CoinPostで今最も読まれています

米SEC、NFT関連企業「Stoner Cats 2」を提訴 証券法違反で和解へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTの有価証券性

米証券取引委員会(SEC)は13日、有価証券に該当するNFT(非代替性トークン)を未登録で販売したとしてStoner Cats 2 LLC(以下、SC2)を提訴したことを発表した。

同社が販売したNFTの名称は「Stoner Cats NFT」。SC2はSECの主張を認めることも否定することもせずに、すでに和解に応じている。

SECによると、同社は2021年7月、800ドル(現レートで約11.7万円)の単価で1万個以上のNFTを投資家に販売。この販売は35分でNFTが売り切れたという。Stoner Cats NFTは、「Stoner Cats」というアニメへのアクセス権として機能していた。

SECが主に問題視しているのが、同社が投資家に対して利益を期待させていたこと。SC2のチームにはハリウッドのプロデューサーとしての専門知識があり、評価の高いアニメ映画に携わったアニメイターらが所属しているとも宣伝していた。

ほかにも、暗号資産(仮想通貨)領域でも特にNFTに関する深い知識を持っているメンバーがいるとも説明。こういった宣伝を行い、SC2の努力しだいで二次市場でNFTを高く売ることができる可能性があると投資家に期待させたとSECは主張している。

同社のこういった取り組みが、ハウィーテストの対象になるとSECは指摘。対象のNFTの販売は投資契約に該当し、Stoner Cats NFTは有価証券に相当するため、証券法の要件を事前に満たすべきであったとした。

ハウィーテストとは

米国で行われる特定の取引が、投資契約による有価証券取引に該当するかどうかを判定するテスト。SECのW. J. ハウィー社に対する訴訟事件(1946年)に由来する。

法的拘束力はないが、SECはハウィーテストをもとに仮想通貨の銘柄やサービスに対して訴訟を起こしている。具体的には「資金を集めているか」「共同事業であるか」「収益を期待しているか」「収益が他者の努力によるか」を判定するテスト。なお、仮想通貨という新しい資産に、ハウィーテストは適さないという声もある。

▶️仮想通貨用語集

SECの執行部門のディレクターであるGurbir S. Grewal氏は、以下のようにコメントしている。

募集・販売したのがアニメのNFTでも、投資契約に相当するかの判断は経済的実態に基づいて行われる。提供者がどのように説明しているかも関係ない。

SC2は35分でNFTの全供給分を売って、800万ドル(同11.7億円)超の利益を得ていた。

同社は停止命令に従い、100万ドル(約1.4億円)の罰金を支払うことにも同意。また、SECは公正基金からNFT購入者に返金も行うとした。

関連Twitter投稿が3億円の価値に|大企業も注目する「NFT」の仕組みと可能性

SEC内の反対意見

今回の提訴を受け、「クリプトママ」の愛称で知られるHester Peirce氏と、Mark T. Uyeda氏の2名のコミッショナーが、SECのウェブサイトで反対意見を表明している。

NFTの制作者やアーティストが証券法の対象から完全に除外されるわけではないとした上で、今回のSECの判断には、意味のある制限の原則が欠けていると指摘。このままでは、物理的な収集品の制作者を含む全てのクリエイターに影響を与えることになり、法律にあいまいな点が残されていると主張した。

そして、以下のように述べている。

NFTプロジェクトに対して恣意的な執行を行うより先に我々は、明確なガイドラインを作成すべきだ。

NFTを創作やコミュニティ構築に活用しようとするアーティストやクリエイターのために、はっきりしたルールを作る必要がある。

両氏は、SECが先月にNFTの有価証券性を巡ってメディア・エンターテイメント企業Impact Theoryを提訴した際も、反対意見を述べていた。

関連米SEC、Impact Theoryを提訴 NFTを未登録証券として

二次市場での販売

NFT電子市場大手OpenSeaでは、本記事執筆時点でもStoner Cats NFTを購入することが可能。OpenSeaでの出来高は、イーサリアム(ETH)で7,910ETH(18億円相当)である。

SECは今回「二次市場の販売では、2.5%のロイヤルティがSC2に支払われるように設定されていた」と主張。OpenSeaには同様の記載がある。

アニメのメインキャストには、Chris Rock氏やJane Fonda氏といった著名な役者らに加え、イーサリアム共同創設者Vitalik Buterin氏の名前もクレジットされていた。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア