CoinPostで今最も読まれています

三菱UFJ、国際で利用可能「国産ステーブルコイン」は2024年前半か

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタルアセット市場のインフラ構築へ

三菱UFJ信託銀行は11日、デジタルアセットの発行・管理基盤である「プログマ(Progmat)」を分社化することを正式発表した。

同社を含むパートナー企業8社で株主間契約を締結。プログマの開発と、会員企業数214社の「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」の運営を担う「株式会社Progmat(以下、Progmat)」を設立した。業界で共創し、標準の規格で円滑な実装を行なって、市場参加者の圧倒的な利便性向上を実現すると説明している。

Progmatの主な事業内容は、セキュリティトークンの発行および管理に係るプラットフォームに関するシステムの開発や提供、ユーティリティトークンやステーブルコイン、その他のデジタルアセットに関するシステムの開発や提供など。パートナー企業8社と出資比率は以下の通りである。

  • 三菱UFJ信託銀行:49.0%
  • NTTデータ:13.5%
  • みずほ信託銀行:7.5%
  • 三井住友信託銀行:7.5%
  • 三井住友フィナンシャルグループ:7.5%
  • SBI PTSホールディングス:5.0%
  • JPX総研:5.0%
  • Datachain:5.0%

出典:Progmat

Progmatの設立は今年の10月2日であると説明。設立の趣旨は「市場形成初期における基盤固めと標準化の中心となること」だとした。同社は、市場の成熟期に上場も視野に入れている。

出典:Progmat

設立の背景

今回の8社が連携し、プログマを分社化することは、昨年12月に報じられていた。基盤としてのプログマは、これまで三菱UFJ信託銀行が開発。プログマは以下のように細分化されている。

  • セキュリティトークン(ST)の「Progmat ST」
  • ユーティリティトークン(UT)の「Progmat UT」
  • ステーブルコインの「Progmat Coin」
  • 各デジタルアセットのウォレットサービス「Token Manager」「Token Wallet」

関連三菱UFJ信託銀行など国内大手7社、デジタル資産で新会社設立へ

プログマ開発の背景の1つには、日本でセキュリティトークンやステーブルコインの規制が整備されてきている状況があるという。最近は現実資産のトークン化に対する注目度も非常に高くなってきた。Progmatの資料では、2030年に、トークン化した金融資産の市場規模が16兆ドル(約2,300兆円)になるとの試算を引用している。

出典:Progmat

関連現実資産(RWA)トークン化が暗号資産市場に及ぼすインパクトとは|WebXレポート

セキュリティトークンとは

株式などの資産を、ブロックチェーン技術を利用してデジタル化したトークン。従来の資産に比べ、小口で速く発行できるといった特徴を持つ。

▶️仮想通貨用語集

また、ステーブルコインについては、6月1日の改正資金決済法施行により、日本で法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になったことで関心が集まっている。

コインデスクジャパン」によれば三菱UFJ信託銀行は、グローバルに流通可能な「国産ステーブルコイン」の発行に向けた共同検討を開始したことも発表した。

国産ステーブルコイン発行の時期については、改正資金決済法が今年6月に施行されてから第1号業者がライセンスを取得するまで約1年かかるため、2024年前半ごろになるとの見通しを示したという。

三菱UFJ信託銀行は今回の発表で、以下のように述べた。

デジタルアセット市場がより本格的に拡大するうえでは、既存の伝統的な証券市場や決済市場等と比較して、圧倒的な利便性の向上が不可欠です。圧倒的な利便性を実現するためには、ネットワーク参加者同士の「共創」が鍵となります。

グループを超えて手を携えるために、三菱UFJ信託銀行個社ではなく、より中立性の高い「共同事業体」を中核に据えることとしました。

また、SBI PTSホールディングスの北尾吉孝代表取締役会長のコメントは以下。

今般、デジタルアセットの振興のため、企業グループを超えた各社が志を一つにしたことはエポックメイキングな出来事といえます。

今後、Progmat社がデジタルアセット市場の“ナショナルインフラ”として、発行体、販売証券会社、二次流通市場など、あらゆる関係者とともに市場全体の発展に寄与されることを期待しています。

関連三菱UFJ信託銀、Gincoと協業で「暗号資産信託」提供へ

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
19:00
イーサリアムの買い方、取引所選びの完全ガイド
米国初のビットコインETF承認の影響でBTC価格が過去最高値を更新し、仮想通貨投資による資産運用の注目度が急上昇しています。本記事では初心者向けに高騰するイーサリアム(ETH)の買い方、アルトコイン投資のメリットやデメリット、リスクなどを解説しています。
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア