CoinPostで今最も読まれています

マスターカード 音楽NFTアクセラレーターを発表、ポリゴンを採用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マスターカードのWeb3アクセラレーター

決済大手のマスターカードは6日、音楽アーティスト向けのWeb3(分散型ウェブ)育成プログラム「Mastercard Artist Accelerator」を発表した。ポリゴン(MATIC)ブロックチェーンを基盤として採用する。

2023年春にスタートするこのプログラムは、選ばれた5名の音楽アーティストがNFTを発行し、オンラインでのWeb3体験を通して、コミュニティの確立やブランド構築のプロセスを学べる機会となる。

音楽コンテンツの作成やコラボレーション機会の創出だけでなく、Web3メンターによりコンテンツの所有権に関する知識を学ぶ機会を得る。2023年後半に予定されるフィナーレでは、リアルタイム配信のショーケースが開催される。マスターカードは以下のように述べている。

Mastercard Artist Acceleratorは、ミュージシャン、DJ、プロデューサーなど5人の新進アーティストに、デジタル経済で独自の道を切り開くためのツール、スキル、アクセスを用意する。

当プログラムは、音楽シーン全体の成長を目的としているため、ファン側も参加可能。限定版NFTであるMastercard Music Pass保有者は、プログラムの教材や、コラボレーションによる限定コンテンツ、現実とメタバースで開催される各種イベントに参加できる。

マスターカードのマーケティング責任者Raja Rajamannar氏は以下のように述べている。

当社のビジョンは、情熱と目的の架け橋となり、素晴らしい新進アーティストにスポットライトを当て、参加者が共に学び、実験し、成長できるようなインタラクティブなコミュニティを作ることだ。

ポリゴンエコシステムにおいて、ブロックチェーンゲームとNFT(非代替性トークン)に特化した企業Polygon StudiosのRyan Wyatt CEOは以下のように述べている。

Mastercard Artist Acceleratorは、多くのブランドを取り込むこの新しい領域のパワーを示すだけでなく、消費者に参加方法を教育するツールを提供する。これは、Web3の利点をより多くの人々に開放するための重要な一歩だ。

Wyatt氏はまた、Web3には「ファンベースを増やし、収入を得て、自己表現とつながりを自分の言葉で表現できる、新しいタイプのアーティストに力を与えるポテンシャルがある」と指摘した。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴としては、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

関連:マスターカード、ポリゴン上のNFT購入デモを紹介

音楽業界とWeb3

音楽領域では、ブロックチェーンやNFTの普及が進行。大手音楽レーベル、スタジオ、プロモーターもNFT分野に参入している。

22年2月には、米国の大規模音楽フェスティバル「コーチェラ」がNFTコレクション「Coachella Collectibles」を発行。同月には、米ミュージシャンのスティーブ・アオキ氏が、展開する自身のNFTからの収益が音楽の印税収入を大きく上回ったことを明かした。

12月には、米大手音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージック・グループ(WMG)が、ポリゴン(MATIC)や、NFTの音楽プラットフォームを開発するLGND.ioとのパートナーシップ締結を発表した。3社は共同で音楽NFTプラットフォーム「LGND Music」を23年1月にローンチする予定だ。

関連:米ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携 音楽プラットフォームをローンチへ

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーン上で管理・取引を行うことで、デジタルコンテンツの作成者、保有者、取引履歴などの情報が保存される。固有のIDが付与されることにより、唯一無二のものであることが証明される。

音楽NFTは、曲、アルバム、音楽、歌詞、サウンドバイトを基盤に作られ、音楽や.gif・.jpgなどのデジタルアートと組み合わされて、ユニークなマルチメディア・パッケージとして作成されている。中には、歌詞やアーティストからのメッセージなど、追加コンテンツを付加しているものもある。

▶️仮想通貨用語集

関連:音楽NFTの可能性と考慮すべき法的論点とは|Gamma Law寄稿

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB総供給量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア