CoinPostで今最も読まれています

JPモルガン、デジタル通貨「JPMコイン」でユーロ建て取引開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

JPMコイン、初のユーロ建て決済を実施

米大手投資銀行JPモルガンは21日、ブロックチェーンベースの独自デジタル通貨「JPMコイン」で企業顧客向けのユーロ建て取引を開始した。ブルームバーグが報じた。

JPモルガンのヨーロッパ、中東、アフリカのコインシステム責任者を務める、Basak Toprak氏は、ドイツのハイテク大手シーメンスが、JPMコインのプラットフォーム上で初のユーロ建て決済を実施したと話している。

JPMコインは個人決済でなく企業間決済に特化したデジタル通貨で、2019年に立ち上げられた。

法定通貨にペッグするJPM Coinを許可型のブロックチェーン上で運用し、JPモルガンの口座を保有する企業顧客同士が、迅速に決済できるシステムである。

JPモルガンの機関顧客は、従来の決済方法の代わりにJPMコインのブロックチェーンで資金を送金したり、支払いを行ったりできるようになる。一般的な銀行の営業時間に左右されず、高速に支払いを行うことが可能だ。

Toprak氏は、適切に素早く支払いを行うことで、機関顧客がその預金からより多くの利息収入を得ることができる可能性が高まるとも述べた。

JPMコインは、これまでに約43兆円(3,000億ドル)を超える取引を処理してきた。なお、JPモルガンは決済事業全体で毎日約1,437兆円(10兆ドル)近くを処理しており、これと比較すればまだごく小規模だ。

仮想通貨関連の取り組み

JPモルガンは、JPMコインの他にもブロックチェーンや暗号資産(仮想通貨)などの分野での取り組みを開始しているところだ。

2022年11月には、米国特許商標庁からデジタルウォレットを使った仮想通貨決済サービスなどに対して「JP Morgan Wallet(JPモルガンウォレット)」という商標を取得した。

クレジットカードや外国為替などに加えて、仮想通貨の送金、取引、決済、口座管理などのサービス提供を想定している格好だ。

関連JPモルガン、仮想通貨ウォレットの商標を取得

同11月には、初のDeFi(分散型金融)取引も実施。ポリゴン(MATIC)メインネット上で展開された、大手DeFiレンディングプロトコルAaveの修正版を使用していた。

この取引は、シンガポール中央銀行/金融管理局(MAS)がDeFiの可能性を探る目的で立ち上げた「Project Guardian」の一環として行われている。

関連JPモルガン、仮想通貨ウォレットの商標を取得

ブラックロックのビットコインETF申請

従来から存在する金融大手の動向としては、米資産運用大手ブラックロックが15日、ビットコイン(BTC)ETFを申請している。

ブラックロックは2022年に、米大手仮想通貨取引所コインベースと提携し、機関投資家にビットコインの取引・カストディなどを提供していくと発表していた。今回申請したETFでは、コインベースがカストディを行うとしている。

関連上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由

ビットコインETFとは

ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託(Exchange Traded Fund)のこと。投資信託とは、投資家から集めたお金を1つの資金としてまとめ、株式や債券などに投資して運用される金融商品。運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みになっている。投資信託の中でもETFは証券取引所に上場しているため、株式と同様に売買ができる。

▶️仮想通貨用語集

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア