CoinPostで今最も読まれています

アービトラム、無許可型の検証プロトコルを発表、分散化に向け一歩

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

パーミッションレス検証プロトコル

イーサリアムのレイヤー2ソリューション「アービトラム(ARB)」の開発を手がけるOffChain Labsは4日、パーミッションレス検証プロトコル「Bounded Liquidity Delay(BoLD)」を発表した。

アービトラムはOptimistic Rollupという手法を取り入れたレイヤー2スケーリングソリューションで、トランザクションをオフチェーンで処理して、その結果を1つのブロックにまとめてレイヤー1(イーサリアム)に提出する。レイヤー1の混雑を軽減することを目指している。

だが、レイヤー2の取引の正当性を主張するシークエンサーが不正な情報を提供する可能性が懸念される。Optimistic Rollupでは、その防止策として、他の検証者(バリデータ)がその主張を検証し、間違いがあればそれに挑戦する(不正証明)という仕組みが導入されている。

しかし、その紛争プロトコルがDoS攻撃に対して脆弱であり、悪意を持った検証者が金銭を投じて主張の検証を妨げ、レイヤー2からレイヤー1への資金移動を遅らせる事態が生じる可能性がある。これを防ぐため、現行のアービトラムでは、シークエンサーは許可制となっている。

新たに提案されたBoLDは、こうした課題の解決を目指す。BoLDは取引確認の上限時間を一律7日間に設定するとともに、確認作業が特定の検証者や組織に依存しないようにすることで、誰でも取引の正当性について主張を行うことができる。その主張が認められれば、取引は正当とみなされる。

さらに、BoLDのプロトコルでは、少なくとも1人の誠実な検証者がいれば、その人が不正な主張に挑戦し、計算結果に基づいて正しさを証明することが可能になる。これがBoLDの強みであり、ネットワークを不正行為から守る強力なツールとなるという。

関連アービトラム財団が透明性向上を約束、DAOで再投票を実施へ

シークエンサーをオープンに

Offchain Labsの共同設立者兼チーフ・サイエンティストであるエド・フェルテン氏は、「これがアービトラムのパーミッションレス検証をオープンにするきっかけになるだろう」と述べている。

今後数週間から数ヶ月にかけて、Offchain LabsはBoLDを取り入れた開発者テストネットをリリースする予定。さらに、DAOでの投票により、アービトラムにBoLDをデプロイするか判断することになる。

レイヤー2のデータを追跡するL2BEATによれば、アービトラムの「Total Value Locked(TVL)」、つまりネットワークに預けられた資産総額は8日時点で約59.3億ドル(約8,400億円)に達している。この数値は、イーサリアムのレイヤー2ソリューションの中で最も高いもので、アービトラムが業界内でどれだけ信用されているかを示している。

一部報道によると、アービトラムのシークエンサーとして稼働しているのはひとつだけであり、アービトラムの開発会社Offchain Labsによって運用されている。このシステム構成は単一障害点を生むと、以前から指摘されてきた。

関連アービトラム財団の設立へ、ARB保有者の投票開始

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。
13:57
米フォーブス誌、最も信頼できる世界の仮想通貨取引所トップ20を発表
米フォーブズ誌は、独自の基準で評価した「世界で最も信頼できる仮想通貨取引所とマーケットプレイス」の結果を発表。対象となった646社の中から最終的に20社が選ばれたが、日本の取引所4社もランクインした。
12:45
ザ・サンドボックス、DAOを立ち上げ メタバース運営を分散化へ
メタバースゲームThe Sandboxは自律分散型組織の立ち上げを発表した。今後は段階的にコミュニティによるDAOが運営していくことになる。
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア