ビットコイン価格、67万円以上を上回るなら2019年までに336万円に到達

ビットコインの価格は2018年2月から下落しており、ビットコインはこのまま終わりを迎えてしまうのではないかとさえ思える状況だ。

しかし、ビットコイン価格は7月末に新たなフィボナッチサイクルに突入しており、そのサイクル下でついに9月8日、下落トレンドから上昇トレンドへの分岐点を迎えた。

今後もこの上昇トレンドの軌道に乗るために今現在重要なのは6000ドル(約67万円)のラインであり、今後もこのラインを上回り続けるなら価格上昇が始まるようだ。

フィボナッチタイムインディケーターを見ると、このサイクルは2019年2月まで続くとされている。

そうなると同時期にはフィボナッチリトレースメントでは161.8%ライン、ビットコイン価格は約30000ドル(約336万円)にまで達し、過去最高額となる見込みだ。

仮にこのサイクルの軌道以上に価格の上昇を見せた場合は2019年2月までに35000ドル(約392万円)に達する可能性もある。

Bitcoin Could Reach 30k by 2019 by HiTech on TradingView.com

参考記事:Bitcoin Could Reach 30k by 2019

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ビットコイン、今年初のトレンド転換か|フィボナッチリトレースメントで重要ライン61.8%目前
トレンド転換につき、ビットコイン(BTC)は年始の暴落からの初めて転換点を迎える可能性があると、bitcoinmagazine.comが分析した。トレンド転換の兆しとなり、下落トレンドを完全に終了する可能性のある重要ラインは、フィボナッチリトレースメントにおける61.8%の水準となり、米ドル建で約7735ドル、日本円建で85万円台となる模様だ。
Trefis、2018年末までのビットコイン価格を95万円台と予測「価格上昇の鍵の1つはSECによるETF認可」
市場動向予測ソフトウェアのTrefisがビットコインの2018年末までの価格を8,500ドル(約95.2万円)前後と予測。同社は予測要因にビットコインの取引総量と総アクティブユーザー数を重視、また報道によって動かされる人々の心理を加味する。今後の注目要因としてSECによるETC認可の成り行きを挙げた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加