CoinPostで今最も読まれています

現実資産(RWA)トークン化が暗号資産市場に及ぼすインパクトとは|WebXレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

モノのトークン化:RWAトークン

7月25日、WebXカンファレンス(WebX実行委員会主催、Coinpost協力)にて、「モノのトークン化:RWAトークンが暗号資産市場の次のステップか?」というテーマでのパネルディスカッションが開催された。

このセッションには、Hyperledger Foundationのバルボサ・ダニエラ エグゼクティブディレクターや、DigiFTのジャン・ヘンリー CEO、Supraのトブキン・ジョシュア共同創設者でCEO、Klaytn Foundationの戦略・運用部門のバイスプレジデント EZ氏が参加。モデレーターをWu Blockchainの創設者、ウー・コリン氏が務めた。

アセット・トークナイゼーションの課題

近年、現実世界資産(RWA)のトークン化が加速する中、ブロックチェーン技術のグローバル金融インフラとしての立ち位置が強化されている。ボストン・コンサルティング・グループによれば、2030年までに現実資産のトークン化市場は数兆ドルの市場規模に達する可能性がある。

バルボサ ダニエラ氏は、未公開株式市場が公開株式市場の4倍の規模に成長するとのシティバンクの分析を根拠に、企業や政府機関はトークン化された資産の統合に前向きになっており、効率性とアクセス性の向上がその主な利点だと指摘している。

ジャン・ヘンリー氏によれば、 アセット・トークナイゼーションやセキュリティ・トークンとしても知られるRWAは、新しい概念ではない。RWAが表す莫大な基礎資産に多くの人がその可能性を期待してきたが、完全な実装には至っていない。

その主な理由は、トークン化の総コストが高いことにある。ZE氏によれば、実際の資産をパブリック・ブロックチェーンにオンボードする場合、適切な会計処理や税務対応など、多くの要因を考慮しなければならない。これらの課題を解決することは、多くの専門家にとって頭痛の種、あるいは「頭を悩ます事態」と評されている。

ウー・コリン氏は、現実資産トークナイゼーションコストについて、MakerDAOのプロセスを分析したDigiFTのリサーチを紹介した。

関連:急成長するDeFi「トークン化証券」市場、時価総額は500億円に

トークン化現実資産のポテンシャル

しかしながら、最近では、国庫短期証券(T-Bills)やプライベートクレジットといった特定の分野でトークン化の取り組みが注目されている。

関連:フランクリン・テンプルトン、米国政府マネーファンドをポリゴンに展開

トブキン・ジョシュア氏は、国庫証券のトークン化などがDeFiエコシステムに流動性をもたらす可能性があると話す。例えば、利回り5%の国庫証券をトークン化して、ステーブルコインを発行するための裏付けとして活用する。これは、安全で安定した原資産を維持しながら、より良い金利獲得機会を分散環境で創出する。

最大のステーブルコイン発行事業者であるテザー社のビジネスモデルがまさにそれであり、トークン化された資産を担保にステーブルコインを発行し、KYC(本人確認)やAML(マネロン対策)規制を遵守しながら、機関投資家に貸し出すという戦略は、テザーを支えるビジネスモデルの1つ。このモデルは大きな収益性を秘めているとジョシュア氏は語った。

関連:テザー社のビットコイン保有量、推定55000BTCで世界11位の可能性

RWA普及の触媒

RWA(現実世界資産)のトークン化が進行する中、さらなる普及の拡大には3つの主要な媒介が必要になると議論された。

1. デジタルマネーの進化: CBDCやステーブルコインといったデジタル通貨の普及が現実資産のトークン化を自然な流れとして促進する。

2. ブロックチェーン技術の発展: 基盤技術の進化により、取引の効率、安全性、そして費用対効果が大幅に向上し、さらなる普及のきっかけとなる。

3. 規制の役割: 規制は、イノベーションの進展に遅れがちだが、その明確な方針はトークン資産の信頼性と成長を促進する上で極めて重要である。

Hyperledger Foundationのバルボサ ダニエラ氏によれば、オープンソースコミュニティはすでにスケーラブルな分散型台帳技術を持っており、この技術に精通したエンジニアも既に数多く存在している。同氏は企業が最も重視すべきはプライバシー保護であるとも強調している。

さらに、現実世界のトークン化された資産の信頼性を向上させるための戦略として、各地域で評判の高い引受業者を複数利用する重要性、および規制のアービトラージについての議論がなされた。

例えば、ブラックロックなどの大手金融機関が国庫短期証券をトークン化し、米国政府が禁止措置をとったとしても、様々な地域に資産の引受先が存在することで、グローバルな視点で資産の価値と信頼が維持される。

ジョシュア氏は、これは規制の迂回ではなく、国際的な信頼とアクセシビリティを最大化するための手法として強調した。

登壇者企業概要

Hyperledger Foundationは、企業がオープンソースのコードベースを使って、アセット・トークナイゼーションを含むビジネスを構築する基盤を提供している。

Kraytonは、そのブロックチェーン上で、電子商取引、不動産担保ローン、金担保トークンなど、現実世界の資産を中心に資産の種類を多様化している。EZ氏は、RWA(現実資産)のトークン化イニシアチブを主導している。

DigiFTはセキュリティ・トークンの規制取引所として位置づけられ、コンプライアンスを遵守することの重要性を強調している。

Supraは現実世界のデータとブロックチェーンを橋渡しするオラクルプロバイダー。信頼性の高いオンチェーン価格データを提供するサービスのほか、分散鍵生成スキームにも取り組んでいる。

関連:BCG「トークン化可能な固定資産は2030年までに2千兆円規模に到達」

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。
08:05
IBM、仮想通貨向けコールド・ストレージ技術を発表
IBMは、仮想通貨などのデジタル資産向けの新たなコールド・ストレージ・ソリューションを発表。リップル傘下のMetacoらと協業し、このソリューションを開発したという。
07:30
コインベース、TikTokやインスタで仮想通貨送金無料に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは、世界で最も利用される通信・SNSアプリを通じて顧客同士が無料で仮想通貨を送金できる新サービスを導入した。
06:25
ブラックロック、ビットコインETF申請で10万ドルのシード資金調達
米資産運用大手ブラックロックの現物仮想通貨ビットコインETFの上場申請について、流動性提供のためのシードファンディングを10万ドル受けたことが判明した。
06:05
米SEC、グレースケールのイーサリアムETF上場申請の可否判断を延期
米SECは5日、グレースケールの仮想通貨現物イーサリアムETF上場申請の可否判断を延期した。今年中にビットコイン・イーサリアムのETF申請に対するSECの承認はされない見込みだ。
12/05 火曜日
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。
12:15
ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始
ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは仮想通貨の取引サービスを開始した。まずビットコインとイーサリアムを取り扱うとしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア