CoinPostで今最も読まれています

ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

有望なユースケース

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は5日、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考える主なユースケース5選を紹介した。

ブテリン氏が取り上げた5つのカテゴリーは以下の通り。

  1. お金:ステーブルコインの重要性
  2. DeFi(分散型金融)
  3. デジタル・アイデンティティ
  4. DAO(分散型自立組織)
  5. ブロックチェーンと他システムのハイブリッド

ブテリン氏の「イーサリアムに対する熱意」は、数年前のように「未知数の可能性」といった抽象的なものではなく、すでに「検証され、さらに強化されつつある」と考察。今後のユースケースはすでに議論されたアイデアから派生すると分析している。

ブテリン氏はまず、お金が暗号資産(仮想通貨)の最初のユースケースであり、今でも最も重要なアプリケーションだと指摘。一方、価格変動の大きさを考慮すると、実際に仮想通貨を貯蓄やビジネスに利用するのが困難であることも認め、ステーブルコインが重要な役割を果たすと主張した。

関連:初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

ステーブルコインの展望

同氏はステーブルコインは主に以下の3種類に分類。現在主流となっているUSDCやテザー(USDT)のような中央集権型ステーブルコインは利便性が高い反面、米国のマクロ経済及び政治的安定性に依存しているため、長期的には代替策が必要だとの持論を示した。

  • 中央集権型
  • DAOが実世界の価値(RWA)を管理するタイプ
  • ガバナンスを最小化し、仮想通貨を担保とするタイプ

一方で、ブテリン氏はDAOが管理するRWA担保型のステーブルコインは今後、十分な堅牢性や検閲耐性、スケーラビリティ、そして経済的実用性を兼ね備えることができれば、「満足できる媒体」となる可能性が高いと楽観的な観測を示した。

DeFiのメリットと課題

また、ブテリン氏は分散型金融(DeFi)について以下のような見解を示した。

分散型金融は、最初は公正だが限定的な分野として始まったが、のちに持続不可能な形態のイールドファーミングに依存した、過剰資本の怪物のようなものになってしまった。

しかし、現在DeFiは落ち着きを取り戻しつつあり、セキュリティを向上させ、特に価値のあるいくつかのユースケースに再度フォーカスし始めたと評価。特に分散型ステーブルコインは最も重要なDeFiの産物だと考察した。

そのほかにもDeFiの重要なニッチとしては、予測市場、主要な株価指数や不動産、他の資産と効率的に取引するためのレイヤーが考えられると述べた。

イールドファーミングとは

DeFi(分散型金融)で、レンディングやDEX(分散型取引所)などのサービスに資産を貸し出し提供することで、金利や手数料収入を得る運用モデル。イールドは”利回り”、ファームは”耕す”を意味する。

▶️仮想通貨用語集

関連:DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

アイデンティティのエコシステム

ブテリン氏はブロックチェーンを活用したアイデンティティ(ID)の取り組みを三つ目の有望なユースケースとして取り上げた。

IDエコシステムのユースケースの一つには、イーサリアムアドレスを単純なユーザー名に簡素化するイーサリアム・ネーム・サービス(ENS)がある。

同氏は、「ブロックチェーン・アイデンティティ」には強気だが、さまざまな身元確認や証明を一元管理するような集中型のプラットフォームには懐疑的だと説明。「多くのプロジェクトが、個々に価値のある特定のタスクに取り組み、時間をかけて相互運用性を高めていく有機的なアプローチ」を推奨した。

また、IDエコシステムの課題としてプライバシーを挙げ、アプリケーションごとに意図的に取り組むことが重要だと指摘。オンチェーンとオフチェーンの情報を組み合わせたり、ゼロ知識証明ベースの暗号化技術「ZK-SNARK」などの技術を多用するべきだと述べた。

関連:高額取引されるイーサリアム・ネーム・サービス(ENS)とは 歴代トップセールスや利用用途を徹底解説

これまで提唱されてきたIDの仕組みなどにはPOAPやSBT、SIWE(Sign in with Ethereum)などがその他の事例として紹介した。

SBTとは

Soulbound Tokenの略称。一度受信するとその後取引や譲渡が不可能なNFT。ユーザー認証など本人証明などアイデンティティ(ID)におけるユースケースが期待されている。

イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏など複数の開発者が2022年初頭に提唱したコンセプト。

▶️仮想通貨用語集

関連:「Soulboundトークン(SBT)」とは

DAOとハイブリッド型のアプローチ

ブテリン氏は分散型自立組織(DAO)の在り方について、ガバナンス構造とその構造を実装する意味について問いかけ、詳細な議論を提示した。

DAOとは

組織やコラボレーションのためのブロックチェーンのユースケースの一つ。経営者のような中央管理者が存在せず、コミュニティによって運営され、トークンを保有するすべての参加者が意思決定に参加できる。活動に対する報酬をトークンで受け取ることができ、より公平で民主的な組織構造を作ろうとするコンセプト。

▶️仮想通貨用語集

同氏は最後に完全なオンチェーンではなく、他のシステムと組み合わせることで、信頼性が向上し、うまく機能するハイブリッド型のアプローチを提唱。投票や政府の登録簿、企業会計、またゲームやサプライチェーン、アクセス権限の追跡などを事例として挙げた。

一方で、今後の課題として、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題やプライバシーの問題があるとブテリン氏は考察。このような問題は解決可能であるとともに、解決しようとする強い意志が業界には存在すると楽観的な見方を示した。スケーラビリティ問題に関しては、ロールアップ技術の急速な進歩で、トランザクション速度が向上している例を紹介した。

関連:イーサリアム共同創設者ブテリン氏が語る、ロールアップ技術の展望と課題

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/09 木曜日
17:13
2023年初のビットコインデリバティブ相場をプロが解説|仮想NISHI氏寄稿
2023年以降の暗号資産(仮想通貨)反発の背景は?ビットコイン(BTC)デリバティブ市場を金融のプロが分析。暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が市場動向を解説。
12:55
ドバイの規制当局 匿名性の高い通貨禁止に
アラブ首長国連邦ドバイの仮想通貨規制局は、ビットコインなど仮想通貨関連の規制ガイドラインを発表。匿名通貨を禁止することを盛り込んでいる。
12:44
富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表
IT大手の富士通は、Web3サービスの企画や実証実験などを目的としたプラットフォーム「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」を発表した。日本国内で2023年3月から、グローバルには2023年度以降に無償提供を開始する。
12:35
ビットコイン22500ドルまで下落、ASTRやGARIは一時高騰
FRB高官発言や地政学リスクで軟調な米株指数に伴いビットコインが続落した。個別銘柄では、日本発のAstar(ASTR)が一時前日比40%高と急騰した。韓国大手取引所Upbitへの上場が発表された。
11:50
米クラーケン、未登録証券提供でSECが捜査=報道
米大手仮想通貨取引所クラーケンが、米国の顧客に対し未登録の証券を販売した可能性があるとして、米証券取引委員会による捜査が進行中であると、ブルームバーグが報じた。
10:55
米コインベースCEO、仮想通貨ステーキング禁止の噂に警戒
コインベースのブライアン・アームストロングCEOは8日「米証券取引委員会がステーキングを禁止しようとしている」との噂について投稿。3月のイーサリアムShanghaiアップグレードの前に不穏な空気になりうるか。
10:30
米ロビンフッド、仮想通貨取引収益が24%減 4Q決算発表
米投資アプリのロビンフッドは8日、2022年第4四半期(10~12月)の決算報告を発表。仮想通貨取引による収益は、前四半期と比較して24%減少した。
09:25
FTX、内部関係者を証人として召喚へ
破綻した仮想通貨取引所FTXは、サム・バンクマン=フリード前CEOらの内部関係者を証人として召喚できる認可を裁判所から得た。同社に関する重要情報を提供するよう要請することが目的である。
08:05
バイナンスら結成の業界連合、多くの企業が参加表明
バイナンスは、仮想通貨業界の信頼を回復するため、企業連合の結成に取り組んでいる。取引所やブロックチェーン分析企業など、すでに多くの企業が参加を表明しているという。
07:25
ナスダック反落 FOMC委員発言の影響などで|9日
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。グーグルの親会社アルファベットの下げが目立った。消費者向けAI分野での競争にはマイクロソフトやグーグルの他、アリババなども参戦してきた。
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
2023/04/14 ~ 2023/04/16
その他 未定
重要指標
一覧
新着指標
一覧