CoinPostで今最も読まれています

Gala Games、戦略カードバトルRPGの期間限定プレイテストを開始 ネクサスバンドルとエステートを限定数販売

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

チャンピオンズ・アリーナのプレイテスト

Web3ゲームのエコシステム開発に取り組むGala Gamesで、「チャンピオンズ・アリーナ」による3週間限定の公開プレイテストが実施中だ。

また、日本時間5月9日午前10時か17日(水)午前10時まで、ネクサスバンドルとエステートが期間限定で販売されている。ネクサスバンドルの購入に対して30%割引が適用される期間もあり、13日(土)の午前10時までとなっている。

チャンピオンズ・アリーナは、韓国のゲームスタジオ開発企業OneUniverse社が手掛けるターン制戦略カードバトルRPG。プレイヤーはチャンピオンのチームを編成し、迫力ある3DアニメーションでPvPアリーナにおける戦闘シーンが繰り広げられる。手札カードの配置や色合わせなど、デッキの構築要素がバトルの勝敗を左右する。

同ゲームのプレイテストは去年11月に行われた初回に続く2回目であり、新機能として「Tower of Trials(試練の塔)」や「Premium Summon(プレミアム召喚)」が追加されている。また、ネクサス購入者にはテスト用のエステート(領地)が送付され、エステートの管理や、友人との共有を体験できる。

今回のプレイテスト期間は日本時間4月28日(金)午前10時~5月18日(木)午前10時の3週間。参加者には毎日、ログイン報酬としてGem(ジェム)とEssence(エッセンス)が提供され、新しい機能を試すことができる。今回のプレイテストで獲得した戦利品や進捗はゲームの正式ローンチ前にリセットされる。

後述するイベント「メイメイヘム」の一環として、チャンピオンズ・アリーナプレイテスト参加者には、正式ローンチ時にGala Gamesアカウントに「Gem」が送付される。「Gem」はチャンピオンズ・アリーナ内のプレミアム通貨だ。Gemをより多く獲得する方法として、3種類が用意されている。

Gala Gamesは人気Play & Earnゲーム「タウンスター」をはじめ、数多くの「プレイしたくなるブロックチェーンゲーム」を開発している。(現在16タイトル) Gala Gamesの分散型エコシステムは、1.6万人超のプレイヤーが運営するノードに支えられており、ロードマップ展開への発言権など、エコシステムへの参加方法を提供している。さらには、ゲーム内アイテムの所有権をプレイヤー自身の手に取り戻す仕組みの構築も目指している。

関連:Web3プラットフォームGala、2023年の事業戦略を公開

ネクサスバンドルとエステートを販売

Web3ゲームプラットフォームGala Gamesは、人気のアリーナバトルゲーム、チャンピオンズ・アリーナの第二回プレイテストを記念し、ネクサスバンドルとエステートを販売している。日本時間5月9日午前10時から13日(土)の午前10時までの5日間限定で、ネクサスバンドルは30%割引の1,365ドル(約184,000円)で購入可能。

5月13日(土)午前10時以降は、定価1,950ドル(約26万円)に戻り、5月17日(水)午前10時に販売終了予定だ。購入方法としては暗号資産(仮想通貨)ガラ(GALA)、イーサリアム(ETH)、クレジットカードが利用できる。

ネクサスバンドルは、チャンピオンズ・アリーナのプレイヤーが競争力を高めるための特別なアイテムセットとなる。報酬共有機能や限定レジェンダリーチャンピオン「Veronika」が含まれている。

エステートは、「チャンピオンズ・アリーナ」のゲーム内でプレイヤーが所有・管理できる領地。資源を収集し、他のプレイヤーと協力して戦略的要素を深化させる。エステートはネクサスバンドル購入者限定商品となり、価格は2,000ドル(約26万円)だ。

なお、プレイテスト用エステートとチャンピオンは、プレイテスト期間限定のもの。今後のプレイテストや正式ローンチ後のゲームでは、ネクサス所有権はエステート所有権とは全く異なるものになるという。

関連:ガラ(GALA)|投資情報・リアルタイム価格チャート

タウンスター:メイメイヘム

Gala Gamesは、2023年5月から7月にかけて、毎週水曜日から日曜日までの5日間、「メイメイヘム(5月の大騒動)」と称する報酬獲得イベントを開催している。このイベントは、「チャンピオンズ・アリーナ」のプレイテストを含むものだ。

Gala Gamesを代表する農業・町作りシミュレーションゲーム「タウンスター」も、メイメイヘム期間中に独自の報酬プログラムを展開している。日本時間5月3日(水)午前11時から5月7日(日)午前11時までのテスト大会では報酬は提供されないものの、参加者にはユーティリティを持たないテスト大会参加賞NFTが贈られた。

タウンスターのメイメイヘム本大会は、日本時間5月10日(水)午前11時に始まる第1週から、7月26日(水)午前2時に始まる第12週まで開催される予定。プレイヤーはさまざまなアチーブメントを達成することで最大6,300 GALA(約24,000円)の報酬を獲得できる。

さらに紹介報酬や、2021年および2022年のメイメイヘム参加者向けのボーナス(ロイヤリティ報酬)が提供されるほか、プレイヤーがゲーム内で競争して上位を目指すことで報酬を得られる仕組みも設定されている。

4月18日以降、リーダーボードで入賞したプレイヤーは、大会報酬としてGALAとNFTの両方を獲得できる。このNFT報酬はゴーストカード(効果カード)と呼ばれ、使用することで対象建物のクラフト時間をレアリティに応じて短縮し、ゲームの効率性を向上させることができる。

関連:Gala Games、ゲーム2タイトルの公開プレイテストを開始

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア