CoinPostで今最も読まれています

NEARの「Octopus Network」、4割人員削減へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3スタートアップの生存戦略

暗号資産(仮想通貨)NEARプロトコル(NEAR)のエコシステムにて、相互運用性ソリューションを構築するOctopus Network(OCT)は26日、運営体制の大規模なリストラ計画を発表した。

希望退職募集制度により、コア運営陣の40%(30人中12人)を解雇し、残留するスタッフの給与を20%カットする。さらにチームへのOCTトークン配布によるインセンティブは無期限停止となる。

Octopus Networkは、ビットコイン(BTC)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)など複数のブロックチェーンと相互運用するためのプロダクト。「Rainbow Bridge」というブリッジを介して、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンとも送金ができる。

Octopus Networkの創設者Louis Liu氏は、仮想通貨市場の弱気相場(クリプト・ウィンター)が長期化すると見て、事業のスリム化を図る。特に、コスモスやポルカドットの開発ツールで構築された、アプリケーション固有チェーンとの接続に注力する方針だ。

最も重要なことは、Octopus Networkがクリプト・ウィンターを生き残り、来るべきブロックチェーンのインターネットにおいて重要な位置を占めるようにすること。そのため、来年は業務を凝縮し、構築に専念する。

関連:インターチェーン時代の幕開けか、Cosmosでクロスチェーンのトークン転送が可能に

Octopus Networkとは

開発企業Octopus Networkは2019年にセーシェルで設立されたが、LinkedInによると運営拠点は主に中国にあるようだ。同社は21年8月のシリーズAまでに延べ約9億円(800万ドル)を調達した。

Louis Liu氏は2013年以来暗号資産(仮想通貨)産業に携わってきた人物。同氏は、今回の仮想通貨市場の弱気相場は、自身が体験した2014-2015年と2018-2019年のものと異なると指摘した。ますます伝統的な金融機関が関与した結果、仮想通貨市場は以前よりマクロ経済の影響を受けているという。

2020年3月、新型コロナウイルスの混乱により世界経済の不確実性が高まる中、米連邦準備制度理事会(FRB)は所謂「量的金融緩和(QE4)」を実施。政策金利をそれまでの1.75%から0.1%まで引き下げると、リスク資産に資金が流入する中で株価や暗号資産は高騰。

しかし、2022年に入ると、インフレ懸念などから米国の金融政策が緩和から引き締めへシフト。年初から金利上昇と米ドル高が続く一方、株価やビットコインなど暗号資産市場から資金が抜け、下落が続いている。

こうした状況下で、市場はFRBの方針転換のタイミングを注視している状況だ。Liu氏はこうした金融市場の影響力は、ビットコインに訪れる4年毎の半減期よりも大きいとする見解を示している。

多くの人が、資本市場は緩やかにリスクオンに戻ると考えている。クリプト・ウィンターは少なくともあと1年、もしかしたらもっと長く続くかもしれない。ほとんどのWeb3スタートアップは生き残れないだろう。

半減期とは

ビットコインなど仮想通貨のマイニング報酬(=新規発行量)が半分に減るタイミングを指す。仮想通貨にはインフレを防ぐために「発行上限」が定められているものが多く、一定周期で訪れる半減期の度に、新規発行量が半分に減る仕組みになっている。供給量が減ることで希少価値が大幅に上昇し、価格が高騰しやすくなるため、仮想通貨特有の注目イベントでもある。

▶️仮想通貨用語集

関連:初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 金曜日
07:50
仮想通貨Jito(JTO)、バイナンスやBybitにも上場 価格高騰
ソラナの大手リキッドステーキングJitoのガバナンストークン「JTO」は昨夜、仮想通貨取引所大手コンベースやバイナンス、Bybitに上場し価格が暴騰していた。
07:40
Uphold、補助型のセルフカストディウォレット提供へ
Web3金融プラットフォームUpholdは、補助型のセルフカストディウォレットをローンチ。まずは仮想通貨XRPに対応し、今後はビットコインなどにサポートを拡大する。
07:05
SECのビットコインETF審査 最終段階か=ロイター報道
米証券取引委員会(SEC)と申請企業の間で重要な技術的な詳細について協議が進んでおり、近く仮想通貨現物ビットコインETFを承認する可能性があることが示唆された。
12/07 木曜日
17:00
「Beyond The Price」、未公開内容や過去のまとめを配信
第11回のGM Radio:Beyond The Priceは2日に公開。仮想通貨ビットコインなどについて過去の配信をまとめ、未公開の内容も追加した。
15:00
「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO
米ヘッジファンドARK Investのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会によるビットコイン現物ETFの承認は、仮想通貨投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があると述べた。
14:30
仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行
ソシエテ・ジェネラルがイーサリアムでユーロ連動ステーブルコインEURCVを発行。暗号資産(仮想通貨)取引所Bitstampに上場。入出金時にはKYC(顧客確認)およびAML(資金洗浄防止)コンプライアンス手続きが適用される。
14:20
IEO後に高騰したアイドルトークン「NIDT」の裏側|関係者インタビューvol.1
関係者インタビュー NIDT(Nippon Idol Token)は、web3時代の女性アイドルを創造する「IDOL3.0 PROJECT」の独自暗号資産(仮想通貨)です。 I…
13:55
コインチェックがアバランチの取扱いを開始 
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックがアバランチ取り扱い開始。AVAXの取扱いを皮切りに、クリプト技術を活用し社会や経済に実際の利益をもたらすプロジェクトを支援していく方針を示す。
13:30
サザビーズ、ビットコイン版NFT「Ordinals」のオークション初開催
サザビーズはビットコイン版NFTプロジェクト「オーディナル」作品で初めてのオークションを開催。「BitcoinShrooms」の入札を行う。
12:27
ビットコイン、時価総額で世界9位の資産に 
暗号資産(仮想通貨)ビットコインが時価総額8,500億ドルを超え世界第9位に。ウォーレン・バフェット率いるバークシャーを上回り、エヌビディアを追う勢い。首位の金(ゴールド)市場の1/16ほどの規模となった。
12:00
カシオからNFT「VIRTUAL G-SHOCK」限定販売
カシオ計算機が「VIRTUAL G-SHOCK NFT」のセールを行う。耐衝撃性を誇るG-SHOCKの未来モデルをバーチャルに再現。限定2000個のユニークなデザインが0.1ETHで登場。ユーザー参加型のオンラインコミュニティが生んだ、先進的なデジタルコレクション。
10:30
米地裁、バイナンスCZ前CEOの有罪答弁を受理
米国地方裁判所の判事は、仮想通貨取引所バイナンスの前CEOであるCZ氏の有罪答弁を受領した。今後、量刑が行われることになる。
10:02
JPモルガンのダイモンCEO「私が米政府にいれば仮想通貨を禁止する」
JPモルガンのCEOは、米公聴会で仮想通貨を強く批判した。ビットコインなどの仮想通貨に強く反対しているとし、もし自身が政府にいれば、仮想通貨を禁止すると主張している。
07:35
Bitcoin Core、最新バージョンをリリース
仮想通貨ビットコインのソフトウェアBitcoin Coreは、最新バージョンv26.0がリリースされた。一方で、OrdinalsやBRC-20トークンの発行ができなくなる可能性が浮上している。
07:20
仮想通貨Worldcoin、分散化目標と助成金プログラムを初公開
OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が他のメンバーとともに立ち上げたAI・仮想通貨プロジェクトWorldcoinは、初の助成金プログラムを公開した。開発者の参入を促す狙いだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧