CoinPostで今最も読まれています

GPUリソースを効率活用するRender Network、仮想通貨レンダートークン(RNDR)とは? 9月7日、bitbankに国内初上場予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Render Network(RNDR)の概要

Render Networkは、分散型のクラウドレンダリングプラットフォームであり、GPU(Graphics Processing Unit)の余剰計算能力を持つ人々と、その力を求めるクリエイターをマッチングする市場を形成している。

自動化された評価(レピュテーション)システムとタスク割り当てメカニズムを採用しており、急増しているGPUリソースの需要に応える形で効率的な運用が可能となっている。

GPUの所有者はRender Networkを通じて、クリエイターにその計算能力を貸し出し報酬を得る。クリエイターは、必要なレンダリング能力を手軽に確保できる。Render Networkによれば、従来のレンダリング手法に比べて、映画クオリティの作品を数分の一の時間で生み出せるという。

レンダリングとは

レンダリング(rendering)とは、コンピューターがデータを処理して物体の形状や質感、光源などを高品質な画像や映像、音声として再現する技術。3Dアニメーション、ゲーム・メタバース開発、動画制作、ウェブサイトのデザインなど、多くのクリエイティブ分野で用いられている。

▶️仮想通貨用語集

新たなテクノロジーの進展、例えば高性能コンピューティング、AI(人工知能)、機械学習、ブロックチェーン、仮想通貨マイニング、自動運転などが、GPUの需要を急速に高めている。市場調査会社Mordor Intelligenceによると、GPU市場は2023年の約4168億ドルから、2028年には1兆7208億ドルへと大きく成長する見込みで、年平均成長率(CAGR)は32.70%にも達するという。

このような状況下で、GPUリソースを効率的に活用し、分散させるソリューションとして、Render Networkの存在意義と関心は高まっている。

仮想通貨レンダートークン(RNDR)

暗号資産(仮想通貨)レンダートークン(RNDR)は、Render Networkのユーティリティトークンとして、イーサリアムのERC-20規格で発行された。このトークンは、サービスの利用料金の支払いや、プラットフォームの運営方針に対する投票(ガバナンス)に使用される。また、GPU所有者は、Render Networkのノードオペレーターとして活動し、計算リソースを提供することで、RNDRトークンを報酬として獲得する。

大手仮想通貨取引所bitbankは2023年9月4日、レンダートークン(RNDR)の取り扱い計画を発表した。RNDRトークンの国内での取り扱いはこれが初めて。9月7日より取引所および販売所で売買可能となり、取引手数料無料キャンペーンも開催する。

OTOY, Inc.と「OctaneRender」

Render Networkは、クラウドグラフィックスの先駆者である米国企業OTOY, Inc.の支援を受けているWeb3プロジェクトだ。Jules Urbach(ジュール・アーバック)氏はOTOYだけでなく、Render Networkの創業者兼CEOでもある。

OTOYのフラッグシップ製品である「OctaneRender」は、GPUを活用した高性能なレンダリングエンジンとして広く知られている。このエンジンは、ビジュアルエフェクトスタジオ、アーティスト、アニメーター、デザイナー、建築家、エンジニアなど、多くのプロフェッショナルに信頼されて使用されている。

2017年に設立されたRender Networkは、OctaneRenderをさらに強化する目的で生まれた。具体的には、イーサリアム・ブロックチェーンで発行されたユーティリティトークン「RNDR」を用い、OctaneRenderのレンダリング能力を拡張し、点在するGPUリソースを取り込むねらい。

プロジェクト全体のデータ検証と支払い処理はイーサリアム・ブロックチェーンに依存しており、これによって透明性とセキュリティが確保されている。さらに、3Dレンダリング作業では、オープンソースのORBXメディア・ストリーミング・フレームワークと連携することで、効率的なレンダリングが可能となる。

Render Networkは、2017年から2018年にかけてのパブリックセールとプライベートセールでの成功を受け、2020年4月に正式に公開された。さらに、2021年12月には、Multicoin Capitalが主導する投資ラウンドで3000万ドル(当時約35億円)を調達した。

Render Networkのアドバイザリーボードには、グーグルの前CEOであるエリック・シュミット氏をはじめ、Basic Attention Token (BAT)を擁する次世代ブラウザ「Brave」、及びMozillaの共同創設者であるブレンダン・アイク氏も名を連ねている。

サービス設計

GPU所有者は、特定のノードソフトウェアを自身のマシンにインストールすることでRender Networkに参加できる。タスクが市場に送信されると、独自のマッチメイキングアルゴリズムが、GPUのスペックや地理的位置、所有者の評価などを考慮して最適なプロバイダーに割り当てる。ここで、RNDRトークンがレンダリング作業の報酬として用いられる。

Render Networkは、ネットワークの信頼性を保証するために独自の「Proof of Render」を構築。ベンチマークテストや自動スコアリングなどを通じて各ノードの性能を評価する。低品質な成果物や、不正な行為が疑われる場合、該当ノードはフラグ付けされる。

Render Networkでは、タスクの複雑性や緊急性、利用可能なリソース量などを考慮した、動的な価格設定モデル(ダイナミック・プライシング)を採用している。さらに、多層価格(MTP)プロトコルが設けられ、クリエイターは、信頼性や優先度に応じてティア1(信頼できるパートナー)、ティア2(優先)、ティア3(エコノミー)から選択できる。

このような設計により、Render Networkはクリエイターに適正価格で高品質なレンダリングサービスを提供し、同時にGPU提供者にもその貢献に見合った報酬を保証している。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア