CoinPostで今最も読まれています

Web3企業のパイオニア、Consensysが初のリブランディングへ 「暗号資産とWeb3」テーマのレポートを公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

暗号資産に高い認知

世界で3000万人以上が利用する暗号資産(仮想通貨)ウォレット「メタマスク」などを手掛ける、米国のWeb3(分散型ウェブ)開発企業コンセンシス(Consensys)がリブランディングを実施した。

すべての人の中にある「ビルダー(構築者)」を刺激してパワーを与える、というコミットメントを反映した新しいブランドを立ち上げたという。

企業ロゴの刷新に伴い、アルファベットの綴りもConsenSysから「Consensys」へと変化する。

コンセンシスは、ブロックチェーンスタートアップのインキュベーターとして出発し、今日の統合ソフトウェア企業に至るまで、急速に変化する業界とともに進化してきた。web3の主流化が目前に迫る中、コンセンシスが意図的に、一から自社ブランドの再開発を試みたのは今回が初。

バーチャルハッカソン「NAVH」

コンセンシスは、グローバル・バーチャルハッカソン「NAVH」の開催を発表した。2023年7月7日から9月7日まで開催予定となっており、8月14日まではいつでも申し込み可能としている。

暗号資産とWeb3レポート

コンセンシスは、Web3と暗号資産エコシステムに対する一般人の認識度や理解度、さらにそれらが国によってどのように異なるのかを探求する調査結果を公開した。

本調査は市場調査会社YouGovが実施し、「暗号資産とWeb3」をテーマにした世界規模のアンケートとなる。対象地域は日本、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパ、アジアの15か国に広がり、全体で1万5158人の18歳から65歳までの一般人が参加した。

調査期間は2023年4月26日から5月18日までで、暗号資産への投資、個人データのプライバシー、インターネット上の所有権など、Web3に関連する各種意見を集めた。

出典:Consensys(以降全て同じ)

調査の結果、世界的に暗号資産への認識は92%と非常に高いことが明らかとなった。対象者の40%が現在もしくは過去に暗号資産を所有した経験があり、その所有者比率が最も高かったのは米国、フィリピン、ベトナム、インド、ナイジェリア、南アフリカだった。

日本に関して、暗号資産の購入経験のある回答者は20%を下回っている。また、コンセンシスによれば、日本の回答者の保有資産としてはビットコイン、イーサリアムの2強状態となっている。

暗号資産の弱気相場が長期化する中、2022年には中央集権型暗号資産取引所であるFTXやCelsiusなどが相次いで破綻。調査対象者は、この市場が信頼を回復するために必要な行動として、「安全対策と透明性の向上」を重視していることがわかった。

FTX(グローバル版)をはじめ、複数の中央集権型プラットフォームの顧客資産が出金できない状況も散見される中、22年11月にはハードウォレットなどセルフカストディ(自己保管)型の暗号資産ウォレットの需要が高まったとするデータも見られた。

関連:自己管理型のハードウェアウォレット、週間売上高が過去最高に

しかし、世界中の多くの回答者は、非保管型ウォレットと自己保管型ウォレットの違いを明確に理解していないという結果が出ている。特に、英国とメキシコの回答者の中でこの理解の欠如が顕著で、それぞれ72%、70%の人々がこれらのウォレットについてあまり馴染みがないか、まったく知らないと答えている。

Web3の今後の可能性

一方で、Web3の概念を理解していると自認する人は全体の8%にとどまった。しかし、Web3の特徴であるデジタル所有権や個人情報の管理などの概念は回答者たちによって重視されており、その傾向が読み取れる。

実際、調査対象者の67%がオンラインで作成したものは自分が所有すべきだと主張しており、50%がインターネットに価値を付加していると認識している。しかし、その価値に対して十分な報酬を得ていると感じているのは38%に過ぎない。特に日本では、ユーザーの19%だけがインターネット上の価値と創造性に対して十分な報酬を得ていると感じており、現行のWeb2における「クリエーター経済」への大きな不信感が浮き彫りとなっている。

この調査結果からは、世界中の人々がオンラインで価値ある貢献を行い、自分自身がその貢献者であると認識していることが伺える。Web3は、従来のウェブ(Web2)と比べてユーザーがよりアクティブに参加し、自身が行った活動によって得た価値を自分自身がコントロールできる分散型のインターネットを目指しているため、このユーザーの自己認識が重要でとなる。

このようなグローバルな傾向に対応する形で、Consensysは「全ての人々がWeb3の“ビルダー(構築者)”である」との定義を提示した。また、それを推進する目的を反映して新たなブランドイメージを発表した。

コンセンシスは従来の開発者やステーキングによりイーサリアム(ETH)ネットワークに貢献する人々だけでなく、アーティスト、コミュニティ作りのクリエイター、コレクターなど、Web3の「ビルダー」すなわち構築者として、彼らをサポートするブランドへと進化することを強調している。

コンセンシスの創設者でありCEOのJoe Lubinは「暗号資産とWeb3」をテーマにした調査結果について以下のように統括した。

この調査はユーザーやコミュニティが分散型信頼パラダイムによってエンパワーメントを受ける現象の出現を確認している。ビルダーの時代は、全員が貢献できるWeb3の理念に合致している。Consensysはビルダーと開発者の信頼できるパートナーを目指しており、コミュニティのエンパワーメントとポジティブなグローバルインパクトの支援を志向している。

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。ConsensysはWeb3の3つの特性として、「積極的な参加」、「エンパワーメント」(個々の力を強め、主体性を促進すること)、そして「より広範なコミュニティオーナーシップ」(共同体の所有権を一部の企業や団体から多くの個々のユーザーに広げること)を指摘した。

▶️仮想通貨用語集

関連:米ConsenSys、zkEVMの一般向けテストネットを3月28日にローンチへ

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/25 火曜日
18:00
チェーンリンクの買い方、取引所選びの完全ガイド
暗号資産(仮想通貨)チェーンリンク(LINK)の特徴、最新価格、将来性、購入方法について詳しく解説。多様な用途と採用事例で注目されるLINKの成長の背景を探ります。
17:03
ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿
暗号資産(仮想通貨)の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners所属の税理士が、STEPNやブレヒロなどの人気ブロックチェーンゲームの煩雑な税金計算の基本について初心者向けに解説。国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostに寄稿しました。
15:44
仮想通貨市場、今週の材料まとめ|イーサリアム、アバランチ、JUP、PRIMEなど
ビットコイン、イーサリアム、ソラナなど時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)やその他の注目銘柄について、過去1週間の材料をまとめた。
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。
06:40
DEX Screener、ソラナ基盤ミームコイン市場をローンチ
主要な仮想通貨銘柄の情報を検索するプラットフォームDEX Screenerはソラナ基盤ミームコイン市場「ムーンショット(Moonshot)」をローンチした。
06:10
トランプ氏、7月のビットコインカンファレンスへの登壇で交渉中
トランプ元大統領は、仮想通貨ビットコインの年次カンファレンスである「ビットコイン 2024」に登壇しスピーチを行うために、交渉しているようだ。
05:45
東証上場メタプラネット、約10億円でビットコイン追加購入へ
国内上場のメタプラネットは24日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを10億円相当で追加購入するための社債発行予定を発表した。
06/24 月曜日
18:55
マウントゴックス、7月初旬からビットコインとビットコインキャッシュの弁済開始を発表
2014年に破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所マウントゴックス(Mt.Gox)が今年7月初めよりビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の返済を開始することがわかった。この発表を受け、ビットコイン(BTC)が急落した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア