海外旅行者必見!ビットコインが便利に使える4つの国

多くの国で仮想通貨が規制される一方、ビットコインの保有者の中には、旅行先での決済に使いたいという人も多いだろう。

その国の銀行の限度額や営業時間に関わらず引き出しが可能で、現金を持ち運ぶ必要もないので旅行中でも安全に移動できる。

そうした人々に嬉しい、ビットコインが利用可能な代表的な場所が、スイス、マルタ、アンティグアバーブーダ、アムステルダム(オランダ)だ。

スイスでは列車のチケットのビットコインでの支払いが可能で、アムステルダムではビットコインATMがいくつも置かれているほか、国の主導でビットコイン支払いに対応した店が多く集まっている。

マルタはまさに仮想通貨に好意的な国の先駆けで、すでに大手取引所のBinanceやOKExなども進出している。

また、アンティグアバーブーダではビットコインの利用拡大を目的としたリゾート開発も進んでおり、今後、さらなる楽しみをビットコイン保有者に提供してくれることになりそうだ。

参考記事:Attention Global Travelers, Here’s Best Crypto-Friendly Places to Visit for Best User Experience

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ブロックチェーン先進国マルタ島:ビットコインATMを搭載
ブロックチェーン先進国マルタ島にて、ビットコインATMが設置される。ビットコインATMのような「ATM」という馴染みのあるサービスからビットコインの普及が始まるのかもしれない。
ヨーロッパ6カ国での329以上の店舗で仮想通貨決済を導入|日本でも人気を博すネム(XEM)もサポート
エストニアのデジタル通貨の決済プロセッサーであるPaytomatは、ヨーロッパ各地の小売店が様々な種類の人気仮想通貨を決済導入できるプラットフォームを提供、利用を促している。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加