CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン買い意欲は旺盛か、L2最大勢力のアービトラム(ARB)エアドロップへ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

23日の米NY株式市場では、ダウは前日比75ドル(0.23%)高、ナスダックは117ドル(1.01%)高と小幅反発で取引を終えた。

関連:米IT株・ナスダック反発 FOMC追加利上げから一夜明け|24日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比3.14%高の28,271ドル。

BTC/USD日足

前日の急落分の2,000ドル幅を全戻しする場面が見受けられるなど買い意欲は旺盛か。世界的なインフレ高進で物価高にあるほか、米大手銀行の相次ぐ破綻をきっかけに金融不安が高まり、ビットコインの“代替資産性”に再び注目が集まっていると見る向きもある。

NY先物市場では安全資産とされる金(ゴールド)が高騰し、1トロイオンス=1,600ドル台前半だった昨年11月から下値を切り上げ続けると、今月20日には2,000ドルの大台を突破した。

XAU/USD日足

ロシアがウクライナに軍事侵攻して地政学リスクが急速に高まった2022年4月以来の水準だ。

その後、心理的節目の達成感と過熱感から一時下落するも、積極的な押し目買いが入り、再び2,000ドル水準まで切り返している。

大口投資家の関心の高さは出来高にも表れ始めている。TheBlockのデータによれば、ビットコインの週間取引高は240億ドルに上昇し、過去最高値を更新するなど強気トレンドにあった2021年半ば以来の高水準に達した。

TheBlock1

先物取引量は2022年9月以来の水準まで上昇しており、1兆ドル水準に達した。

TheBlock2

規制強化の逆風も

一方、昨年11月に破綻した大手暗号資産取引所FTXの余波は続いており、米国を中心に規制面では逆風も吹いている。

22日には米SEC(証券取引委員会)が米大手取引所コインベースに対し、証券法違反の疑いでウェルズ通知を発行したことが伝わり、コインベースの株価が急落するなど市場参加者の混乱を招いた。

今月初めには、米取引所クラーケンが証券法違反で提訴され、米顧客向けのステーキングサービスの提供停止と和解金の支払いを余儀なくされた。ステーキングとは、一定量の仮想通貨を所定の期間預け入れることで、対価としてインカムゲインを得られる仕組みのこと。

関連:米SEC、証券法違反の疑いでコインベースを調査 ウェルズ通知を送付

米規制当局を巡る動きを受け、米ドル連動型ステーブルコインの勢力図にも変化が生じている。一時縮小傾向にあったテザー(USDT)のドミナンスが再び拡大しており、50%台を超えた。

ステーブルコイン・ドミナンス推移

背景にあるのは、USDTに次ぐ時価総額まで成長していたUSDCとBUSDのシェア縮小だ。

SECは今年2月、米ドル連動型のステーブルコイン「Binance USD(BUSD)」が有価証券であると主張し、発行企業パクソスがSECへの証券登録を怠ったとしてウェルズ通知を発行。米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)からもBUSDの新規発行停止を命じられた。

さらに今月初めには、シリコンバレー銀行(SVB)が経営破綻し、米ドル連動型ステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行するサークル社が33億ドル(約4500億円)を引き出せない状況に陥ったことで、1.00ドルからのディペグ(下方乖離)が発生した経緯がある。

関連:米サークル、シリコンバレー銀行で33億ドルのUSDC準備金の送金が保留状態に

アルトコイン相場

アルト市場の個別銘柄では、イーサリアム最大のレイヤー2ブロックチェーンでOptimisticロールアップ技術を使った「アービトラム(ARB)」のエアドロップが行われた。

今回のエアドロは総供給量100億枚の12.75%が相当し、Arbitrum OneおよびArbitrum Novaのユーザーが対象となった。

エアドロ直後の30分間で84,000を超えるClaim(請求)が殺到したことの負荷に耐えられず、Arbitrumの公式サイトがダウン。ARBの出来高は24時間で3億8800万ドルに達した。

エアドロップ上位には分散型ゲームエコシステムの「Treasure_DAO」、分散型取引所の「GMX」、分散型取引所の「Uniswap」が含まれる。DefiLlamaのデータによれば、預け入れ総額を示す「Total Value Locked(TVL)」は、オプティミズムの約2倍に達していた。

DefiLlama

関連:

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア