CoinPostで今最も読まれています

大手VCパラダイム「仮想通貨は新たな惑星のようなもの」 投機需要も欠かせないと見る理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新惑星への移住

暗号資産(仮想通貨)関連技術に特化した米大手ベンチャーキャピタルParadigm(パラダイム)は20日、「火星のカジノ」と題した論説で、仮想通貨を新しい惑星に例え、投機的な投資も「移住の起動プロセスの一部」として欠かせないものだと主張した。

論説を執筆したのはパラダイムの共同創設者で執行パートナーを務めるマット・ファング氏だが、パラダイムチームをはじめ、イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏やコインベースのブライアン・アームストロングCEOなども、ディスカッションとフィードバックで貢献したようだ。

論説に添えられたイラストとその説明が、ファング氏のユニークなコンセプトをわかりやすく表現している。

新しい暗号惑星。ビットコイナーがここの最初の入植者である。コインベースやバイナンスのような取引所は、この惑星への乗り入れを可能にする。イーサリアムが最大の都市で、そこでの最良の移動手段がユニスワップだ。

この惑星への入植者は、「フロンティア探検家や投機家(中には荒くれ者も)、イノベーターや研究者、そして普通の人々、特に地球では疎外されている人々」といった多様な集団。新しい惑星は、投機や誇大広告の繰り返しで社会的にタブー視されることも多い。統治は曖昧なままで、地球上の国の中にはこの惑星へ行くことを禁止するところもある。

ファング氏は、この新しい惑星が置かれた状況を、米国の西部開拓時代と比較し、次のように説明した。

1849年のゴールドラッシュがサンフランシスコを古風な村から主要港へ(そして最終的には技術革新の中心地)に変えたように、現在の仮想通貨への投機的な熱狂は、入植者を引きつけるとともに、不毛の惑星を繁栄する暗号文明に発展させるのに必要なインフラの触媒作用を起こしている。

そのため、今日見られる「カジノのような投機」は、この惑星=仮想通貨領域が自力で立ち上がるために必要不可欠なプロセスの一部であると、同氏は主張した。

技術革新に不可欠なもの

ファング氏は、投機的投資は技術革新には不可欠であると強調する。

歴史的に見ると、鉄道、自動車、電力、電気通信からインターネットなどの新興技術は、その台頭から普及に至るまで、投機と資産バブルと密接に関連してきたとファング氏は語る。

仮想通貨への投機は、この領域の注目や認識を高め、投資資金や人材の流入、インフラの構築、学術研究、そして既存の領域での採用などを促進することに役立っているという。さらに、「投機はデジタル財産権への”ハローワールド”である」とファング氏は指摘し、新たな財産権システムの構築につながっていると述べた。

新しい財産権システムの要は、「財産の移動を確実に記録すること」であるため、実験的に運用が開始されるが、一般に普及していない場合、その取引活動は正当性を欠き、投機的に見えると同氏。ビットコインの最初期の参加者は、新たな技術を試すことを単純に楽しんでおり、今日のような正当性と価値に達するとは想像できなかったという。

しかし、誕生から10年以上が経過した今、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、「投機的なおもちゃ」から「世界的な金融商品」へと順調に移行している。

分散型金融システムとしての仮想通貨の成長には、投機も欠かせない要素だ。

長期的な視野の重要性

ファング氏は、我々が現在当たり前のものとして使用している技術の多くは、かつては「不可能、使い道のない、危険、詐欺的」なものとして考えられていたと指摘し、以下のような例を示した。

  • 1980年の初上場時、マサチューセッツ州は、そのリスクを理由にアップル株の売買を禁じた
  • 1992年、インテルのアンディ・グローブCEOの発言:「全ての人のポケットに個人用の通信機器を入れるという考えは、欲望に駆られた夢物語だ」
  • 1865年、電話についてあるボストンの新聞の意見:「人間の声を電線で伝えることは不可能だ…仮に可能であったとしても、実用的な価値はないだろう。」

仮想通貨についても同様の批判がされているとファング氏は言う。社会には現状を支持し、変化を嫌う「強い偏見」があり、特に「破壊的な変化」については、懐疑的な見方が強くなる場合が多いと指摘する。

仮想通貨は、「貨幣、価値、ガバナンス、人間の協調性をめぐる深遠なアイデアに触れている」ため、このようなテーマに慣れていない人々にとっては、試してみることすら馬鹿げていると考える傾向にあるという。

しかし、このような基礎的な性質こそが、より良いものを構築することに前向きであることの理由だとファング氏。「新しい惑星」を訪れ、実際には何が構築されているのか、実際に人々が何を使用しているのかを観察してほしいと述べた。

関連:仮想通貨VC大手Paradigm、AI含むフロンティア技術へ投資領域を拡大

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア