CoinPostで今最も読まれています

イーサリアムL2「zkSync」、zkEVMのメインネットのアルファ版を全ユーザーに提供開始 開発企業のCEOが独自トークンに言及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアムで自由な経済圏を構築

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のL2プロジェクト「zkSync」は24日、スケーリングソリューション「zkSync Era」のアルファ版が、全てのユーザーに公開されたことを発表した。

zkSyncのミッションは「個人の主権のために仮想通貨の普及を加速させること」。zkSync Eraを稼働させてイーサリアムの処理をサポートするだけでなく、信頼の必要性や障壁のない自由な経済圏を築いていくという。

これまで段階的にローンチが進めされてきたzkSync Eraは、以前は「zkSync2.0」と呼ばれていた。今年2月にzkSync2.0を、事前登録したプロジェクトにだけ公開した際に名称をzkSync Eraに変更している。

関連イーサリアムL2「zkSync」、zkEVMのメインネットを開発者に提供開始

その時から1カ月超を経て、zkSync Eraは全てのユーザーが利用できるようになったが、まだアルファ版。これから利用が増加していく中で、出金に遅延が起きないか、脆弱性がないかなどを確認していく。

一方で、zkSync Eraを安全に稼働させるために、これまで約4.9億円(380万ドル)を費やしたという。ネットワークのテストを行ったり、複数回セキュリティ監査を実施したり、バグの報奨制度を設けたりして準備を進めてきた。

zkSync Eraの特徴

zkSync Eraは、イーサリアムの仮想マシン(EVM)と互換性を持つ「zkEVM」に分類されるL2ソリューション。ゼロ知識証明を導入したロールアップ技術「ZKロールアップ」を活用している。

ロールアップとは

メインのブロックチェーンのセキュリティを活用しながら、トランザクションの一部をオフチェーン(ブロックチェーン外)で処理することにより、ネットワークの混雑解消を図るスケーリングソリューションのこと。

▶️仮想通貨用語集

関連スケーリング問題の打開策「ロールアップ」とは|仕組みや注目点を詳しく解説

大きな特徴の1つとして挙げられるのは、最初から「アカウントの抽象化(Account Abstraction:AA)」に対応していること。イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は以前、「AAの実装は、イーサリアム開発者コミュニティの長年の夢である」と述べていた。

AAに最初から対応させることで、zkSync Era上に作られたアカウントは全て、イーサリアム以外のERC-20トークンで手数料を支払ったり、ガス代を肩代わりしてもらったりすることが可能になる。

なお、AAは今月、イーサリアムにも実装されたことが明らかになった。開発者はAAを導入してアプリケーションの構築を行えるようになっている。

関連イーサリアムが「スマートアカウント」を実装、ウォレットのユーザビリティ向上に期待

イーサリアムのL2ソリューションとして注目を集めるzkEVMは、ポリゴン(MATIC)やConsenSys、Scrollといったプロジェクトも開発。どのプロジェクトも本格的な実用化に向けて、開発が進んできた。

関連米ConsenSys、zkEVMの一般向けテストネットを3月28日にローンチへ

独自トークンの発行について

仮想通貨メディア「The Block」よれば、現時点ではzkSync Eraが独自トークンを発行する明確な予定はない。zkSyncを開発するMatter LabsのAlex Gluchowski CEOが「今の時点ではトークンは必要ない」と話したという。

関連イーサリアムL2「Arbitrum」、独自トークン配布実施へ 運営を分散化

現在トークンが必要ない理由は、運用の大部分が中央集権化されているため。アルファ版では、Matter Labsが独断でコードをアップグレードしたり、シーケンサーやプルーバーといった役割を管理したりするようになっている。Gluchowski氏は、シーケンサーを分散化される時にはトークンが必要になるだろうと語った。

また同氏は、UniswapやCurve、Balancer、Maker、SushiSwapなどの著名なDeFi(分散型金融)プロジェクトが、zkSync Eraを使用するとも明かしている。

関連今年初のGM Radio開催へ、ゲストはイーサリアムL2「zkSync」開発企業幹部

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア