米リップル、Circle、Coinbase、NASDAQも参加:米国おける仮想通貨の規制整備会合が本格化

仮想通貨の規制整備を求めて識者が集結
米国の仮想通貨およびICO規制明確化のため、伝統金融業界を含む代表者80名が集結。とある連邦議会議員は、規制サイドの仮想通貨関連知識が不十分だとして「議員教育の必要性」を訴えた。
仮想通貨業界を盛り立てるには法整備が重要
明確な法整備が行われることが仮想通貨業界の振興に不可欠であり、イノベーションをもたらす。そのためには議員教育は不可欠である。明確な法整備のあるところにスタートアップが集まり、プロジェクトも増加してアメリカ自身を助ける。

仮想通貨の規制整備を求めて識者が集結

今週火曜日、仮想通貨業界および伝統的な金融業界からの代表者80名がワシントンD.C.に結集し、米国連邦議会の議員を含めて会合が行われました。

これは議会に対し、仮想通貨およびICO規制の明確化を求めると共に、 規制政策の策定が最良の形で行われるよう対話するための集まりです。

Ripple、Circle、Coinbaseといった仮想通貨業界からの参加者に加え、Andreessen HorowitzやNASDAQ、全米商工会議所からも代表者が集まりました。

「Legislating Certainty for Cryptocurrencies」と名のついたこのイベントでは、アメリカでの仮想通貨関連プロジェクトや製品ローンチにおける困難を識者たちが協議を行いました。

どのようなケースで仮想通貨が有価証券として扱われるのか、スタートアップ企業はどうコンプライアンスと向き合えばいいのか… こういった不確かさが、事態を難しくしている真犯人です。

このイベントを主催した連邦議会議員のWarren Davidson氏(以下Davidson氏)は、こういった問題に対する業界の声を集めるために、少人数の討論会などを設定しました。

Davidson氏の広報担当者は、今後3週間で「軽め」の法整備を導入しようという意図があると説明しました。

Davidson氏はイベント出席者に対し、

「必要以上に重い規制アプローチによってアメリカのイノベーションが止まってしまったり、ICO市場の意義が損なわれないよう、あなたがたの意見が極めて重要だ。」

「消費者を保護しつつ市場の自由を進め、初期段階にあるイノベーターに安全な環境を用意する。こういった政党にとらわれない思慮深いアプローチでもって、アメリカが最高のICO市場なのだと、連邦議会が世界に知らしめることができるだろう。」

と語りました。

アメリカ仮想通貨業界を盛り立てるには法整備が重要

今回のイベントにおける議論の大元となっているのは、アメリカ国内における仮想通貨関連事業の人材採用を進めたいという野望です。

開発者をガイドしてくれる筈の法整備が不確かであるといった主張に始まり、仮想通貨がどのように課税されるのか、あるスタートアップ企業が送金業者だとみなされるかといった疑問点や、ひいては米国連邦政府自身が萌芽期にあるテクノロジーで先手を打てるだろうかといった問いかけまで、多くのトピックが話し合われました。

有価証券法に触れないトークン

同イベントでは、Blockchain.comの代表でCLOのMarco Santori氏が自身の開発したSAFTフレームワークについて焦点を当てながらも、トークンの販売が証券化商品として扱われる背景を説明しました。

Santori氏の説明によれば、SAFT(the Simple Agreement for Future Tokens)というのは、有価証券法に触れないようトークンを販売する試みなのだそうです。

”SAFTプロジェクト”自体は昨年の今頃出来たものだが、どう考えても発明ではない。

このプロジェクトの初期段階に関わった誰しもが、これが理想的なソリューションではないと感じたはずで、それこそが規制が不確かな時に起こる兆候である。 自分たちに可能だった範囲ではベストだが、本当のベストソリューションではない。

仮想通貨業界の発展には議員教育が急務

また、このイベントで焦点を当てられたものの一つが「議員教育の必要性」です。

連邦議会議員のDarren Soto氏は、議員の多くは”新しいテクノロジー”に反対しているのではなく、(適切な法整備などに)必要な知識が不十分なケースが多いと指摘しています。

実際、イベントを主催したDavidson氏は、仮想通貨周りの開発を刺激するために緩和的な法整備が必要と考える議員グループに参加していますが、 彼一人だけという訳ではありません。

このイベントにゲスト参加した議員のTom Emmer氏も、連邦議会におけるブロックチェーン集会の副委員長を新たに務めており、 イノベーションを推進するための三つの法案を提案したところです。

この法案は、新たにトークン販売を始める者や仮想通貨を取引する者が不当なペナルティを受けないよう取り決めるものです。

特に仮想通貨投資の利益に対する課税へ焦点を当てていますが、ちょうど先週も複数の議員がIRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)へ要望書を提出し、課税明確化を求めたところでした。

規制を明確にすることは、スタートアップ企業だけでなくアメリカの身も助けると、 ブロックチェーン・テクノロジー企業ConsenSysのJoyce Lai氏は語りました。

「明確であればあるほど、この国でもっと多くのプロジェクトを見ることができるはずだ。」

CoinPostの関連記事

米国内でも「仮想通貨課税の明確化」を望む声、複数の国会議員がIRS長官に強く要請
アメリカ国税庁(IRS)などアメリカ政府は仮想通貨の課税方法など、未だに不明確な部分を多く残しており、方針を定めていない。それに対し、国会議員5名がIRS長官に規制の明確を呼びかける書簡を提出した。
「米連邦政府も直接的に仮想通貨規制への体制を確立すべき」連邦預金保険公社 前会長
米国連邦預金保険公社の前会長Sheila Bair氏は、連邦政府の公式な規制体制を確立すべきと述べた。米国議会はマーケティング、トレーディング、販売の統制に踏み込まねばならず、規制体制の確立にあたっては、金の規制ケースが参考となるほか、証券など複数を組みあせた枝分かれ式の規制体制となるだろうと説明した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加