CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2「zkSync」、zkEVMのメインネットのアルファ版を全ユーザーに提供開始 開発企業のCEOが独自トークンに言及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアムで自由な経済圏を構築

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のL2プロジェクト「zkSync」は24日、スケーリングソリューション「zkSync Era」のアルファ版が、全てのユーザーに公開されたことを発表した。

zkSyncのミッションは「個人の主権のために仮想通貨の普及を加速させること」。zkSync Eraを稼働させてイーサリアムの処理をサポートするだけでなく、信頼の必要性や障壁のない自由な経済圏を築いていくという。

これまで段階的にローンチが進めされてきたzkSync Eraは、以前は「zkSync2.0」と呼ばれていた。今年2月にzkSync2.0を、事前登録したプロジェクトにだけ公開した際に名称をzkSync Eraに変更している。

関連イーサリアムL2「zkSync」、zkEVMのメインネットを開発者に提供開始

その時から1カ月超を経て、zkSync Eraは全てのユーザーが利用できるようになったが、まだアルファ版。これから利用が増加していく中で、出金に遅延が起きないか、脆弱性がないかなどを確認していく。

一方で、zkSync Eraを安全に稼働させるために、これまで約4.9億円(380万ドル)を費やしたという。ネットワークのテストを行ったり、複数回セキュリティ監査を実施したり、バグの報奨制度を設けたりして準備を進めてきた。

zkSync Eraの特徴

zkSync Eraは、イーサリアムの仮想マシン(EVM)と互換性を持つ「zkEVM」に分類されるL2ソリューション。ゼロ知識証明を導入したロールアップ技術「ZKロールアップ」を活用している。

ロールアップとは

メインのブロックチェーンのセキュリティを活用しながら、トランザクションの一部をオフチェーン(ブロックチェーン外)で処理することにより、ネットワークの混雑解消を図るスケーリングソリューションのこと。

▶️仮想通貨用語集

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

大きな特徴の1つとして挙げられるのは、最初から「アカウントの抽象化(Account Abstraction:AA)」に対応していること。イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は以前、「AAの実装は、イーサリアム開発者コミュニティの長年の夢である」と述べていた。

AAに最初から対応させることで、zkSync Era上に作られたアカウントは全て、イーサリアム以外のERC-20トークンで手数料を支払ったり、ガス代を肩代わりしてもらったりすることが可能になる。

なお、AAは今月、イーサリアムにも実装されたことが明らかになった。開発者はAAを導入してアプリケーションの構築を行えるようになっている。

関連イーサリアムが「スマートアカウント」を実装、ウォレットのユーザビリティ向上に期待

イーサリアムのL2ソリューションとして注目を集めるzkEVMは、ポリゴン(MATIC)やConsenSys、Scrollといったプロジェクトも開発。どのプロジェクトも本格的な実用化に向けて、開発が進んできた。

関連米ConsenSys、zkEVMの一般向けテストネットを3月28日にローンチへ

独自トークンの発行について

仮想通貨メディア「The Block」よれば、現時点ではzkSync Eraが独自トークンを発行する明確な予定はない。zkSyncを開発するMatter LabsのAlex Gluchowski CEOが「今の時点ではトークンは必要ない」と話したという。

関連イーサリアムL2「Arbitrum」、独自トークン配布実施へ 運営を分散化

現在トークンが必要ない理由は、運用の大部分が中央集権化されているため。アルファ版では、Matter Labsが独断でコードをアップグレードしたり、シーケンサーやプルーバーといった役割を管理したりするようになっている。Gluchowski氏は、シーケンサーを分散化される時にはトークンが必要になるだろうと語った。

また同氏は、UniswapやCurve、Balancer、Maker、SushiSwapなどの著名なDeFi(分散型金融)プロジェクトが、zkSync Eraを使用するとも明かしている。

関連今年初のGM Radio開催へ、ゲストはイーサリアムL2「zkSync」開発企業幹部

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧