「仮想通貨取引所Zaif」ビットコインなどの取引停止:1-2営業日中に復旧見込み

仮想通貨取引所Zaifでサーバ障害
国内大手取引所Zaifは17日夕方、「サーバ障害が発生し、BTC、BCH、MONAの入出金を停止する」と発表した。18日11:48に続報があり、顧客資産の安全は確保されており、1-2営業日中に復旧の見込みとされている。

仮想通貨取引所Zaifでサーバ障害

テックビューログループが運営する、仮想通貨取引所Zaifにて、9月17日(月)16:57に上記アナウンスがあり、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインの入出金を停止しました。

19日11:48の続報によると、ハッキングなどの被害ではなく、1〜2営業日中に復旧する見込みです。

テックビューログループとは

テックビューログループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、仮想通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。

プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と仮想通貨取引所「Zaif」や、トークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション「COMSA」など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供していす。

独自トークンを発行

仮想通貨取引所Zaifの運営会社であるテックビューロ株式会社によって発行されるZAIFトークンは、ビットコインブロックチェーンから派生した分散型金融プラットフォーム「CounterParty(カウンターパーティー)」を使用しており、2016年7月に上場しました。

また、テックビューロ社が発表したICOソリューションとしては、2ヶ月間で100億円以上を調達した「コムサ(COMSA)トークン」が有名です。

COMSAは、既存のビジネスとXEM、ETH、BTCのパブリックブロックチェーンをつなげることを目的としています。

自社プライベート・ブロックチェーンを公開

さらに、テックビューロ株式会社は2018年8月、自社プライベート・ブロックチェーン製品の最新版であるmijin v.2 (Catapult)」を一般公開。

プライベート・ブロックチェーン製品「mijin v.1」は、300社以上への提供実績を持つとしており、電子マネーシステム、ユーザー認証、土地および財産登録、物流追跡、食品トレーサビリティなど幅広く利用できるとアピールしています。

Zaifには行政処分も

このように、日本市場におけるブロックチェーンの発展と推進に寄与してきたテックビューロ社ですが、運営する「仮想通貨取引所Zaif」では度々問題が発生し、今年3月には金融庁(近畿財務局)から、以下の内容を指摘され、「業務改善命令」を受けています。

  • システム障害や、不正出金事案・不正取引事案など多くの問題が発生している
  • 経営陣は、その根本原因分析が不十分であり、適切な再発防止策を講じておらず、顧客への情報開示についても不適切な状況となっている

今回のサーバー障害でも、不安視しているユーザーを中心に情報が錯綜しており、一刻も早い復旧、及び抜本的な改善策が求められます。

CoinPostの関連記事

「金融庁」仮想通貨規制の最新情報まとめ:コインチェックなど3社は審査中
金融庁の仮想通貨研究会による提言では、顧客利益を取引所の倒産リスクから保全することも重要、信託保全を原則とすることも検討すべきなど、投資家保護の仕組みが急務だと言及。また、立入検査と業務改善命令がひと段落したことで、コインチェック社を含む三社は、業務改善報告書の審査中であるとしている。
仮想通貨 コムサ(COMSA)とは?
日本発ICOプラットフォーム 取引所Zaifを運営しているテックビューロー社が発表したICOソリューションです。 企...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら