CoinPostで今最も読まれています

『匙を投げるな:Web3ゲームはまだ始まったばかり』|WebX レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ソーシャルゲームとWeb3ゲームの類似点

23年7月に東京国際フォーラムで開催された国際カンファレンスWebXで、「匙を投げるな:Web3ゲームはまだ始まったばかり」と題し、4人のパネリストによるセッションが行われた。

パネリストは、米オンライン・ソーシャルゲーム開発企業「ジンガ(Zynga)」の共同創設者で現Storyverseのジャスティン・ウォルドロンCEO、ソラナ財団のオースティン・フェデラ戦略責任者、「Uplandme, Inc」共同創設者兼共同CEOのダーク・ルース博士とゲームNFTエコシステム「GuildFi 」ジャリンダ・シタディラーカ共同創設者の4人。

モデレーターはゲーム業界のコンサルティング企業Kantan Gamesのセルカン・トトCEOが務めた。

出典:WebX

以下、このセッションの内容を質問と回答という形でまとめた。

ジャスティン・ウォルドロン氏への質問:

ジンガ運営当時と現在のブロックチェーン・ゲーム/Web3ゲームには類似点があるか

現在の状況と多くの類似点がある。当時、フェイスブック上で友人と一緒にプレイ可能なソーシャルゲームを作ると、その多くは大ヒットした。ジンガでは10億人以上がゲームを楽しんだだろう。

しかし、多くのゲーム会社がソーシャルゲームは従来のゲームを侮辱するものと卑下し、この業界のことを真剣には受け止めなかった。

一方、我々はソーシャルゲームを愛する人たちにフォーカスした結果、「フリーミアム」という新たなビジネスモデルを生み出すことにつながった。15年後には、このビジネスモデルでゲーム業界を15倍に成長させることとなったが、AAAゲームのプレーヤーがフリーミアムに熱狂することはなかった。

つまり、我々は伝統的ゲームのプレイヤー抜きでビジネスモデルを築き上げただけでなく、ゲーム業界を、より大きく成長させたのだ。

このような経験から、今、このスペースでやるべきことは、顧客は誰なのかを問うことだと思う。NFTゲームを好まない人々にフォーカスし、どうしたらNFTゲームに興味を持ってもらえるかを考える人が多いようだが、それはより長く困難な方法ではないだろうか。

モデレーターのコメント:

熱烈なゲーマーコミュニティでは、クリプトゲームを憎む感情が強いと感じるが、確かに、このようなグループを引きこむ必要はないかもしれない。無料ゲームを嫌う傾向は改善に向かっているが、主流となるには時間がかかる。

Web2とWeb3

オースティン・フェデラ氏への質問:

ソラナ財団で、伝統的なWeb2ゲーム会社は、Web3ゲームスタジオへの興味を示しているか

興味は示している。ただ、覚えておくべきなのは、それまでのビジネスモデルが抽出型だったということ。以前はゲームが発売されたらそれで完結していた。伝統的なゲーマーが無料ゲームやフリーミウムを楽しめないのは、完結したゲームを手に入れられないからだ。

また、心底ゲームが好きなのに、Web3ゲームを嫌うのはブロックチェーンが非常に異なるものだと理解していないからだろう。ゲームを購入したら所有権を手に入れ、ゲームをプレイしたらトークンの所有権を手に入れる。そしてそのモデルはゲームを制作する会社が、全ての価値を抽出するものではない。

例えば、スターアトラスのようなゲームでは、プレイヤーが宇宙船を作り、オンチェーンで、ゲーム内で販売することもできる。eBayやペイパルなど、信用の確立が必要なマーケットを利用する必要はない。

スターアトラスで宇宙船を建造し、販売するビジネスを簡単に始められる。スターアトラスは手数料として2%ほど取るかもしれないが、従来のゲーム産業の基準よりずっと安い。

ただ、我々はまだそこまで到達していないし、ブロックチェーンゲームは完全なオンチェーンマーケットプレイスの要素を備えていない。

既存のスタジオがブロックチェーンゲームを作っているのではなく、スターアトラスのような全く新しいスタジオが新しいイノベーションを起こしている。フェイスブックが新興ソーシャルメディア企業に脅かされるように、ゲーム業界でもかつてのスタートアップが、脅かされることになる。そこでは、真にエキサイティングな作業が行われている。

ーそれにはどのくらいの期間がかかると思うか。

スターアトラスのようなAAAレベルのゲームの開発には、5年から7年かかるが、新しい技術の全てを創出しなくてはならない。最近、プレイヤーの全ての動きがチェーン上に記録されるオンチェーン・ムーブ・エンジンをオープンソース化したばかりだ。

おそらく、軌道に乗るにはあと4年はかかると思う。

Web3ゲームの普及に向けて

ダーク・ルース博士への質問:

App Storeでブロックチェーンゲームの取り扱い開始する際の駆け引き・交渉など、どのように行ったのか。

2018年に(Uplandを)始めた際、暗号資産(仮想通貨)は一般大衆には複雑すぎると判断。メタバースだがVRやヘッドセットは必要なく、アンドロイドやiOSのアプリとして、Eメールとパスワードで簡単に登録できるようにした。

携帯でのアクセスを可能にし、ブロックチェーンの障壁を取り除くことが必要だ。ほとんどの人は秘密鍵やパスフレーズを使いたがらない。

多くの人が慣れ親しんだ法定通貨、クレジットカード、ペイパルも使えるようにした。NFTの取引にしても、Upland ではこれまで600万近くのNFTを売却した。米ドルの出金などには、もちろん顧客確認の必要があるが、これが実際に、目的に到達する方法だ。

しかし、指摘しておきたい問題点が一つある。全てのWeb3ゲームが再びサイロ化し始めていることだ。みんながユーザーの囲い込みに躍起になっているが、ゲーマーにとしては、自分が全ての中心に位置して、一つのゲームから別のゲームへと資産を持ち運びたいのだ。

そこで我々は、相互運用性を高め、ユーザーを中心に置くため「Web3のためのオープン・メタバース連合」(Open Metaverse Alliance for Web3=OMA3)を立ち上げた。

我々は、プラットフォーム中心からユーザー中心へパラダイムシフトするという考え方を推進している。これこそが、次のイノベーションの波をもたらすものだと私は考えている。

Web3ゲームの挑戦

ジャリンダ・シタディラーカ氏への質問:

ゲームの制作は非常に複雑だが、GuildFi では、NFTやコミュニティなどの多様な要素を社内でどのように管理しているのか。

30万から40万のユーザーを抱え、60人のチームで対処しているが、Web3ゲームは解決策を探る途上にあるため、複雑な状況をうまく切り盛りしているとは言い難い。Web3ゲームで問題を解決して大ヒットしたものは、まだ出てきていない。しかし、これまでになかった新たなものを作り出したゲームは数多くある。

「Axie Infinity 」はその良い例であり、新たなビジネスモデルを作り出した。前期には莫大な収益も生み出している。

この10年間、ゲーム業界では新しいイノベーションが起こってこなかった。競争が激しくなり、リスクを冒すことを恐れるためだろう。一方、Web3ゲームでは、Web2ゲームでできなかったような非常に独創的なゲームなどが試されている。

創業からの2年間で、我々はさまざまな形で革新をもたらすことに挑戦し、新しいビジネスモデルを構築しようとする数多くのWeb3ゲームに出会い、投資してきた。それが成功に結びつくかどうかはわからないが、我々はゲームの可能性を信じている。

Web3ゲームの普及に向けて

Web3ゲームを大衆に普及させるためには何が必要か。知的財産(IP)はその解決策の一つだろうか。

ジャスティン・ウォルドロン氏の回答

ゲーム会社にとって、普及を推進するためにIPが解決策の大きな部分を占めるのは確かだと思う。しかし、ゲーム業界が苦労している要因の一つは、ブロックチェーン技術はコラボに適した技術で、非常に大きなグループを調整するのに適しているにもかかわらず、業界では、協業がうまくいっていないことにあると思っている。

そこで我々は、「Bored Ape」や「Crypto Punk」など、この分野の素晴らしいIPを活用してみようと考えた。このようなIPの所有権保持者と、ゲームのコンテンツ制作者を結びつけ、多くのゲームを生み出すのはどうだろうか。

現在、ゲーム市場は非常に細分化されており、一つのゲーム・企業が総取りするような状況ではなくなっている。だから、我々が出した答えは、1,000のゲームを作ってみて、その中から面白いものを見つけるという実験を行うということだ。その過程で、共に作り上げる方法を見つけられたら最高だと思う。

ゲームは年間14兆円(1,000億ドル)超の市場だから、いずれはあらゆるものが出てくるだろうが、全てを試してみるべきだ。

Web3ゲームの将来性

ブロックチェーンゲーム業界の将来についてどう考えているか

オースティン・フェデラ氏の回答

現在、ほとんどのブロックチェーンの速度は非常に遅い。チェーン上で多人数同時参加型オンラインゲームを動かすには、まだ膨大なインフラを構築する必要がある。

重要なのは、テクノロジーがゲームを発展させるのであって、その逆があって欲しいとは願うが、大ヒットしたゲームの大半は、テクノロジーの変革と一致している。

オンチェーンゲームが本格的に発展する前に、ミドルウェア技術が発明され、創造され、専門化し、成熟する必要があると考えている。実際、スターアトラスのような企業をはじめとする多くの企業が、現在構築している最中だ。

初期のモバイルゲームでグラフィックが劣っていたのが良い例で、技術的に可能な範囲で、ゲームは構築される。

ソラナのトランザクション処理速度が向上しているように、ベースレイヤーでは重要な変化が起こっている。しかし、Web2ゲームに匹敵するような多くのゲームを目の当たりにする以前に、実際にブロックチェーンを活用し始めるかどうかは、ゲーム開発者が制作に使えるツールキットの作成者たちにかかっている。

ダーク・ルース博士の回答

現実世界の都市をベースにしたゲームであるUplandは数週間後に、「東京」を立ち上げる予定だが、スピードの面から言うと、毎秒80NFTの発行を達成している。

ジャスティンの述べた協力し合うという面では、「0N1 Force」(NFTプロジェクト)とコラボして東京をローンチする。他のコミュニティをメタバースに参加させるためのコラボだが、相互運用性と協業をどのように前進させ、大規模な運動にしていくのかは、とても重要だ。

ジャリンダ・シタディラーカ氏の回答

多くのゲームスタジオと話す機会があるが、実際、最大の課題は技術的なものであり、ブロックチェーンそのものの問題だということだ。

Guildの一つのゲームをブロックチェーンで処理することができれば、すぐにでも大規模な普及を加速できるだろう。それを一つのチェーンで行うとなると、イーサリアムを凌ぐ巨大なチェーンになるだろう。もちろん技術やガス代の関係で実現はしていないが。

この例からも、技術が大きな意味を持つことがわかる。おそらく、オフチェーンとオンチェーンの両方で処理することになるだろう。

ブロックチェーンネットワークの技術が向上し、ガス代が下がれば、大きなゲームスタジオが一つのチェーンに飛び乗って、毎秒何百万ものトランザクションを簡単に処理することが可能になると私は考えている。

モデレーターのコメント

私はこの業界に約15年いるが、ブロックチェーン企業はゲームのことをよく理解しておらず、ゲーム会社はブロックチェーンで何が可能なのかを理解していないか、あるいは理解しようとしないと見ている。

この矛盾点が解決されるまでにはおそらくまだ時間がかかりそうだ。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。
12:00
「スイス中銀はビットコインを準備資産に持つべき」2B4CHが提唱
スイスの仮想通貨擁護団体「2B4CH」は、スイス国立銀行がビットコインを準備金として持つことを提唱している。国民投票を目指す計画だ。
11:00
米大統領候補ケネディJr氏、ブロックチェーンによる国家予算監督を提唱
米大統領選候補のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は21日、米国の国家予算をブロックチェーンに記録して透明性を高めるという考えを披露した。
10:12
NY証券取引所、取引時間の延伸を検討か
仮想通貨と同様に株式等を24時間取引できるようにすることのメリットなどを、ニューヨーク証券取引所が市場参加者に調査していることがわかった。調査の概要が明らかになっている。
09:25
Xverseウォレット、ビットコインRunes機能対応
XverseはOKXのOrdinalsマーケットプレイスや、Magic EdenのビットコインNFT電子市場で利用可能だ。ライバルの仮想通貨ビットコイン専用ウォレット「UniSat」もRunesに対応済み。
08:00
FTX、ロックされたソラナを個人投資家参加のオークションに
FTXは4月上旬ロックされたSOLを清算するために、高割引として、2,500万~3,000万の仮想通貨SOLを約19億ドル相当で売却。これは、1トークン=64ドルの安値だったが、当時の価格は約175ドルだった。
07:15
スクエニ「シンビオジェネシス」、世界展開をアニモカJPが支援
スクエニのNFTコレクティブルアートプロジェクト「シンビオジェネシス」の世界展開を支援するとアニモカブランズジャパンが発表。400社超のWeb3企業に投資するアニモカブランズのネットワークも活用する。
06:45
Magic Eden、ビットコインのミームコイン規格Runesに対応
Runesはビットコインの4度目の半減期が発動した4月20日にローンチされたビットコインメインネット上で代替可能な新規ミームコインを発行するプロトコルで、既存のBRC20トークン規格の改善版に当たる。
05:55
コインベース、AI・ゲーミング仮想通貨銘柄新規上場
KARRATプロトコルは、仮想通貨KARRATによってサポートされた分散型ゲームインフラストラクチャレイヤーで、ゲーム、エンターテインメント、AI主導の体験進化を加速させることを目的としている。
04/22 月曜日
14:47
ビットコインの新規格「Runes」、半減期後の需要殺到でBTC取引手数料が急騰
半減期直後の仮想通貨ビットコインにおいて、新規格「Runes(ルーン)」の影響が大きな反響を呼んだ。Ordinals(オーディナル)」開発者であるCasey Rodarmor氏が生み出したものであり、そのメリットに焦点が当たっている。
14:16
米ブロック社支援のマイニング企業Gridless、ケニアで再生エネルギーの利用促進
仮想通貨マイニング企業Gridlessは、アフリカ各国で太陽光や地熱を利用してBTCマイニングを行っている。地域の電力網にも貢献する仕組みだ。
12:20
マウントゴックス弁済巡る思惑強まる、公式サイトで日本円などの支払いオプション提示か
破綻した仮想通貨取引所マウントゴックスは、債権者への仮想通貨弁済について詳細を記した表を更新した.。返還金の売り圧も懸念されているところだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧