CoinPostで今最も読まれています

FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

30日の米NY株式市場ではダウは前週末比75ドル(0.77%)安で取引を終えた。6営業日続伸していたこともあり、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、売り優勢となった。

暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、年初来株価が約2倍まで反発していたコインベース株が8.48%安と反落。マラソンデジタルが10.59%安、マイクロストラテジーが4.9%安となった。

関連:米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場にも売りが波及し、ビットコイン(BTC)が前日比3.2%安の22,878ドルに。イーサリアム(ETH)は3.77%安の1,574ドルと主要アルトも軒並み下落した。

BTC/USD日足

ビットコインは年初来40%上昇し、足元ではRSI(相対力指数)やアルト相場の過熱感が高まっていたこともあり、米指数反落に伴い膨らんだポジションの持ち高調整が先行した。サポートライン(下値支持線)の22,500ドルを割らずに一旦反発したが、値幅調整としては不十分であり、さらなるダウンサイドリスクも指摘される。

先物金利市場では、2月2日午前4時(日本時間)に発表予定の次回FOMC結果で2会合連続の鈍化となる「0.25bp」の利上げを織り込みつつあるが、パウエルFRB議長の記者会見における今後の見通しやウクライナ情勢など地政学リスクに関する相場の不確実性は依然燻る。

政策金利の最終到達点である「ターミナルレート」に迫る中、昨年異例の金利引き上げペースを強行した副作用として、GDP(国内総生産)や企業業績などにどこまで負の影響を及ぼすか、欧米を筆頭に世界経済が中・長期的なスタグフレーションに陥るかどうかが今後の焦点となりそうだ。

ロイターが米金融大手JPモルガンのアナリスト見解として報じたところによれば、「欧州株買いの大半は、アルゴリズム主導のファンドによるもので、強気の新規買いではなくショートカバー(買い戻し)主体にすぎない」。

金融相場全体が、弱気相場の一時的な揺り戻しか底打ちか否かの“転換点”を迎えつつある中、ヘッジファンド関係者からは企業の業績悪化予測を見込んだ「絶好の空売りポイント」になり得るとの指摘もある。大きなネガティブサプライズなくFOMCを通過することができれば、相場のアク抜け感や将来的な米金融当局のピボット(政策転換)と景気悪化予想のせめぎ合いとなりそうだ。

ナイジェリアで大幅プレミアム

29日にかけてアフリカ大陸のナイジェリアでビットコイン(BTC)が急騰する場面があった。一時+60%ものプレミアム(価格乖離)を付け、1BTC=37,235ドルを記録した。米国市場の直近最高値は1BTC=23,966ドルだった。

Google Trendsによると、「Buy Bitcoin(ビットコインの買い方)」のGoogle検索数で、ナイジェリアが世界首位に急浮上している。

背景には、ナイジェリアの中央銀行が現金自動預け払い機(ATM)および相対(OTC)取引による現金の引き出し制限を1月以降に実施したほか、旧紙幣と新紙幣の入れ替え期限が迫り、市民の混乱に拍車をかけたことがある。

同国の経済規模はアフリカ諸国で最大規模にあるものの、引き出し可能な額は1日あたり20,000ナイラ(約5600円)に限定される。

政府は引き出し制限の目的にマネーロンダリング(資金洗浄)リスク排除とインフレ率引き下げを掲げているが、同国の法定通貨「ナイラ」は通貨安が止まらない状況にあり、ビットコインやゴールドなどの代替資産に資金を退避させる動きが急速に高まっている事情も垣間見える。22年12月にはインフレ率21.3%に達した。

ナイジェリアの連邦高等裁判所は21年10月、ナイジェリア中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)「e-Naira」の導入を承認したが、認知やインフラ整備の遅れなどにより昨年時点の採用率は0.5%に留まるなど、思うように普及は進んでいない。

関連:ナイジェリア、中央銀行デジタル通貨「eナイラ」の発行を承認

アルトコイン相場

国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankが、日本発ゲーム特化型チェーンOasys(OAS)の上場を発表。

OAS価格は前日比8.22%高、前週比16.02%高の8.87円まで上昇した。

OAS/USD

関連:国内初上場、bitbankがゲーム特化型チェーンOasys(OAS)の取り扱いを発表

Oasysは、「Blockchain for The Games」をコンセプトに、ゲーム系IP(知的財産)ホルダーとゲーマー向けに構築されたブロックチェーンだ。これまで大きな課題となっていたゲームプレイヤーの取引手数料(Gas代)無料化や取引処理の高速化を掲げる。

Oasys(OAS)の初期バリデーター(承認者)には、スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコ研究所、GREEといった国内上場の大手ゲーム企業をはじめ、暗号資産取引所bitFlyerやAstarなど国内有数のweb3関連企業が含まれる。

関連:初心者でもわかる「Oasys(OAS)」とは|特徴や仕組みを解説

22年12月には、Galaxy Interactive、韓国ゲーム大手のネクソン、ZOZO創業者の前澤友作氏のMZ Web3ファンドらが参加した戦略投資ラウンドにおける資金調達完了。OKX、Kucoin、Bybit、Gate、Huobiの5つにOASを上場を果たしていたが、国内での取り扱い事例は今回が初めて。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/21 火曜日
12:50
ポリゴンとImmutable、ゲーム特化型ネットワーク「Immutable zkEVM」を発表
仮想通貨イーサリアムのL2スケーリングソリューションを構築する2つのプロジェクト、PolygonとImmutableがゲーム専用ネットワークを構築する計画を発表した。PolygonzkEVMとImmutableのゲーム開発ツールを組み合わせた「Immutable zkEVM」をリリースする。
12:47
「Aavegotchi」開発企業、39億円相当を資金調達
メタバースゲーム「Aavegotchi」を開発するPixelcraft Studiosは、複数年に渡るトークンセールにより約39億円を資金調達したと発表。資金はゲーム開発やマーケティングなどに充てる計画だ。
12:30
香港財務長官、Web3と仮想通貨の育成方針示す
香港の金融サービス・財務長官は、ビットコインなど仮想通貨とWeb3を育成する政策の進捗状況について報告した。ライセンス制度やステーブルコイン規制の整備についても話している。
11:55
「Microsoft Edge」、仮想通貨ウォレットをテストか
Webブラウザー「Microsoft Edge」に仮想通貨ウォレットを実装する目的で、IT大手MicrosoftがWeb3開発会社onsenSysと協業しているとの報道が出ている。テスト環境と見られるスクリーンショットでは、イーサリアムやステーブルコインのスワップ機能や購入画面が示されている。
03/20 月曜日
20:00
バイナンス、Arbitrum(ARB)上場予定
仮想通貨取引所大手バイナンスは、イーサリアム(ETH)のL2「Arbitrum(アービトラム・ARB)」の新規上場予定を決定した。
14:47
DeFi情報サイト「DefiLlama」で内紛か プラットフォーム分岐へ
DeFi分析プラットフォーム「DefiLlama」の開発者は、新たに別のプラットフォームを立ち上げると発表した。トークン発行などをめぐり、同社の中で争いが起きている模様だ。
14:43
元コインベースCTOが米ドルのハイパーインフレに警鐘、ビットコイン100万ドル到達に賭ける
米大手仮想通貨取引所コインベースの元最高技術責任者のBalaji Srinvasan氏は、米国でハイパーインフレが起こる可能性を警告し、ビットコインが今後3ヶ月で1億3000万円に達するという信じ難い賭けを提示した。
12:47
ビットコイン一時28000ドル台に、世界的な金融不安受けゴールドも高騰
スイス投資銀大手UBSによるクレディ・スイスの巨額買収合意が伝わり、暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが28000ドル台前半まで続伸した。世界的な金融不安を受け、金(ゴールド)価格も高騰している。
10:20
スイス投資銀大手UBS、4200億円でクレディ・スイスの買収合意へ
投資銀行大手UBSは、クレディ・スイスを約4,300億円で買収することに合意したと発表した。また、米国の仮想通貨企業は新たな銀行パートナーとしてスイスの金融機関に接触していると伝えられる。
09:00
「GM Radio」 次回はデータの資産化を目指す「Ocean Protocol」が参加
グローバル版CoinPostによる第14回GM Radioは、3月22日の21:00からツイッタースペースで配信予定。ゲストにデータの資産化を目指すOcean Protocolを招待する。
03/19 日曜日
11:30
米銀救済でビットコイン反転上昇、インフレ高止まりには不透明感も
国内大手取引所bitbankのアナリストが、米大手シリコンバレー銀行破綻の金融危機懸念から反転上昇した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米欧の金融不安に注目集まる
今週は、クレディ・スイスの経営不安に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、OpenAIがGPT-4をリリースして仮想通貨のAI関連銘柄が全面高になったことなど、一週間分の情報をお届けする。
03/18 土曜日
13:55
ビットコイン・レイヤー2「Stacks」、年初来で約6倍に高騰
ビットコインにスマートコントラクトレイヤーを提供する「Stacks」の資産価格が急騰している。23年にビットコインのユースケースが見直される中、DeFiのプラットフォームとして利用されるStacksも注目を集めている。
13:00
中国大手建設機械XCMG、メタバースに進出 BAYCのNFTを活用へ
中国の大手建設機械グループXCMGはメタバースやWeb3の分野に進出することを発表。BAYCのNFTを活用し、独自のNFTコレクションもリリースする計画だ。
12:00
BlockSec、NFTレンディングParaspaceから2,900 ETHの盗難を阻止
セキュリティ企業BlockSecは、NFTレンディング「Paraspace」へのハッキングを先回りすることで、2,900 ETH(6.59億円)が悪意のあるアクターに渡る事態を防いだことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア