重要性に立ち戻り、セルフ・カストディの必要性に気付きだしている。

ビットコイン保有者の中では、以前から「Not your keys, not your coins(秘密鍵を持っていないなら、ビットコインの所有権はない)」という格言がある。これは、2014年2月にビットコイン(BTC)取引所「マウントゴックス」の破綻により生まれた教訓でもある。

Gauthier氏は、「この格言は仮想通貨の歴史と同じくらい古いものだが、これほど適切なものはない」と加えた。

マウントゴックスとは

2010年から2014年にかけて運営された、東京を拠点とするビットコイン取引所。ハッキング被害によって閉鎖しており、これをきっかけにして、取引所がハッキングされたり、誤送信などで仮想通貨を失ったりすることを「GOXする(ゴックスする)」と呼ぶ慣習が生まれた。同社が保有する約14万ETCについて債権者への返還手続きが進められている。

▶️仮想通貨用語集

関連:マウントゴックス、債権者が弁済情報を登録する新機能をリリース

リスクの取り方を再考

Trezor社もまた、Ledger社と同様にセールスが記録的に急増しているという。TrezorのビットコインアナリストJoseph Tetek氏が、「11月7日以降に売上が指数関数的に増加した」とDecryptに対して認めている。

ハードウェアウォレットが普及しなかった背景には、投資家が自分で仮想通貨を管理することで生じる複雑な手間や、秘密鍵や復元可能なシードフレーズの紛失・盗難などのリスクへの懸念があった。

仮想通貨投資の初心者や莫大な資金を扱う機関投資家が、セキュリティや利便性を鑑みて取引サービスプロバイダーに資産を預託する方を好んだとしても想像に難くない。

Tetek氏は「自己保管ウォレットへの関心が高まっていることは歓迎するが、現在の需要の急増がFTXの資金が大量に失われた結果であることは嬉しくない」と複雑な心境を語っている。

11月7日は、市場も半信半疑だったFTXの財務リスクが本格的に危惧された日である。FTXのライバル企業で業界最大手の取引所バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOが、「最近明らかになった事物」を理由に、保有する21億ドル(3,000億円)相当のFTTを今後全て売却する方針を表明。

関連:仮想通貨市場に激震、アラメダショックとFTX騒動の動向まとめ

FTXの姉妹会社アラメダ・リサーチを巡る財務懸念の信憑性が高まり、取引所から投資家が資金を引き上げる「バンクラン(取り付け騒ぎ)」が加速した。

その後の調査で、FTXが顧客資産の一部を融資に流用していたことが明らかになったほか、破産申請後に600億円の仮想通貨の不正流出が発覚。こうした事態はCEX全体への信頼失墜となり、バンクランは他の仮想通貨取引所にも伝播している。

仮想通貨市場の多くの著名人が、仮想通貨を自己保管することの重要性を改めて呼びかけている。バイナンスのCZ氏は仮想通貨を自分で管理することの重要性についてツイート。同社が2018年に買収したウェブ・モバイルウォレット「Trust Wallet」の使用を促した。

これを受けて、BNBチェーン基盤のトラストウォレットトークン(TWT)は、1.14ドルから2.75ドルまで2.4倍以上高騰。トラストウォレットトークン(TWT)やSafePal(SFP)など関連銘柄も上昇した。

Trust WalletはMetaMaskと同様にソフトウェアベースのホットウォレットと呼ばれ、デバイスに秘密鍵を暗号化形式で保管し、インターネットに接続して使用する。TrezorやLedgerなどコールドウォレットに比べて使い勝手が良いが、セキュリティ面で難がある。

米仮想通貨取引所クラーケンの共同創業者ジェシー・パウエル氏は「クラーケンを含む取引所で、トレードに必要以上のコインを保管しないようにしてほしい」と主張。LedgerとTrezorを使用するよう促した。

パウエル氏はまた、自己保管型ウォレットと同様にFTX騒動によりトレーディング基盤としての需要が高まっている分散型取引所(DEX)のリスクを指摘。スマートコントラクトの脆弱性が突かれて約50億円が盗まれたThe DAO事件を例示した。

11月8日以降、DEXカテゴリーの総取引量は22年5月のテラ(LUNA)ショック以来最大となる、1.54兆円(110億ドル)規模まで拡大した(DeFillama調べ)。

The DAOとは

参加者の投票によって投資先を決定する非中央集権ファンド。その革新性に注目が集まり、わずか二週間のうちに約150億円を調達したが、稼働後にプログラムの脆弱性を利用した攻撃によって、約50億円が盗まれた(The DAO事件)。

▶️仮想通貨用語集

関連:分散型取引所がFTXの後釜に、GMXやDYDXの関連トークンが高騰

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア