CoinPostで今最も読まれています

米SEC、Impact Theoryを提訴 NFTを未登録証券として

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTを有価証券とみなす事例

米証券取引委員会(SEC)は28日、米国ロサンゼルスのメディア・エンターテイメント企業Impact Theory(インパクトセオリー)を、未登録有価証券を販売したとして訴えた。

今回、SECが証券とみなしているのはNFT(非代替性トークン)であり、NFTに対するこうした法的執行措置は初とみられる。

申し立て内容

訴状によると、インパクトセオリーは2021年10月から12月にかけて、「ファウンダーズ・キー」と名付けられたNFTを米国の投資家を含む数百人の投資家に販売して約44億円(約3,000万ドル)を調達していた。

SECは、この際にインパクトセオリーがNFT購入を同社事業への投資とみなすよう促していたと申し立てている。

具体的には、インパクトセオリーは特に、「次のディズニーを構築しようとしている」ところで、これが成功すれば購入者には「莫大な価値」をもたらされるだろうと強調した形だ。

このため、SECが証券性を判断する際に用いるハウイーテストの「利益の期待」と「他者の努力」という項目にあてはまり、SECはこのNFTは投資契約であり、したがって有価証券であると判断している。

インパクトセオリーは、SECの調査結果を認めることも否定することもなく、不正利益の放棄や、利息、民事の罰金など総額約9億円(610万ドル)以上を支払うことに同意した。

またSECの命令は、被害を受けた投資家がNFTを購入するために支払った資金を返還するための基金を設立することも定めている。

インパクトセオリーは、所有・管理しているすべてのNFTを破棄し、同社ウェブサイトなどで今回の訴訟結果を公開し、二次市場取引から得られる可能性のあるロイヤルティを受け取らないことにも同意した。

ハウイーテストとは

米国で行われる特定の取引が、投資契約による有価証券取引に該当するかどうかを判定するテスト。SECのW. J. ハウィー社に対する訴訟事件に由来する。

法的拘束力はないが、SECはハウィーテストをもとに仮想通貨の銘柄やサービスに対して訴訟を起こしている。具体的には「資金を集めているか」「共同事業であるか」「収益を期待しているか」「収益が他者の努力によるか」を判定するテスト。なお、仮想通貨という新しい資産に、ハウィーテストは適さないという声もある。

▶️仮想通貨用語集

SEC内部からの反対意見

一方で、今回のSECの判断に対しては、SEC内部から反対意見があがっている。マーク・ウエダ委員とヘスター・パース委員(クリプト・ママ)が共同で声明を提出した格好だ。二人はこれまでにも暗号資産(仮想通貨)を擁護する発言を行ってきたことで知られる。

関連米SEC、DeFiに証券取引所の規則を適用する提案を議決

パース委員らは、インパクトセオリーが一種の誇大宣伝を行って資金調達していたことには同僚たちと同じく懸念を抱いているとした。その上で、今回の件を未登録証券の販売と認定することは正当ではないと述べる格好だ。

今回発行されたNFTは企業の株式ではなく、購入者にいかなる種類の配当を与えるものでもないと指摘。訴状で引用されていたインパクトセオリーやNFT購入者による発言や説明は、投資契約を形成する種類の約束ではないとも続けた。

時計や絵画など収集品についても、ある人物やブランドが将来その名声を高めることにより、その商品の再販価値が高まるとして、商品が販売されることはある。しかしSECがこうしたケースについて訴訟を起こすことは原則的にないとも述べている。

さらに、インパクトセオリーが2021年12月と2022年8月にすでに、買い戻しプログラムの申し出を行っていたことにも言及した。同社は、購入者からNFTを買い戻し、総額約11億円(770万ドル)相当のイーサリアム(ETH)を支払っていた形だ。

パース委員らは、SECはNFTが最初に普及し始めたときにガイダンスを提供すべきだったとも意見した。それでも、今後のためにNFTの分類や規制などについて議論を始めることは有用であるとも提案している。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア