CoinPostで今最も読まれています

音楽NFTの可能性と考慮すべき法的論点とは|Gamma Law寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

音楽業界で存在感を増すNFT

非代替性トークン (NFT)は、音楽シーンでの存在感を増し、所有権を証明できる印をオーディオデジタルデータに付与できる革新的な技術として注目されています。最新の展開は、バーチャルセレブリティとして作成されたNFTです。これらのNFTは、ミュージックビデオやビデオゲームなど、数種のメディアやプラットフォームに登場することも考えられます。

アバター基盤のNFTを取り巻く関心は急速に高まっており、パリス・ヒルトンからジミー・ファロン、ステフ・カリー、エミネムなどのメガセレブでさえNFTをミントし投資しています。NFTの売上は驚異的で、2020年の9500万ドルから2021年には250億ドルに増加しています

アメリカの次世代ロックスターはアバター?

NFTは、曲、アルバム、音楽、歌詞、サウンドバイトを基盤に作られ、さらに音楽や.gif・.jpgなどのデジタルアートと組み合わされて、ユニークなマルチメディア・パッケージとして作成されています。NFTの中には、歌詞やアーティストからのメッセージなどの追加コンテンツをPDFに付加しているものもあります。

音楽バンド「キングス・オブ・レオン」が2021年に初めてNFT基盤の音楽アルバムをリリースしました。

有名なNFTクリエイターのジェイス・ケイ氏は、「The NFTs」というバーチャルバンドを作り、NFTの人気猫コレクション「Cool Cats」を祝った「I’ve Got a Cool Cat Too」という曲まで作りました。「The NFTs」は、近日中に楽曲とともに、独自のミュージックビデオを公開する予定です。「The NFTs」は、StereoheadZ NFTコレクションのスポーツキャラクター3人と、伝説のBored Ape Yacht ClubのCaptain Trippyをはじめとする実在の人物に支えられた4人の仮想バンドメンバーで構成されています。

彼らの音楽は、SpotifyとApple Musicで配信されています。NFTの価値は、トークンそのものの価値というより、「有名人」の人気に連動されることになります。音楽NFT(ミュージックNFT)の人気が高まる中、このトークンを通じて他のアーティストとコラボレーションする計画もあります。

この音楽NFTを購入するためには、StereoheadZ Music Clubの会員であることが条件となります。これらの音楽NFTの所有者は、メディア、ストーリー、その他のデジタルプラットフォームにおけるキャラクターの派生物の作成と使用、およびソーシャルメディアの管理に関する全権利を獲得します。

さらに、StereoheadZは、コミュニティ内で音楽グループを発掘し、促進するための「Battle of the Bandz」コンペティションを開催する予定です。彼ら自身の音楽レーベルであるSZMC Musicが、新バンドの発掘、レコーディング、マネージメント、プロモーションをサポートすることになっています。

音楽業界大手も参入

大手音楽レーベル、スタジオ、プロモーターもNFT分野に参入しています。

今年初め、象徴的レーベルであるアトランティックやワーナー・レコード、そしてエド・シーランやリゾ、デュア・リパといった有名ミュージシャンを多数抱えるワーナーミュージックグループは、Green Web3 Company のOneOf、そしてNFTの分散型取引所(DEX)であるブロックパーティと共に、さまざまなアーティストの独占NFTを作成すると発表しました。彼らは、収集及び生成できるプロフィール写真(PFP)から音楽使用料や体験まで、さまざまなNFTを提供しています。

このコラボレーションが、ミュージックビデオやアニメーション、音楽番組、さらにはコーチェラ・フェスティバルなどのイベントチケットとして収入を得ることで、実質的に本物のセレブのような生活をするNFTを生産しているのです。さらに、これらのコラボレーションは中間業者を排除するため、アーティストはファンと直接つながり、かつてないほどに芸術媒体をコントロールすることができるのです。

NFTのオーナーは、ミュージックビデオなどの「オーディション」に参加させることもできます。ジェイス・ケイ氏は、Bored Apes、Cool Cats、StereoheadZといったNFTをミュージックビデオに出演させるためにAvaCastというプラットフォームを作りました。NFTは、曲を録音したり、ミュージックビデオを制作したりと、自分たちの音楽キャリアを持つことができます。もちろん、NFTはオーナーによって管理されます。ワーナーミュージックグループは、NFT独自の「キャスティングコール」を発表する予定です。

音楽NFTは、慈善活動のための資金集めにも利用できます。NFTは、営利目的であれ、チャリティであれ、既存の音楽作品を販売するために設計することが可能です。StereoheadZ Music Communityは、NFTの売上の一部をSZMC Community Fundに寄付し、クラブメンバーの創造性とコラボレーションを促進するために役立てています。

21年末には、ホイットニー・ヒューストンが17歳の時に録音した未発表の音源がNFTとしてミンティングされました。それはOneOfのNFTオークションプラットフォームに置かれ、Tezos(XTZ)ブロックチェーン上で最高値のNFTとなる100万ドルで落札されました。新規NFT所有者は、この曲のフルバージョンにアクセスできますが、NFTの契約には、録音そのものに対する権利や、楽曲が明らかになるように別の場所で公開する権利は含まれていませんでした。売上は、新進音楽アーティストを支援するホイットニー・E・ヒューストン・レガシー財団に寄付されました。

音楽NFTとスマートコントラクト – 法的課題

音楽NFTは、アーティストが自らの作品やキャリアをコントロールできる大きな可能性を秘めていますが、一方で考慮すべき法的問題もあります。

過去には、アーティストが作品に対する報酬を受け取る一方で、知的財産権を失うことも珍しくありませんでした。さらに、NFTを音楽分野に活用するメリットには、アーティストが作品に対してロイヤリティを継続的かつ正確に受け取ることができること、また音楽の内容についてもより大きな発言権を持つことができることがあります。

ブロックチェーンとNFTは、一次および二次再販権を容易に実現できるため、アーティストは、作品の将来的使用と再販に対してロイヤリティを受け取る権利を記録し、契約を作成することができます。以前は、音楽スタジオがアーティストの活動内容を管理し、多くの場合契約を結び収入額を決めていましたが、NFTによってアーティストは知的財産とロイヤリティの構造をはるかに大きくコントロールすることができるようになります。

NFTはそれぞれがユニークであることから、他の当事者と交渉することなく、アーティストが望む条件でスマートコントラクトがブロックチェーンに記録されます。さらに、これらのスマートコントラクトは、エクイティ・クラウドファンディングの活動も取り入れることができるため、全ての寄付者は、収益の割合や生涯チケットなど、適切な報酬スキームに組み込まれることが可能です。スマートコントラクトを作成することで、NFTはアーティストに直接報酬を与え、音楽NFTの売買時には、クラウドファンディングの貢献者が公正な分け前を得られるように構成できます。

アップグレード可能なNFTが秘めるポテンシャル

さらに、音楽NFTは、そのスマートコントラクトが「アップグレード可能」であるように設定することができますが、これは非静的なデジタル資産であることを意味します。アップグレード可能なNFTは、コンサートのチケット販売開始など、ブロックチェーン上又はブロックチェーン外で発生する何らかのイベントやトリガーに反応します。

また、アップグレード可能なNFTにより、オリジナルのクリエイターと将来のコラボレーターが、すべてクレジットやコンテンツを変更する許可を得ることができます。一般的に、既に発表済み楽曲のリミックスを行う場合、著作権違反を避けるため、まずオリジナルのアーティストやその他の著作権者から許可を得たり、演奏権に関するライセンスを取得したりする必要があります。アップグレード可能なNFTでは、原作者がこれらの知的財産権を維持したまま、将来のNFT所有者がコンテンツをリミックスして独自の派生作品を作ることができるようにすることも可能です。

音楽NFTは、アーティストの作品管理から、正確又はより高い報酬の受け取り、慈善活動のための資金調達、中間業者の排除、アーティストとファンとの1対1の密接なコンタクトによる消費者体験の向上まで、音楽業界を変革する可能性を持っています。そしてその可能性は無限大です。ブロックチェーンとスマートコントラクトにより、NFTはアーティストやクリエイターが自らの運命をこれまで以上にコントロールできる未来を実現します。

寄稿者:David Hoppe(デイビット・ホッピ)David Hoppe(デイビット・ホッピ)
Gamma Law(ガンマ法律事務所)代表。デジタル・メディア、ビデオゲームとバーチャル・リアリティーを専門分野とし、最先端のメディア、テクノロジー関係の企業を、25年近くクライアントとしてきました。彼は、洗練さと国際的な視点を兼ね備え、スタートアップ業界、新興企業、またグローバル化使用とする企業の現実を、実践経験から理解する国際的な取引交渉弁護士です。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア