CoinPostで今最も読まれています

米ConsenSys、zkEVM型イーサリアムL2「Linea」をメインネットローンチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Linea」のメインネットローンチ

米国のWeb3(分散型ウェブ)の開発企業ConsenSysは16日、イーサリアムのL2スケーリングソリューション「Linea」のメインネットローンチを完了したと発表した。

ERC-20規格のトークン・ブリッジが設置され、ユーザーはイーサリアムチェーン(L1)から各種トークンをL2の「Linea」へ移行して、DeFi(分散型金融)アプリなどでの運用が可能となった。情報提供サービス「L2Beat」によれば、8月17日現在、Lineaへの預入資産総額(TVL)は約44億円(3,000万ドル)と、前日比で10%増加している。

パブリックローンチを祝して、Lineaは仮想通貨ウォレット「MetaMask」やステーブルコインの提供企業「Circle」、決済関連の「Banxa」や「Transak」と共同で、8月17日から31日まで初期ユーザー向けのキャンペーンを実施中。

MetaMaskの仮想通貨交換機能を利用して「USDC.e」を購入するユーザーのネットワーク手数料(ガス代)が免除される。USDC.eとは、Lineaに移行されたステーブルコインUSDCのこと。Lineaの「アカウント抽象化」という機能を通じて、サービス提供者がユーザーのガス代を負担する仕組みを活用したものだ。

アカウント抽象化とは

通称「スマートアカウント」とも呼ばれ、ユーザーが使用するアカウントで、スマートコントラクトを駆使したプログラム決済を利用可能にするブロックチェーン技術。二要素認証、ERC20を用いたガス代の支払い、スマートフォンでのトランザクションへの署名、アカウントの毎月の支出制限の設定、ブロックチェーンゲームの取引承認を不要にする、紛失したウォレットのソーシャルリカバリーなどが想定される。

▶️仮想通貨用語集

Lineaのプロダクト・リーダー、デクラン・フォックス氏はLineaのパブリックローンチに関して、「これは私たちがより広いエコシステムやコミュニティと連携して取り組むという継続的なコミットメントの始まりに過ぎない」とコメントした。

今後の展開として、Lineaは「初期セキュリティ評議会」を設立する予定である。この組織はネットワークのセキュリティを監督し、緊急時の問題対応を担当する。中長期的なビジョンとして、ネットワークの分散化を進め、エンティティへの信頼を最小限にする方針を掲げる。

関連:Consensys、イーサリアムのzkEVM「Linea」のアルファ版をメインネットにローンチ

zkEVMとは

Lineaはゼロ知識証明技術を取り入れたzkEVM型のL2ソリューションとして注目されている。イーサリアムの仮想マシン(EVM)との完全な互換性を持つ特性から、開発者はイーサリアムのアプリケーションをLineaに容易に移植できる特徴がある。また、Lineaプロジェクトは独自のトークンの発行を行わない方針を公表していた。

7月11日には、Lineaのアルファ版が公開され、イーサリアムをLineaのネットワークにブリッジすることが可能となった。その後1ヶ月で、Lineaへのイーサリアムの移行総額は26億円以上に達し、270万件以上の取引が記録されており、急成長を遂げている。

現状、Linea上には150以上のdAppsが展開され、秒間1.5トランザクションが発生。イーサリアムメインネットの約1/15の手数料で処理されている。

イノベーションをさらに加速させるため、ConsenSysはエコシステム投資アライアンス(EIA)を設立。30社以上のベンチャーキャピタルと組んで、Linea上のプロジェクトのサポートを行っていくとのこと。

今後、Linea上でステーブルコインやリキッドステーキング、ミームコイン、DeFi(分散型金融)、Web3ゲーム、NFT(非代替性トークン)といったユースケースが展開され、ユーザー規模とプロトコル総資産額(TVL)の拡大が期待される。

Lineaをはじめ、zkEVMの進展を受けて、ゼロ知識証明を利用した「ZK-Rollups」型のL2ソリューションに対する関心が急増している。先行するL2技術である「Optimistic Rollups」に比べ、ZK-Rollupsはセキュリティ面での優れた性能や、待機期間の不要などの利点を持つ。しかし、これまでのZK-Rollupsはイーサリアム仮想マシン(EVM)との互換性が欠けていた。

3月にはzkSync Eraが最初のzkEVMロールアップとしてアルファ版をメインネットでローンチした。その後、ポリゴンが開発するL2ソリューション「Polygon zkEVM」もベータ版がリリースされた。

関連:ポリゴン、「Polygon zkEVM」のメインネットのベータ版をローンチ

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア