仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【2/13更新】

仮想通貨の重要ファンダまとめ
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

仮想通貨の重要ファンダまとめ

仮想通貨市場に影響を与え得るイベント情報をまとめ、随時更新。

イベント名注目度日程
Bakkt・CMEのSQ、カットオフ日★★★★☆2020年2月
BitfinexのBTCオプション★★★☆☆2020年Q1
主要銘柄の半減期★★★★☆5〜6月
NEM「シンボル」★★★★★2020年上半期
イーサリアム2.0★★★★☆2020年

CMEのSQ、カットオフ日

2月分のBakktのBTC現渡し先物・差金決済先物SQ、オプション取引のカットオフ日、CMEのBTC差金決済先物SQおよびオプションカットオフ日をまとめる。以下日本時間の表記になる。

  • BakktのBTC先物(先渡し・差金決済):2月19日 8時
  • BakktのBTCオプション:2月17日 8時
  • CMEのBTC差金決済先物:2月29日 1時
  • CMEのBTCオプション:2月29日 1時

CME3月限月の日程はこちら。

  • CMEのBTC差金決済先物:3月28日 1時
  • CMEのBTCオプション:3月28日 1時

Bitfinex、テザー建のオプション取引

Bitfinexは2020年Q1にも、仮想通貨オプション取引を開始する予定だ。

同取引所CTOは、「規制に遵守したオプション、バスケット型先物およびスワップ取引の提供に取り掛かっており、まずは2020年Q1にオプション取引の提供を予定する」と説明した。

仮想通貨取引所Bitfinex、テザー建のオプション取引を提供へ
取引所Bitfinexは2020年Q1にも、テザー建で仮想通貨オプション取引所を開始する。新規事業として、ゴールド版ステーブルコインや仮想通貨ギフトカードなどの新規プロダクトも導入する予定だという。

主要銘柄の半減期

2020年は、ビットコインだけでなく、BCHやZcash、モナコインやLisk(リスク)などの人気通貨が半減期を迎える。

  • BTC ≒5月12日 12.5⇨6.25
  • BCH ≒5月24日 12.5⇨6.25
  • MONA ≒8月29日 25⇨12.5
  • LSK ≒9月28日 2⇨1
  • ZEC ≒10月 12.5⇨6.25
1ヶ月で約3倍に 仮想通貨イーサリアムクラシック高騰に「5つの背景」
年初から3倍弱の価格高騰を記録する仮想通貨イーサリアムクラシック。その高騰背景と、今後のアルトコイン投資でも注目したい理由を解説。

NEM「SYMBOL」

仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbolを担当する移行委員会は、Symbolのローンチ目標時期を今年のQ2(4〜6月)に修正することを発表した。

「過去数週間に、ネットワークにいくつかのバグを発見したため、コアサーバーのコードベースに対応するアップデートと修正を実装するが、ネットワークのリセット/リスタートが必要だ」と、理由を説明している。

仮想通貨ネムのSymbol(シンボル) ローンチ目標時期を第2四半期に(4〜6月)
仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbolを担当する移行委員会は、Symbolのローンチ目標時期を今年のQ2(4〜6月)に修正すると発表。バグに対処するため、アップデートを実装する。
速報 仮想通貨ネムの「Symbol」、22年W杯のホテル建設で実利用へ
中東カタールで2022年に開催を予定する「FIFAワールドカップ」で、現地のホテル建設のプロジェクトを管理するプラットフォームに仮想通貨ネムの「Symbol(シンボル)」が利用される予定であることがわかった。

イーサリアム2.0

イーサリアム2.0のフェーズ0テストネット稼働が最終段階になる。ParityとPrysmatic Labsは2.0における初のマルチクライアントのテストネットを始めた。

現在の進捗で、フェーズ0のメインネットローンチは来年Q1に予定する。

関連etherscan、仮想通貨イーサリアム2.0の「ビーコンチェーン」テストネットに対応

仮想通貨イーサリアム 2.0のフェーズ0、最終テスト段階に
イーサリアム2.0のフェーズゼロ試運転が最終段階を迎えている。2020年Q1のメインネットローンチを目指し開発に全力を挙げているという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら