CoinPostで今最も読まれています

分散型ソーシャルグラフ「CyberConnect」がBaseチェーンへ拡張、ネイティブトークンをローンチへ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CyberConnectがBaseに対応

Web3(分散型ウェブ)ソーシャルグラフ・プロトコルの「CyberConnect」は7日、米暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが開発中のL2ネットワーク「Base」への拡張を公表した。Baseのメインネットの利用者は、今後「CyberAccount」を通じて、スマートアカウントとしても知られる「アカウント抽象化」機能の利用が可能となる。

Baseは認証済み登録ユーザー数1億人を超えるコインベースが育成(インキュベート)しているプロジェクトで、イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションとして位置づけられる。その目標は、次の100万人の開発者と10億人のユーザーを仮想通貨の世界に引き込むことだ。

CyberConnectはWeb3のソーシャルネットワーク基盤で、EVM(イーサリアム仮想マシン)チェーンに対応。ユーザーが自分のソーシャルグラフ、コンテンツ、収益化チャネル、ソーシャルデータを所有し、プラットフォームごとにネットワークを再構築することなく、異なるdApps間でシームレスな接続を可能にする。同社によれば、これまでに50以上のdAppsがこのプロトコルをベースに開発され、合計で120万人以上のユーザーを有し、月間取引数は40万件以上にのぼる。

8月4日にリリースした「CyberAccount」は、わずか2週間でポリゴン(MATIC)やConsensysのzkロールアップ「Linea」、Optimistic Rollupを使用するL2「Optimism」に展開。既に36万件以上のアカウントが生成されている。

CyberAccountは、ERC-4337「アカウント抽象化」互換のスマートアカウントシステムで、ネットワーク切り替えの必要なく様々なブロックチェーン上に展開されたdAppsを利用する機能、任意の仮想通貨でネットワーク手数料(ガス代)を支払う機能、Eメールや電話でウォレット認証を設定する機能などが実装されている。

アカウント抽象化とは

通称「スマートアカウント」とも呼ばれ、ユーザーが保有するウォレットアカウントでスマートコントラクトを使用可能にする技術。サブスクリプションや、ゲーム事業者側のガス代負担など、様々なプログラム決済が実装可能になる。従来のシードフレーズや秘密鍵の生成・保存の手間を排除し、その代わりとして2段階認証を介したブロックチェーンとの交信も可能。

▶️仮想通貨用語集

CYBERトークンのローンチへ

CyberConnectのネイティブトークンである「CYBER」についても情報が提供された。このトークンは、Binance Launchpoolで8月2日からファーミングが開始され、30日間の有効期間中にユーザーは「BNB」やステーブルコイン「TUSD、FDUSD」をステーキングして「CYBER」トークンを獲得することができる。

また、Binance(グローバル版)で、CYBERトークンの取引が2023年8月15日午後12時(UTC)に開始される予定。なお、Binance Japanが8月1日にローンチされており、日本在住ユーザーは最終的に11月30日をもってグローバル版を利用できなくなる予定だ。

総発行量1億CYBERのうち、300万がLaunchpoolに割り当てられた。23年5月にはCoinListを通じても300万CYBERが販売されていた。資金調達の段階では1CYBERあたり3ドルの販売価格であったのに対しCoinListでの販売価格は1.80ドルと、コミュニティを重視したポリシーが反映されている。

2021年に設立されたCyberConnectは、中央集権からの自由という理念を基盤に活動を展開しており、CYBERトークンもその理念の一環として導入された。

CyberConnectは、プロトコルのガバナンスを分散型コミュニティに委任する方針であり、CYBERトークンはそのコミュニティの意思決定や財務管理、プロトコルのアップデートにおいて、中心的な役割を果たすものとして位置づけられている。また、CyberIDや、CyberAccountでEVM互換チェーンを介した取引手数料(ガス代)など、エコシステム内の決済通貨としても使用される。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/30 木曜日
06:25
マスターカード、P2Pの仮想通貨送金ネットワークを開始
マスターカードの仮想通貨のユーザーは一般的に長くて複雑なブロックチェーンのアドレスではなく、Mastercard Crypto Credentialのエイリアスを使用して送受信できるようになる。
06:05
ロビンフッド、欧州で仮想通貨JUPとW新規上場
米大手仮想通貨・株投資アプリ ロビンフッド・マーケッツは29日、ヨーロッパの顧客向けに2つの仮想通貨銘柄の新規上場を発表した。
05:55
PayPalステーブルコインPYUSD、ソラナでローンチ
ペイパルのPayPal USDはソラナで利用可能になった。ペイパルの信頼できるステーブルコイン製品にソラナネットワークのスピーディーな最終処理と低コストがもたらされ、ユーザーや開発者は数秒で決済される低コストの支払いを体験できるようになる。
05/29 水曜日
15:05
ソラナの手数料低減施策が可決、バリデータ報酬設計を最適化へ
ソラナネットワークの手数料低減施策が77%の賛成で可決され、バリデータ報酬を最適化する新提案が実施される。この変更が暗号資産(仮想通貨)SOLの供給量や価格に及ぼす影響について議論されている。
13:57
米フォーブス誌、最も信頼できる世界の仮想通貨取引所トップ20を発表
米フォーブズ誌は、独自の基準で評価した「世界で最も信頼できる仮想通貨取引所とマーケットプレイス」の結果を発表。対象となった646社の中から最終的に20社が選ばれたが、日本の取引所4社もランクインした。
12:45
ザ・サンドボックス、DAOを立ち上げ メタバース運営を分散化へ
メタバースゲームThe Sandboxは自律分散型組織の立ち上げを発表した。今後は段階的にコミュニティによるDAOが運営していくことになる。
11:44
目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
10:35
MocaverseとAnime Foundationが提携
アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア