CoinPostで今最も読まれています

米ブロック社、ビットコイン売上高が大幅増加──2Q決算報告 

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン売上高が増加

金融サービスを提供する米ブロック(旧称スクエア)社は3日、2023年第2四半期(4〜6月)の業績を発表した。金融アプリCash Appのビットコイン(BTC)売上高が、前年同期比で34%増加、約3,410億円(23億9,000万ドル)に達している。

ビットコイン販売による粗利益はビットコイン売上高の2%に相当する約63億円(4,400万ドル)で、前年同期比7%増加した。ビットコイン価格下落にもかかわらず、顧客による購入量は以前より多くなった格好だ。

ブロック社は、ビットコイン収益について次のように説明している。

ビットコインの収益と粗利益の前年同期比の増加は、ユーザーに販売されたビットコインの量の増加によるものだ。一方でこの増加分は、前年同期と比較した際のビットコインの平均市場価格の下落によって部分的に相殺されている。

ブロック社全体の売上総利益は、前年同期比27%増の約2,669億円(18億7,000万ドル)となった。特に、送金や株式取引などを行えるアプリCash Appが好調で売上総利益は前年比37%増の約1,380億円(9億6,800万ドル)である。

Cash Appとは

米ブロック(旧称スクエア)社が開発した、モバイルアプリを使ってユーザー間で送金ができる決済サービス。資金の送金・受取、保管を行えるバンキング機能や、ビットコイン取引、株式取引を提供している。

▶️仮想通貨用語集

「ピアツーピア取引が成長に不可欠」

ブロック社は、Cash Appの機能の中でも、ピアツーピア取引が成長のために重要な部分になっていると説明した。この機能は、ユーザーがピアツーピアで、友人、家族、同僚などの間で互いに送金できるようにするものだ。

そうしたピアツーピアのネットワークが大きいユーザーがアクティブに活動を行い続ける確率は大幅に向上しており、第2四半期には、アクティブユーザーの半数以上が4つ以上のアカウントのネットワークを持っていたとしている。

第2四半期には、アクティブユーザー1人あたりのピアツーピア取引件数が前年同期比で増加し、四半期としては過去最高に達した。ピアツーピアの取引額は約7.6億円(530億ドル)で、前年比18%増加している。

保有するビットコインの状況

ブロック社は、財務資産としてもビットコインを保有しているところだ。

2023年6月30日時点で、市場価格に基づくビットコインへの投資の公正価値は約350億円(2億4,500万ドル)で、これは累積減損費用を差し引いた投資の帳簿価額より約203億円(1億4,200万ドル)高かった。

なお、現在米国の会計規則では、ビットコインなど仮想通貨は市場価格が帳簿価額を下回った場合は減損として認識することが求められている。一方で、市場価格が上昇してもそのビットコインを売却するまで市場価格上昇による上方修正は行わない決まりだ。

関連米マイクロストラテジー、2Q決算発表 ビットコイン購入継続

ビットコイン啓発活動を助成

ブロック社は、ビットコイン支持者・ツイッター創設者としても知られる起業家Jack Dorsey氏が設立した企業で、店舗など事業者向けに決済機能を提供するSquareや、金融アプリCash Appなどのサービスを提供している。

ブロック社はビットコイン関連の非営利団体などにも寄付を行っている。最近では、The Bitcoin Classic(TBC)に助成金を提供した。

TBCは、経済的に恵まれないコミュニティが金融教育を受けられるようにすることを目指す非営利団体で、ビットコインでプレイヤーに褒賞を与えるバスケットボールのトーナメントを開催している。ビットコインやブロックチェーンについても啓発活動を行っている。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア