CoinPostで今最も読まれています

BinanceLabsが出資、Pendle Financeが実現する米国債金利のトークン化

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米国債金利のトークン化

イールド・トークナイゼーションをリードするPendle Financeが業界の視線を集めている。Pendleは23日、米国債金利を獲得する2つの主要な暗号資産(仮想通貨)を統合したと明らかにした。さらに、Binance Labsからの出資表明も受けて、RWA(リアルワールドアセット)によるDeFi市場拡大への期待が高まっている。

Pendle Financeのサービスは、各種トークンの将来の利回りをトークン化し、独自の分散型取引所で取引を可能にするものだ。主要な米ドル連動型ステーブルコインUSDCなどの資産を「元本トークン」と「利回りトークン」に分け、Pendleトークン(PT)として別々に流通可能にする。

このシステムのメリットは、資金提供者が利回りトークンを直ちに売却し、金利変動のリスクをヘッジできること、そしてエンドユーザーが元本トークン(金利分が差し引かれている)を市場価格よりもお得に購入し、指定期日に償還できる点にある。

Pendleが新たに取り扱うsDAIとfUSDTは、どちらも米国債の金利を獲得するトークン化資産であり、Pendleでは、それぞれ2024年9月を期日に固定金利3.99%と3.55%を設定する。これにより、米国債の金利部分のみを即時換金することが可能になった。

sDAIとは

sDAIとは、「ダイ(DAI)」という米ドル連動型ステーブルコインを発行するMakerDAOはエコシステムの貯蓄口座「DSR」に関連する資産。DSRでは、DAIやイーサリアム(ETH)を預けて、2~8%の年間利回りが期待できる。金利の主な収益源は、米国債などのRWAから得られる運用益だ。

背景知識として、MakerDAOはDAIの準備金の運用戦略で22年10月に米国短期国債と社債に725億円(5億DAI)を投資。2023年3月には、1,000億円(7億5000万ドル)の追加投資を行っている。

関連:MakerDAO、725億円を米国債等に投資

そして、MakerDAOのエコシステムにおける「SparkProtocol」が、各DSRにロックされた資産のリキッドステーキングトークン(sDAIやsETHなど)を発行している。ユーザーはこのsDAIを利用して、Makerプロトコルの金利(執筆時に5%)を得ながら、sDAIをAaveなどのDeFiで貸し出すなどして運用に回せる。

Pendleがサポートしたもう一つのRWA関連資産は、Flux Protocolが発行するステーブルコインfUSDTだ。fUSDTは、トークン化された米国債(OUSG)を担保とする米ドル連動型トークン。Fluxはまだ小規模ながらも、トークン化された米国債を使っての金利獲得という点で、sDAIと類似のメカニズムを持つ。

関連:米Ondo Finance、米国債と銀行預金担保のUSDY発行 ステーブルコインに対抗

米国債金利のトークン化に対する需要

マクロ経済の不透明さや景気後退のリスクが高まる中で、米10年債の利回りは4.35%に達し、約15年9カ月ぶりの高水準となっている。この背景から、Pendleのサービスが米国債と固定金利のトークン化により、新しい金融市場の可能性を広げることが期待されている。

最近、Binanceのベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門Binance LabsがPendleへの投資を発表。Binance Labsの共同創設者であるYi He氏は「Pendle Financeと連携し、DeFiのエコシステムを更に進化させることを楽しみにしている」とコメントしている。

現在、Pendle Financeはイーサリアムのほか、アービトラム、BNB Chainの3ネットワークで25のプールをサポート。預け入れ総額は年初の1500万ドルから1.5億ドルへと増加している。

Pendleがこれまで主に取り扱ってきたリキッドステーキングトークン(例、stETH)の枠組みを超え、RWAの需要獲得により、さらなる成長が期待されている。

関連:Compound Labsの創設者、米国債トークン化ファンドを計画

8月7日に、DeFiのMakerプロトコルの仮想通貨ステーブルコインDAIは、DSRの最大金利を3.19%から最大8%に引き上げた。6日時点のDSR預金額3.3億DAIから、本記事執筆で12億DAI以上まで増加した。

関連:MakerDAOのステーブルコイン「DAI」、時価総額7千億円に到達

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア